ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR予讃線・高徳線・高松駅(たかまつ)

こちらは早朝の高松駅です。駅にはお土産物屋を兼ねたセブンイレブンやロッテリア等の飲食店、
ウィリーウインキーなども入っています。右隣は庄やとスーパーマーケットがあります。
takamatsu01.jpg

こちらは夜バージョンで、四国を離れる前、サンライズ乗車前の高松駅です。
takamatsu09.jpg

夕方の改札ですが、乗降客がひっきりなしに往来しています。
takamatsu02.jpg

自動券売機は全部で七台あります。
takamatsu04.jpg

改札内のホーム側にもセブンイレブンがあり、その隣には讃岐うどん屋「連絡船うどん」があります。
takamatsu06.jpg

連絡船うどんをアップで撮ったものです。この後、きつねうどんを食べました。
takamatsu03.jpg

サンライズ出雲の発着ホームは9番ホームです。
ホーム構造は島式ホーム4面9線です。一番線のある島式ホーム(高徳線)に切欠きがあり、
そこに二番ホームがあり、向かい側が三番線となっている為です。
takamatsu05.jpg

JR四国仕様の駅名表です。ステンレスバージョンです。
takamatsu08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
長い一週間がようやく終わりました…
昨日は雪がちらつくなど寒い日が続き、今日は暖かい一日になるかと思いきや、
強風が吹き荒れ、体感的には昨日までと同様の寒さでしたね。
そんな中、ようやく待ちに待っていた時がやってきて、大関・稀勢の里関が初優勝を飾りました。
ここまで苦労した訳ですから、明日対戦する横綱白鵬を投げ飛ばして、気持ちよく横綱になりましょうよ!

さて、今日は高松駅を紹介したいと思います。
瀬戸大橋が架かり四国の玄関口的な面持ちは無くなりつつありますが、
宇高連絡船の名残で終端式ホームになっていて、跨線橋等は無く、
改札からそれぞれのホームに向かう事が出来ます。
さすがはターミナル駅だけの事はあって、改札や売店や飲食店などは常に賑わっていました。
もちろん駅弁売り場も改札を入る前の売店のそばにあります。
特急うずしおやサンライズ出雲、快速マリンライナー、特急しおかぜ・いしづち等様々な列車を見て楽しむことが出来ます。

駅名:高松駅(たかまつ)

住所:香川県高松市浜ノ町

直営駅、みどりの窓口、駅レンタカー、ワーププラザ、セブンイレブン(改札内外)、駅弁屋、
飲食店、自動券売機7台、コインロッカー、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり


スポンサーサイト
JR四国 | コメント:0 |

JR鳴門線・鳴門駅(なると)

鳴門駅はこちらです。


鉄筋平屋建ての駅舎は空きのテナントスペースなどもあり、寂れ感は否めません。
naruto01.jpg

みどりの窓口があり、自動券売機も一台設置されております。
naruto02.jpg

有人改札も三つ設置されていますが、現在なら窓口側だけで用は足りそうです。
naruto03.jpg

パーテーションで仕切られた待合スペースがあります。
naruto04.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。ホーム側にもトイレがあります。
naruto07.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線で終端となっている為、駅舎とホームへは通路で向かい事になります。
naruto05.jpg

JR四国仕様の駅名表です。なんとLEDの物になっていました。
naruto06.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
予報通り雪が降りました…パラつく程度だったので、積もる事無くホッとしましたが、
夜に振るかもしれないみたいなことを言っているので、もう少し注意が必要ですね。
ほんと寒かったです…こんな日は暖かくして寝ましょう。

さて、今日は鳴門駅を紹介したいと思います。
大鳴門橋や鳴門海峡のうずしお、大塚国際美術館など観光の玄関口ですが、
鉄筋平屋建ての駅舎は寂れ感が否めない状態でした。
みどりの窓口やコインロッカー、ジュースの自動販売機などはありますが、
駅舎内に売店は無く、すぐそばのドラッグストアや近くのコンビニで食料品を購入しなくてはなりません。
特急列車などは鳴門駅にはやって来ないので、普通列車のみが発着します。
大鳴門橋や大塚国際美術館へは徳島駅から鳴門駅経由で一時間に一本程度の本数がやって来ます。

駅名:鳴門駅(なると)

住所:徳島県鳴門市撫養町小桑島

直営駅、みどりの窓口、コインロッカー、ジュースの自動販売機、トイレあり

JR四国 | コメント:0 |

JR高徳線・池谷駅(いけのたに)

