FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

JR 常磐線・富岡駅






こんばんは。今日も一日お疲れ様でした。
山梨での新しい仕事も始まり、ゆとりは全く無いですが、とても清々しい気持ちで仕事に向き合えていて、やりがいを感じています。

さて、一足先に新たなスタートを切ったと言えば、この富岡駅ですね。
住民の帰還はもう少し時間がかかりそうでしたが、復興住宅をはじめ、新しいアパートなども建ち始め、駅前にはビジネスホテルも出来ていて、いよいよ始まったなと実感する事が出来ました。
富岡から先の線路が一日も早く繋がる事を願いながら、街の復興を引き続き見守って行きたいと思います。
スポンサーサイト
挨拶 | コメント:0 |

新年明けましておめでとうございます



旧年中は色々とご心配をおかけ致しました。
今年は期する物があり、伊勢神宮へ参拝に行く事にし、無事参拝を終えました。
山梨から車で結構かかりましたが、清々しい気持ちになり、心機一転頑張らなくてはと気持ちが引き締まりました。

毎日とはいかないかも知れませんが、ブログを再開していきますので、今年も宜しくお願い致します。

※ブログのコメント返しが、戻ってからになってしまいます。ご了承下さい。

それでは、良いお正月を。
挨拶 | コメント:0 |

お知らせとお詫びです。

おはようございます。
三ヶ月もの間ご無沙汰してしまい、本当に申し訳ございませんでした。

12月20をもちまして九年半勤めた会社を退職し、山梨に移住し、来年の一月五日から新しい仕事を始めます。

その間に色々とあり、ブログの更新が出来ませんでしたが、もう少ししましたら一段落つきますので、ブログを再開していきますので宜しくお願い致します。
リンクを貼り、こんな間にも何度も訪問して頂いた方には、また挨拶に伺いますので宜しくお願い致します。もう少し時間を下さい。
その他の方々も沢山訪問して頂いたようで、本当に感謝の気持ちで一杯です。

こんな感じのブログですが、今後とも宜しくお願い致します。

挨拶 | コメント:6 |

JR釧網本線・知床斜里駅(しれとこしゃり)

知床斜里駅はこちらです。


鉄筋平屋建ての駅舎をベースに近年綺麗に化粧直しされています。
知床観光の玄関口となっております。(2017年9月撮影)
shari01.jpg

自動券売機が一台あり、早朝だった事もありみどりの窓口はまだ開いていませんでした。
(2017年9月撮影)
shari02.jpg

観光案内所も併設されていますが、こちらも早朝なので開店前でした。
トイレはこちら側にあります。(2017年9月撮影)
shari03.jpg

ホーム構造は駅舎側片面一面一線と島式ホーム一面二線の二面三線構造となっております。
それぞれのホームを跨線橋が結んでいます。止別方面を望む。(2017年9月撮影)
shari04.jpg

中斜里方面を望む。(2017年9月撮影)
shari05.jpg

釧網本線の途中駅では珍しく、電光式の吊り下げ駅名表があります。
駅名表の下には、ねぷたの飾り物が置かれています。(2017年9月撮影)
shari06.jpg

駅前は小規模ながらロータリーが形成されています。
ルートイングランディア知床斜里の隣にバスターミナルがあります。(2017年9月撮影)
shari07.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
ん~、なんでしょうかね…ほんと多忙を極めています。体が悲鳴を上げてます…
明日も激務になりそうなので、今日も早めに休まなくてはっ!

さて、今日は釧網本線の知床斜里駅を紹介したいと思います。
知床観光の玄関口となる駅で、釧網本線の主要駅の一つであります。
近年駅舎が綺麗にリニューアルされ、観光案内所も併設され、
観光の玄関口としてもふさわしい、機能的な駅舎に生まれ変わりました。

早朝に訪問した事もあり、みどりの窓口をはじめ、売店や観光案内所は営業前でした。
それほど広くない待合スペースには、沢山の方が座れるように椅子が多く設置されていました。
ジュースの自動販売機やコインロッカーなども設置されています。
ホームには網走へ向かう列車が発車待ちをしていました。
一通り駅の写真を撮った後、ホテルに戻り朝食を摂り、知床観光へと出発しました。

駅名:知床斜里駅(しれとこしゃり)

住所:北海道斜里郡斜里町港町

直営駅、みどりの窓口、自動券売機、売店、観光案内所、コインロッカー、ジュースの自動販売機、
郵便ポスト、トイレあり

JR北海道 | コメント:0 |

JR釧網本線・磯分内駅(いそぶんない)

磯分内駅はこちらです。


何だか駅舎を半分化したような感じがします。以前はもっと大きな駅舎だったんじゃないかなと思えます。
(2017年9月撮影)
isobun01.jpg

当然ながら無人駅で、壁際にプラベンチが設置されています。
(2017年9月撮影)
isobun02.jpg

こちら側には倉庫の扉のような物がありますが、他は何もなくガランとしています。
(2017年9月撮影)
isobun03.jpg

駅舎のホーム側にある庇は、ホーム上屋の役割もしています。
平仮名で駅名が表記されているのもアクセントになっています。(2017年9月撮影)
isobun04.jpg

ホームは片面ホーム一面一線ですが、以前は列車の行き違いが出来たような、
草が生い茂っていましたが、駅構内の空き地があります。
南弟子屈方面を望む。(2017年9月撮影)
isobun05.jpg

ホームは舗装されておらず、砂利敷きになっています。標茶方面を望む。
(2017年9月撮影)
isobun06.jpg

JR北海道仕様の駅名表です。(2017年9月撮影)
isobun07.jpg

駅前はこんな感じで、集落が形成されています。少し歩くと国道391号線に交差し、
国道沿いにセイコーマートがあります。雪印メグミルクの工場もあります。(2017年9月撮影)
isobun08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日も昨日ほどではありませんが、30度近くまで気温が上がり暑い一日でした。
朝夕はしのぎやすいので、季節は確実に秋なんだなと実感できます。
暑さももうちょいの辛抱でしょう。

さて、今日は磯分内駅を紹介したいと思います。
午後四時に釧路に到着し、
釧路駅のレンタカー屋から知床斜里のホテルまで駆け抜けなくてはならなかったので、
寄れる駅は国道沿いの寄り易い駅だけとなってしまいましたので、ご容赦ください。
茅沼駅は国道からかなり入った場所にありましたが、立ち寄りたかったのでわがままを聞いてもらいました。

以前は存在感のある木造駅舎だったと思うんですが、無人化された事もあり、
駅舎が半分化されてしまったのは、見てわかりましたね。
駅周辺は雪印メグミルクの工場もありますし、集落も形成されていて、人の往来もそれなりにありましたので、
寂れた感じはありませんでした。列車が少ない事もあり、駅には人がいませんでしたが…

駅舎内の待合スペースは壁際にプラベンチが設置されているだけでトイレは無く、
だだっ広く殺風景な感じがしましたね。
ホーム構造は現在は片面ホーム一面一線ですが、草で覆われた構内を見ると、
以前は列車の行き違いも出来たでしょうし、貨物の側線などもあった事でしょう。
ホーム側の壁に平仮名で駅名が表記されているのが、ちょっとしたアクセントですね。

駅名:磯分内駅(いそぶんない)

住所:北海道川上郡標茶町熊牛原野16線

無人駅、郵便ポストあり

JR北海道 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。