ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR内房線・和田浦駅(わだうら)

和田浦駅はこちらです。


駅舎は変わった形をしている洒落た木造駅舎です。関東の駅百選に選ばれている駅でもあります。
(2013年9月撮影)
wadaura01.jpg

簡易委託駅で自動券売機などはありません。営業時間外だったのでシャッターが閉まっていました。
小窓右上には関東の駅百選のプレートが掲げてあります。(2013年9月撮影)
wadaura02.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で屋根のない跨線橋がそれぞれのホームを結んでいます。
南三原方面を望む。(2013年9月撮影)
wadaura07.jpg

江見方面を望む。(2013年9月撮影)
wadaura04.jpg

一番線ホーム側(館山・千葉方面)には待合室があります。(2013年9月撮影)
wadaura05.jpg

JR東日本仕様の駅名表です。観光名所案内の看板もあります。(2013年9月撮影)
wadaura06.jpg

和田浦にある和田浦港は捕鯨基地となっている事もあり、
ツチクジラの骨が2番線ホームに飾られています。(2013年9月撮影)
wadaura03.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
やはり一日だけの休みだと、気が付けばこんな時間になってしまいました。
日頃の疲れからか、八時起床で食料品の買い物に行ったり、昼飯を外で食べたりしましたが、
午後も疲れからか昼寝をしてしまいました。疲れている時はゆっくりするしかありませんね。

さて、今日は和田浦駅を紹介したいと思います。
変わった形をした木造駅舎がとにかく目につきましたね。
訪問したのが17時半頃だったので、営業時間は終了していて窓口はシャッターが下りていました。
右側の窓には関東の駅百選のプレートが掲げられていて、
その上の窓にはその時の賞状が飾られていました。
相対式二面二線の駅舎側の二番線ホームには、最寄りの和田浦港が捕鯨基地と言う事もあり、
ツチクジラの頭部骨格が飾られています。

駅名:和田浦駅(わだうら)

住所:千葉県南房総市和田町仁我浦

簡易委託駅、郵便ポスト、トイレあり

スポンサーサイト
JR東日本(関東) | コメント:1 |

JR内房線・千歳駅(ちとせ)

千歳駅はこちらです。


竹岡駅のような開放的な駅舎というか待合室のような造りになっています。
竹岡駅に比べても小ぶりな物になっています。(2013年9月撮影)
chitose01.jpg

ホーム構造は片面ホーム一面一線のなっています。ホーム上に上屋はありません。
千倉方面を望む。(2013年9月撮影)
chitose02.jpg

南三原方面を望む。ホームから周辺を見ると緑豊かに見えますが、駅周辺は集落が形成されています。
(2013年9月撮影)
chitose03.jpg

JR東日本仕様の駅名表です。(2013年9月撮影)
chitose04.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
やっと長い一週間が終わりました…今日も帰宅が少し遅くなり、少し待ったりしていたらこんな時間です…
もう寝なくては…明日は休養に充てようと思います。

さて、今日は千歳駅を紹介したいと思います。
房総半島の南端方面にあり、房総半島に車中泊へ行った時に撮ったものです。
駅の前を国道410号線が通っていますが、駅前の看板などは無く、ナビが無かったら通り過ぎる所でした…

細い路地に入るとすぐに小ぶりな駅舎(待合室?)が見えます。
竹岡駅同様開放的な駅舎となっていて、中にはプラベンチが設置されています。
トイレは別棟になっています。
ホーム構造は片面ホーム一面一線となっていて、列車の行き違いは不可能のなっています。

駅名:千歳駅(ちとせ)

住所:千葉県南房総市千倉町白子

無人駅、公衆電話、トイレあり

JR東日本(関東) | コメント:0 |

JR内房線・竹岡駅(たけおか)現駅舎

旧駅舎の撮影をするために訪問した2005年から二年後の2007年に現駅舎に改築されました。
とても開放的な駅舎で、左側に見えるのが男女別々のトイレ、右側が待合スペースです。
締め切る事は出来ません。
n-take01.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。締め切りは出来ませんが、
庇がかなり深いので、よほど横殴りの雨にでもならない限り、雨は防げそうです。
n-take02.jpg

駅舎付近からの眺めですが、海も見えますし、対岸の横須賀付近の景色も見る事が出来ます。
屋根のない跨線橋からの眺めは一段と良いと思います。
n-take03.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日、関東地方に春一番が発表された事もあり、本当に風の強い一日でした。
風も強かったんですが、本当に二月か?と思うほどの気温で(20℃近く)、汗が止まらない一日でした。

さて、今日は昨日紹介しました竹岡駅の現在の姿です。
駅舎と言うよりも待合室と言った感じのものですが、とても機能的に出来ていまして、
左側がトイレ部分、ガラス張りの右側部分が待合スペースとなっております。
駅舎入り口付近から景色を眺めると、クリアではありませんが、高台と言う事もあり海を見る事が出来ます。
視界が開けていると向こう岸にある横須賀の風景が見えたりもします。
屋根のない跨線橋から景色を眺めたら、より一層よい景色を眺める事が出来ると思います。

