ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR千歳線・美々駅(びび)

こんなアングルでしか写真が残っていませんでしたが、今となっては残っていて本当に良かったと思っています。
(2009年1月撮影)
bibi01.jpg

周囲に民家なども無い駅なのにもかかわらず、Kitacaのカードリーダーがあったのには驚きました。
(2009年1月撮影)
bibi03.jpg

ホーム構造は駅舎側片面ホーム一面一線と島式ホーム一面二線の二面三線構造となっております。
それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。南千歳方面を望む。(2009年1月撮影)
bibi02.jpg

植苗方面を望む。(2009年1月撮影)
bibi04.jpg

美々駅はこちらです。


こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
ほとんどの方は年末年始休暇に入られていると思いますが、俺はあと一日あります…
何とか明日で終われそうなのでホッと胸をなでおろしております。
明日の夜は旅に出ますので、明日は道中からのブログになると思います。
皆さま良い年末年始をお過ごしください。

さて、今日はたまたま来春に廃止されてしまう予定の美々駅の写真が出て来たので、
紹介したいと思います。
2009年の正月に札幌にいる友人にこの駅に連れてきてもらいました。
雪もかなり積もっていて、本当に寒かったのを思い出しました。
周囲は本当に何もなく、暗闇に包まれているものの、すぐそばに新千歳空港があるので、
離発着する旅客機がひっきりなしに上空を行き来していました。
かといって、空港のターミナルには近いのかと言うとそれは違い、滑走路を挟んで反対側に位置するので、
決して間違えて降りてしまってはいけない駅でもあるのです。行けない事は無いのですが、
えらい事になります(汗

来春に廃止予定なので、足を運ぶ事がもうできないと思いますので、今日紹介させて頂きました。
こんな写真ですが残っていて本当に良かったと思っています。

駅名:美々駅(びび)

住所:北海道千歳市美々

無人駅、トイレあり

スポンサーサイト
JR北海道 | コメント:6 |

JR宗谷本線・比布駅(ぴっぷ)

トタン屋根の古い木造駅舎で壁がピンクだったのがとても印象的でした。
駅舎は改築され現存しません。(2001年5月撮影)
pippu01.jpg

駅は無人化され、駅事務室を「ぺぺ」と言う喫茶店が営業していました。
喫茶店は2010年に閉店し、旧駅舎末期には完全な無人駅となってしまいました。
(2001年5月撮影)
pippu05.jpg

このホーム出入り口部分もとても味わい深い物がありました。(2001年5月撮影)
pippu03.jpg

ホーム構造は相対式二面二線でそれぞれのホームを跨線橋が結んでおります。
跨線橋はとても古い立派な物です。(2001年5月撮影)
pippu02.jpg

駅名表は探したんですが撮影してませんでしたが、名所案内がありました。
(2001年5月撮影)
pippu04.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
言うまでも無く今日も忙しい一日でした…今が踏ん張り時なので、まあやるしかありませんな…

さて、今日は比布駅の旧駅舎を紹介したいと思います。
「ぴっぷ」と聞いてピンとくる方もいらっしゃると思いますが、
1980年にピップエレキバンのCM撮影が行われたことで有名になりました。
訪問時は列車行き違い時に慌ただしく写真を撮ったものなので、
かつて営業していた喫茶店「ぺぺ」にも立ち寄る事も無かったのですが、
今思えば、列車を一本遅らせてでも立ち寄っておくべきだったと後悔しています。

今年の春に駅舎もリニューアルされ、新たな比布駅が誕生しました。
ネットで見たのですが、カフェも併設されているとの事で、いつか訪問できればと思っております。

駅名:比布駅(ぴっぷ)

住所:北海道上川郡比布町西町

無人駅


JR北海道 | コメント:0 |

JR日高本線・鵡川駅(むかわ)

