ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR武蔵野線・新八柱駅(しんやはしら)

新八柱駅はこちらです。


駅入り口部分ですが、本当に狭く写真を撮るのに苦労しました…
yahashira01.jpg

違う角度から一枚です。鉄筋平屋建てなのがわかります。
yahashira02.jpg

みどりの窓口もあり、自動改札と有人窓口改札があり、改札内にトイレがあります。
yahashira03.jpg

自動券売機は指定席券売機一台と多機能自動券売機二台、通常タイプの自動券売機3台があります。
yahashira04.jpg

階段を下りて地下へと進みます。
yahashira05.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で地下にあります。東松戸方面を望む。
yahashira06.jpg

新松戸方面を望む。
yahashira07.jpg

JR東日本仕様の駅名表です。電光式ですがLED仕様ではありません。
yahashira08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
渋滞する前に圏央道で自宅に帰って来ました。
今までは境古河とつくば中央の間が未完成でしたので、下道を走らなくてはなりませんでしたが、
2月26に常磐道方面につながりましたので、八王子から一本で行き来出来るようになり、
本当に楽になりました。
元気な姿も見れましたし、とっぷさんて大洋の湯でリラックスできました!

さて、今日は新八柱駅を紹介したいと思います。
ロータリーはあるものの、駅前に街路樹や公衆電話などがあり、まともに駅舎を撮る事が出来なかったので、
このような写真になりました。
この駅は新京成線の八柱駅との接続駅となっていて、人の往来がとても激しいです。
武蔵野線の新八柱駅は鉄筋平屋建てなのに対し、
写真が無く申し訳ないですが新京成の八柱駅は立派な駅ビルとなっています。
改札を抜け、階段を下りてホームに向かうと地下鉄の駅のような雰囲気になっていますが、
トンネルの中にホームがある構造になっています。
武蔵野線の駅舎紹介はここまでで終了です。また未訪問の駅には足を運ぼうと思います。

駅名:新八柱駅(しんやはしら)

住所:千葉県松戸市日暮一丁目

直営駅、みどりの窓口、指定席券売機と他自動券売機、ジュースの自動販売機、公衆電話、
郵便ポスト、トイレあり
スポンサーサイト
JR東日本(関東) | コメント:1 |

JR武蔵野線・南流山駅(みなみながれやま)

南流山駅はこちらです。


こちらは南口です。
m-nagare01.jpg

つくばエキスプレスの乗換駅でもあります。
m-nagare02.jpg

南口のロータリーはこんな感じになっています。商業施設や高層マンション等があります。
m-nagare03.jpg

こちらは北口になります。
m-nagare04.jpg

北口にもつくばエキスプレスの乗り換え口があります。
m-nagare06.jpg

指定席券売機二台と多機能自動券売機二台があります。
m-nagare05.jpg

改札口の様子はこんな感じで、わかりづらいですが有人窓口改札と自動改札があります。
m-nagare07.jpg

改札内に本屋さんがあります。
m-nagare08.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、上下線の間に中線が一本あります。
三郷方面を望む。
m-nagare09.jpg

新松戸方面を望む。
m-nagare10.jpg

JR東日本仕様の駅名表です。電光式ですがLED仕様ではありません。
m-nagare11.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
やっと一週間が終わりました…長かった…これで日月の連休を迎えられます!
日月の休みで茨城の実家に帰って来ます。リフレッシュして来ようと思います。

さて、今日は南流山駅を紹介したいと思います。
南口、北口ともに市街地が形成されていてとても賑わいがありました。
南流山駅はつくばエキスプレスの乗換駅でもあります。
乗降客が多く、往来が激しい駅だからなのか武蔵野線の改札内に書店がありました。
ホーム構造は相対式二面二線と至ってシンプルですが、上下線の間に中線が一本あるのが、
貨物列車も頻繁に通る路線である事を物語っています。

駅名:南流山駅(みなみながれやま)

住所:千葉県流山市南流山一丁目

接続線:つくばエキスプレス

業務委託駅、指定席券売機と多機能自動券売機、NEWDAYS、書店(改札内)、コインロッカー、
ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり


JR東日本(関東) | コメント:3 |

JR武蔵野線・三郷駅(みさと)

三郷駅はこちらです。


こちらは南口で入り口付近にNEWDAYSがあります。
misato01.jpg

南口のロータリーは商業施設などもあり、市街地が形成されています。
misato02.jpg

北口には入り口付近にラーメン屋さんがあります。東横インなどは北口にあります。
misato03.jpg

自動券売機は指定席券売機、多機能自動券売機、自動券売機が各一台ずつあります。
misato04.jpg

有人改札と自動改札が四機があります。
misato05.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、新三郷方面に不自然な広さがあるのは、
かつて三郷操車場があった名残です。新三郷方面を望む。
misato06.jpg

