ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

琴平電鉄・高松築港駅(たかまつちっこう)

高松築港駅はこちらです。


JR高松駅から徒歩3分位と言った所にあります。白壁の木造平屋建ての駅舎です。
kototaka01.jpg

自動改札が設置されておりますがICカード専用となっているので、
切符で入場する際は窓口側の有人改札を通る必要があります。
kototaka02.jpg

自動券売機は二台設置されております。
kototaka03.jpg

ホーム構造は終端式で三面二線の構造となっております。
kototaka04.jpg

駅のすぐそばにある「高松城跡・玉藻公園」があります。
kototaka05.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日はなんだか一日中落ち着く事が出来ず、慌ただしい一日でした。
肉体的にと言うよりも、精神的にとても疲れました…
疲れている時は甘いものを体が欲するんですよね。オランジーナグミを食べ過ぎてしまいました…

さて、今日は琴平電鉄の高松築港駅を紹介したいと思います。
JR高松駅から少し離れていて、徒歩3分位の所の場所にあります。
駅のすぐ裏には高松城跡・玉藻公園があります。
終端式になっていて、ホーム構造は三面二線になっています。
正月だったのでやっていませんでしたが、ホームにちょっとしたお店があります。
高松駅付近は市街地から少し離れていますので、市街地のある瓦町へ行くには琴電を使う事になります。

駅名:高松築港駅(たかまつちっこう)

住所:香川県高松市寿町一丁目

有人駅、自動券売機、ジュースの自動販売機、コインロッカー、ジュースの自動販売機、トイレあり




スポンサーサイト
私鉄・第三セクター | コメント:0 |

山形鉄道フラワー長井線・宮内駅(みやうち)

古い木造駅舎で、駅舎入り口に新聞の自販機が設置されています。
miyausa01.jpg

駅舎の全景はこんな感じです。駅舎右隣の別棟にトイレがあります。
miyausa02.jpg

時刻は16時50分過ぎ。駅業務の営業時間は17時までで、ウサギちゃんとの面会はギリギリセーフでした。
miyausa03.jpg

ウサギ駅長もっちー達には改札を出て、駅事務所に向かうことになります。
miyausa04.jpg

左側のもっちー駅長はお疲れのようで休ませてやってとの事でした。ぴーたーとてんが出迎えてくれました。
miyausa05.jpg

南陽市の観光案内看板と石碑です。動物の石碑とウサギの席にが両側にある椅子等がありました。
miyausa06.jpg

荒砥方面へ抜け左沢へ向かった俺は、もっと前に気付けば慌てなくて済んだんですが…
せっかくこっちに来たんだから、ウサギのもっちー駅長のいる山形鉄道の宮内駅に急きょ向かうことにしました。
左沢線の未訪問駅舎の写真を撮っているときに気付いたので、後日紹介しますが、
西寒河江駅の写真などはちょっとまきになってしまったかもしれません…

国道13号線から赤湯方面に向かい、山道を抜け、どうにかこうにか16時50分過ぎに到着する事ができました。
駅長のもっちーはお疲れのようで奥で休んでいましたが、ぴーたーとてんと会う事が出来ました。
ウサギ好きなので癒されましたなぁ(笑

ホーム構造は島式ホーム一面二線で、駅構内を渡ってホームに向かうことになります。

駅名:宮内駅(みやうち)

住所:山形県南陽市宮内

有人駅、(ウサギ駅長もっちー、ぴーたー、てん)、ジュースの自動販売機、新聞の自動販売機、
公衆電話、郵便ポスト、トイレ(別棟)あり

私鉄・第三セクター | コメント:0 | トラックバック:0 |

しなの鉄道・豊野駅(とよの)