駅名と住所は省略させて頂きます。

無人駅、公衆電話、郵便ポスト(ともに駅前)、トイレあり





JR東日本(関東) | コメント:2 |

JR内房線・竹岡駅(たけおか)※旧駅舎

竹岡駅はこちらです。


今は開放的な駅舎に改築されてしまいましたが、以前は瓦屋根の古い木造駅舎でした。
無人化されている為か、窓は待合スペース部分以外は板で覆われてしまっていました。(2005年1月撮影)
takeoka01.jpg

車寄せ部分をアップして撮ったものです。(2005年1月撮影)
takeoka02.jpg

2005年時点でも無人化されていましたので、窓口は板で覆われていました。
takeoka03.jpg

待合スペース部分は窓がありましたので、西日が差していて結構明るかったです。(2005年1月撮影)
takeoka04.jpg

改札部分をホーム側から撮ったものです。改札ラッチが良い味を出していました。(2005年1月撮影)
takeoka05.jpg

こうしてみると、駅名表が無ければ古い瓦屋根の民家のように見えますね。
くどいようですが、今は改築されこの駅舎ではありません。(2005年1月撮影)
takeoka06.jpg

ホームは相対式二面二線で、屋根のない跨線橋がそれぞれのホームを結んでいます。
この点は今も変わりません。(2005年1月撮影)
takeoka07.jpg

浜金谷方面を望む。こちら側はホームがカーブしています。(2005年1月撮影)
takeoka08.jpg

JR東日本仕様の駅名表です。
takeoka09.jpg

駅前通りから駅舎を撮ったものです。駅は高台にあります。すぐ下には交差点があり国道127号線が通っています。
takeoka10.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日あたりから関東地方にも花粉が飛び始めてきたようで、花がムズムズしてきました…
寒い寒いと思っていたんですが、この時期は確実にやって来るんですね。避けようがありません。
私もまぎれもなく花粉症であります(涙
マスクと鼻炎薬が欠かせない一ヶ月チョイとなりそうです。

さて、今日は内房線・竹岡駅の旧駅舎の写真が出て来たので紹介する事にします。
国道127号線の駅前交差点を高台に向かうと、突き当りの場所に竹岡駅はあります。
海を見渡せる高台に瓦屋根の古い民家風木造駅舎がありました。
2005年一月訪問時よりかなり前に無人化されていた事もあり、
待合スペース以外の窓は板で覆われてしまっていて、寒々しい雰囲気を醸し出していました。
後日アップしますが、今現在の駅舎は対照的にとても開放的な駅舎に生まれ変わっています。

駅名:竹岡駅(たけおか)

住所:千葉県富津市萩生

無人駅




JR東日本(関東) | コメント:0 |

JR内房線・長浦駅(ながうら)

長浦駅はこちらです。


南口と北口とで高低差のある橋上駅舎です。南口部分がやや高台にあります。
南口には小ぶりながらロータリーがあり、バス乗り場付近に公衆トイレもあります。
nagaura01.jpg

こちらは北口です。南口に比べるとロータリーは広めに取られています。
巨大なビルのような造りになっていますが、下部分は単なる囲いのような造りになっているだけです。
nagaura02.jpg

有人改札と自動改札が三台あります。改札内写真右手にトイレがあります。
nagaura03.jpg

指定席券売機一台と他二台の計三台の自動券売機があります。
nagaura04.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線です。姉ヶ崎方面を望む。
nagaura05.jpg

袖ヶ浦方面を望む。こうして見ると南口と北口との高低差がお解りいただけると思います。
nagaura06.jpg

JR東日本仕様の駅名表です。取り忘れてしまいましたが、ホーム上屋にあった駅名表はLED仕様でした。
nagaura07.jpg

北口にあるお弁当屋さんの「としまや」です。値段もリーズナブルでしたが、
冷静に考えたら、列車内を含め、雨上がりでベンチも濡れていたので、
座って食べる所も無かったので今回はパスしました。
nagaura08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
昨日同様バタバタしていて慌ただしかったです…家に帰ってきて疲労困憊です。
コーヒー飲みながらまったりしていたら、もうこんな時間です…

今日は長浦駅を紹介したいと思います。
写真は全て昨年二月に訪問した時のものです。
近年駅舎がリニューアルされ近代的で立派な建物に生まれ変わりました。
駅の機能としてはシンプルな物になっています。
みどりの窓口は無いものの、指定席券売機が設置されていて、
改札とホームへとつながるエレベーターとエスカレーター、改札内のトイレ、自動精算機などが揃っています。
ホーム構造は島式ホーム一面二線となっています。

駅名:長浦駅(ながうら)

住所:千葉県袖ケ浦市蔵波

業務委託駅、指定席券売機と自動券売機、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり


JR東日本(関東) | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>