鵡川交通ターミナル併設のログハウス風の駅舎です。(2001年5月撮影)
mukawa01.jpg

現在は無人化され無人駅になってしまいましたが、訪問時はKIOSKもありましたし、駅員さんもいました。
(2001年5月撮影)
mukawa02.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、互い違いになっていて、構内踏切で渡る事になります。
(2001年5月撮影)
mukawa03.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
あっという間に今年最後の連休が終わってしまいました…
まあ、床屋も行きましたし、家の掃除も全部ではありませんがある程度は出来ましたし、
正月の段取りも付けましたし、何だかんだであっという間に夜になってしまいましたね。
あとは、日曜日の休み以外はラストスパートで突っ走るのみです(苦笑

さて、今日は鵡川駅を紹介したいと思います。
訪問時は主要駅らしく駅員もいましたし、KIOSKもありましたし、駅には人も沢山いて活気がありました。
気が付けば駅は無人化され、KIOSKも無くなってしまいましたね。
2015年1月の高波で不通になってしまった関係で、鵡川駅が鉄道での終着となっています。
ここから様似へは代行バスで向かう事になります。
苫小牧から鵡川まででしたらそれほど距離は無いので、足を運べればと思いますが、
北海道へ行く事自体がかなり難しくなってしまっているので、
遠くから運転再開する事を願うしかありません。

駅名:鵡川駅(むかわ)

住所:北海道勇払郡むかわ町末広

無人駅、トイレあり

JR北海道 | コメント:0 |

JR日高本線・静内駅(しずない)

鉄筋平屋建てで主要駅としてはコンパクトな造りの駅舎です。(2001年5月撮影)
shizunai01.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
早いもので師走も半ばを過ぎ、慌ただしくなってきました。
この慌ただしさがあと10日ぐらい続き、それを乗り越えれば年末休みになるので、
何とか持ちこたえて乗り切ろうと思います。

さて、今日は静内駅を紹介したいと思います。
この駅も列車の行き違い停車の時に撮影した写真です。
人もごった返していて駅舎内部の写真が撮れなかったのを覚えています。
2001年5月時点では現駅舎の左側部分のみが完成していて、
写真右端より右側には建物がありませんでした。
ネットで現在の駅舎の写真を見ると、立派な建物になったなぁとつくづく思いました。

駅舎:静内駅(しずない)

住所:北海道日高郡新ひだか町静内本町

直営駅、みどりの窓口、自動券売機、公衆電話、郵便ポスト、ジュースの自動販売機、トイレあり


JR北海道 | コメント:0 |

JR日高本線・西様似駅(にしさまに)

貨車改造の駅舎で、壁面には色褪せていますが可愛らしい絵が描かれていました。
(2001年5月撮影)
n-samani01.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線の片面を撤去して、実質一面一線構造となっております。
駅舎側の空き地には丸太が積まれた状態で置かれていました。
様似方面を望む。(2001年5月撮影)
n-samani02.jpg

鵜苫方面を望む。(2001年5月撮影)
西留萌駅ホームから2

民家は数軒見えますが、ご覧の通りの原野が広がっていました。(2001年5月撮影)
n-samani04.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日は雨が上がってから急に気温が下がり、本当に寒い一日でした。
雨が降っている時はまだそれほど寒さは感じなかったのですが、
雨が上がってから急に北風に変わりましたから。

今日は日高本線の終着駅の様似駅の手前、西様似駅を紹介したいと思います。
様似からの折返しの列車でここに来たのか?様似駅から歩いてここまで来たのかは記憶が薄れてしまいました。
そうですよね…10年以上前の話ですものね…本当に申し訳ないです…

駅はご覧の通り貨車改造の駅舎で、かなり色は褪せてますが可愛らしい絵が描かれていました。
ネットなどで写真を見ると、描かれている絵が違っているので訪問時から数年後に、
描き直されたと思います。
ホームからは数軒民家が見えますが、ほぼ原野が広がっている景色が目に飛び込んできます。
何時の日かまた列車でこの辺りを訪れる事が出来る事を願いつつ、状況を見守りたいと思います。

駅名:西様似駅(にしさまに)

住所:北海道様似郡様似町西町

無人駅



JR北海道 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>