南流山方面を望む。
misato07.jpg

JR東日本仕様の駅名表です。電光式ですがLED仕様ではありません。
misato08.jpg

江戸川を渡った向こう岸は流山市になります。
misato09.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
世間的には明日から三連休ですね!残念ながら俺は明日も仕事です…日月の二連休なので、
明日もうひと頑張りします。忙しいからしゃーないです…

さて、今日は三郷駅を紹介したいと思います。
この駅も高架駅で、南口側にはNEWDAYSがあり、北口側にはラーメン屋があります。
大型商業施設のある新三郷駅に押され気味なのか、市街地が形成されているのにも関わらず、
いまいち活気が伝わって来ませんでした。
北口は東横インがありますが、全体的にひっそりとしていました。
相対式二面二線のホームからは、新三郷側にはかつて三郷操車場があった名残で上下線の間が広くなっていますし、
南流山方すぐに江戸川の橋があり、橋を渡れば千葉県流山市になります。

駅名:三郷駅(みさと)

住所:埼玉県三郷市三郷一丁目

業務委託駅、指定席券売機と自動券売機、NEWDAYS、コインロッカー、ジュースの自動販売機、公衆電話、トイレあり

JR東日本(関東) | コメント:0 |

JR武蔵野線・新秋津駅(しんあきつ)

新秋津駅はこちらです。


新小平駅と似たような造りの平屋の駅舎かと思っていたら…
右隣に新設された駅ビルがあり、こちらに飲食店やNEWDAYSなどが入っていたようです。
もう一回この駅には行く必要がありそうです…
s-akitsu01.jpg

駅前はこんな感じになっています。西武池袋線の秋津駅へはここから徒歩五分くらいかかります。
s-akitsu08.jpg

直営駅でみどりの窓口もありますし、指定席券売機も何と二台も設置されていて、
多機能自動券売機などを含めると合計五台設置されています。
s-akitsu02.jpg

結構歩きますが、一応西武池袋線の乗換駅と言う事で、
利用者が多いので自動改札機も多く設置されています。
s-akitsu03.jpg

改札を抜けた所にハニーズバーがあります。左側にはトイレがあります。
s-akitsu04.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、上下線の間に中線が一本あります。
この駅も掘割内にホームがあります。東所沢方面を望む。
s-akitsu05.jpg

新小平方面を望む。
s-akitsu06.jpg

JR東日本仕様の駅名表です。LED仕様なのでとても鮮やかに見えます。
s-akitsu07.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
さて、今日は新秋津駅を紹介したいと思います。
慌てていたというか、ミスをしてしまいました…
駅舎の右横に最近新設された駅ビルがあったとは…近いうちにもう一回行ってきます(汗
少し歩くとは言え、西武池袋線の秋津駅があり、乗換駅になっているので、
賑わいもありますし、自動改札機の数を見て頂ければわかる通り、乗降客は大変多いです。
この駅も掘割の中にホームがあり、ホーム構造は相対式二面二線で、
上下線の間に中線が一本あります。

駅名:新秋津駅(しんあきつ)

住所:東京都東村山市秋津町五丁目

直営駅、みどりの窓口、指定席券売機と自動券売機、NEWDAYS、ハニーズバー、
ジュースの自動販売機、コインロッカー、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり

JR東日本(関東) | コメント:0 |

JR武蔵野線・新小平駅(しんこだいら)

新小平駅はこちらです。


鉄骨造平屋建ての飾り気のない駅舎です。駅舎右手にNEWDAYS(出入り口は改札内)があります。
s-kodaira01.jpg

駅前はこんな感じで、タクシーが所狭しと停まっています。
s-kodaira02.jpg

有人改札窓口と自動改札が3台設置されています。
s-kodaira03.jpg

自動券売機は指定席券売機、多機能自動券売機、自動券売機が各一台ずつあります。
s-kodaira04.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、長いトンネルに挟まれるように半地下構造となっています。
東村山トンネル側、新秋津方面を望む。
s-kodaira05.jpg

小平トンネル側を見て頂ければ、半地下状態のが良くわかります。
西国分寺方面を望む。
s-kodaira06.jpg

JR東日本仕様の駅名表です。LED仕様ですので色むらが無く鮮やかに光っています。
s-kodaira07.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日も朝から晩までいつも通り忙しかったです…ホッと一息ボーっとしていたらこんな時間です…
今月はこんな感じなんでしょうかね…更新できる限りは更新しますが、バテてしまったらごめんなさい…

さて、今日は新小平駅を紹介したいと思います。
長いトンネルに挟まれた所に駅があります。
西国分寺方面にある小平トンネル側のホームを見て頂けば半地下構造なのが良くわかると思います。
地図を見て頂くと駅以外は地下に隠れていて、地下鉄か?と勘違いしてしまいそうになります。
やはり、貨物をメインに造った路線なのでこういった造りの駅になってしまったのでしょう。

駅名:新小平駅(しんこだいら)

住所:東京都小平市小川町二丁目

業務委託駅、指定席券売機と自動券売機、NEWDAYS、ジュースの自動販売機、公衆電話、
トイレ(改札内)あり

JR東日本(関東) | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>