駅舎は橋上駅舎でJRとしなの鉄道の共用となっておりますが、管理しているのはしなの鉄道のようです。
ちなみにこちらは南口になります。
IMG_0445.jpg

改札口にはしなの鉄道のマークがありますし、自動券売機もしなの鉄道のものになっております。
IMG_0446.jpg

改札口左手にはガラス張りの待合室があります。
IMG_0448.jpg

北口へつながる通路です。
IMG_0449.jpg

飯山線の起点駅となりますが、飯山線の列車はすべて長野始発となっております。
ホーム構造は二面三線となっております。
南口にはロータリーのようなものは無く、北口にちょっとしたロータリーのようなものはありますが、車でのアプローチはあまり良くないように見えました。
駅周辺も住宅地にはなっているものの、ひっそりとしていましたね。

長い時間かかりましたが、至らぬ部分はありましたが何とか飯山線の駅をすべて紹介する事ができました。

次回は長野周辺で立ち寄った駅をいくつか紹介した後に、昨年11月に訪問した米坂線の山形県口の駅などを紹介していきたいと思います。

駅名:豊野駅(とよの)

住所:長野県長野市豊野町豊野

直営駅(しなの鉄道)、自動券売機、ジュースの自動販売機、トイレあり(南口付近)

私鉄・第三セクター | コメント:0 | トラックバック:0 |

北越急行・美佐島駅(みさしま)

十日町の市街地から車で10分位山道を走った所に駅はあります。
misashima01.jpg

駅名をアップして撮ったものです。トレッキングの地図が掲載されております。
misashima05.jpg

駅舎の入り口はこんな感じです。
misashima02.jpg

待合室がありますが、午後六時になると自動的にドアが閉まってしまい施錠されてしまうとの記載がありますので、注意が必要です。
misashima03.jpg

待合室は畳が敷かれており、隅に置かれておりますがテーブルまでありますし、暖房器具も設置されておりました。
misashima04.jpg

駅舎内の壁には美佐島の四季の写真が飾られております。
misashima06.jpg

こちらの壁には地元の名産品などの写真が飾られておりました。
misashima07.jpg

この長い階段を下りていくと駅のホームに向かうことが出来ます。
misashima08.jpg

ホームへ向かうためには二か所ある防風対策の扉を通らなくてはなりません。
misashima09.jpg

最初の扉を通過すると、小さな待合室があります。
misashima10.jpg

ホームにつながる最後の扉は、列車が到着した時、扉の前の白線内に入っていないと決して開く事はありません!
misashima11.jpg

ホームへ向かうための説明書きです。
misashima12.jpg

飯山線の駅舎を巡りながら、ちょっと寄り道をして北越急行の美佐島駅を訪問しました。
駅舎は木造で洒落た感じのする、どちらかというと飲食店のような佇まいの駅舎ですね。
畳敷きの立派な待合室があり、一休みするにはもってこいですが、午後六時になると自動的に施錠されてしまうので注意が必要です。
トイレも男女別々の物が用意されていてとてもきれいな状態でしたし、美佐島の四季やこの辺りの名産品などの写真が飾られていたので、時間つぶしには良いかもしれませんね。

駅名:美佐島駅(みさしま)

住所:新潟県十日町市午

無人駅、トイレ有

私鉄・第三セクター | コメント:0 | トラックバック:0 |

小田急江ノ島線・片瀬江ノ島駅

片瀬江ノ島駅2


片瀬江ノ島駅1


江ノ島の玄関口である片瀬江ノ島駅は、子供の頃に読んだ「浦島太郎」に出てくる竜宮城のような駅ですね。

さすがは観光地である江ノ島や海水浴客で賑わう江ノ島海岸、そしてリニューアルされた新・江ノ島水族館などがあり、夏には花火大会も行われるため、夏場や休日などは大変混み合います!

駅から出ると駅前広場があって、コンビニやお土産物屋が連ねていて、ここが観光地である事が容易に理解できます!

これからの時期、天気が良ければとても海岸線が奇麗なので近いうちに江ノ電に乗って景色を満喫する事とこの駅舎を眺めに行こうかなと写真を見ていて思いました♪

FC2ブログランキング参加しました!
一押しがとても励みになります!


私鉄・第三セクター | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。