池谷駅はこちらです。


瓦屋根で民家風の木造駅舎です。周囲は民家はあるものの特急停車駅とは思えないほどの長閑な田園地帯にあります。
ikenotani01.jpg

駅は無人化されて久しく、窓口はカーテンがかかったままの状態です。自動券売機はありません。
ikenotani03.jpg

待合スペースには木製の長椅子が二脚あるのみです。
ikenotani04.jpg

駅舎を構内側から撮ったものです。
ikenotani02.jpg

1、2番線は高徳線のホームで、3、4番線は鳴門線ホームになります。
ホーム構造は二面四線構造となっております。
ikenotani05.jpg

駅舎からやや長めの通路を通り、屋根のない跨線橋でそれぞれのホームを結んでおります。
ikenotani07.jpg

もっとアップで撮れば良かった…JR四国の駅名表です。
ikenotani06.jpg

駅前はこんな感じです。右の商店はどう見ても営業していないように見えます。
ikenotani08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
明日東京でも雪が降るとか降らないとかと言う予報が出ています…
寒いだけならまだ耐えますけど、雪は積もると厄介ですし、次の日は路面が大変な事になるので嫌ですね。
まあ、数年前の大雪の時にタイヤチェーンは購入しているので、持って行けば良いだけの事ですが。

さて、今日は池谷駅を紹介したいと思います。「いけたに」と読んでしまいそうですが「いけのたに」なんですよね。
駅舎は民家風の瓦屋根の木造駅舎です。
特急停車駅ですが、駅はだいぶ前に無人化されひっそりとしていました。
自動券売機も無いので、車内で切符を購入する必要があります。
駅舎から見て右側の島式ホームが高徳線のホームで、左側が鳴門線のホームになります。
それぞれのホームはそれほど広くないので注意が必要です。
高松方面か鳴門へ観光に行く際は、この駅が乗換駅となると思います。

駅名:池谷駅(いけのたに)

住所:徳島県鳴門市大麻町池谷

無人駅、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり


JR四国 | コメント:0 |

JR予讃線・箕浦駅(みのうら)

箕浦駅はこちらです。


貨車改造の駅舎ですが、左側に元々の木造駅舎を残したような倉庫があります。
minoura01.jpg

目の前は瀬戸内海!なんですが…その前を主要国道11号線が通っているのが残念です。
minoura02.jpg

駅舎内はプラベンチとゴミ箱と窓だけですね。
minoura03.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。左側のトイレはいわゆる「ボットン」タイプです。
minoura07.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線で、構内踏切でホームに向かいます。
川之江方面を望む。
minoura04.jpg

丁度特急「しおかぜ」が通過していきました。豊浜方面を望む。
minoura05.jpg

JR四国仕様の駅名表です。
minoura06.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今朝は本当に寒かったです。八王子でもこんなに寒いのは今まで経験したことが無いような物でした。
外に出るのが本当に億劫でしたが、秋川渓谷にある「瀬音の湯」で温まって来ました!
外に足湯もあるので、帰る前に足湯でもゆったりさせてもらいました。

さて、今日は箕浦駅を紹介したいと思います。
目の前が瀬戸内海なんですが、その前に国道11号が通っているので、
交通量がとても多いので、道路を横断するのは注意が必要ですね。
駅舎は貨車改造の駅舎で、駅舎左側に元々の木造駅舎を部分的に残して倉庫にしたような建物があります。

瀬戸内海の景色を満喫しようかと思ったのですが、
国道の交通量の多さで思惑が外れてしまいました。
ですが、海の景色が見れなかったわけじゃないので、まあ良しとします。
駅舎隣のうどん屋さんが一月三日からだったので、うどんにあり付けなかったのも残念でした…

駅名:箕浦駅(みのうら)

住所:香川県観音寺市豊浜町箕浦

無人駅、公衆電話、ジュースの自動販売機、トイレあり


JR四国 | コメント:0 |

JR土讃線・琴平駅(ことひら)

昨年12月に耐震化工事によるリニューアルが施され、綺麗になりましたが、
ネオン風の駅名看板が無くなってしまいました。
kotohira01.jpg

金比羅山に初詣で訪れた一月二日は駅でうどんが振る舞われていました。
kotohira02.jpg

白壁で明るくまとめられた内装です。かなりの広さがあります。
自動券売機のとなりにはコインロッカーがあります。
kotohira03.jpg

駅売店はセブンイレブンになっています。トイレは別棟にあります。
kotohira04.jpg

駅前はこんな感じです。琴電の琴平駅へは徒歩で3~4分と言った所です。
kotohira05.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
いや~こんなに寒くなるとは思いませんでしたねぇ。
ただ、多摩地方はただ寒いだけですんでいますが、
名古屋や岐阜などでも雪がガンガン降っちゃってますもんね。
まあ、こちらでも何かが降ってきたら間違いなく雪になると言う気温なんですが。
こういう時は無理は禁物です。家でできる事があれば、家でできる事をしましょう。
ちなみに今日はN-BOXのCVTオイル(オートマチックの変速機)を交換してもらう良い機会だと思い、
ディーラーも午後なら空いていると言う事だったので、やってもらいました。

さて、今日は土讃線の琴平駅を紹介したいと思います。
琴平駅と言えば、駅の車寄せ部分に派手なネオン風の駅名看板があったと思うんですが、
今回もそれが見れると思ったら、昨年12月に耐震化工事を兼ねてリニューアルが行われ、
落ち着いた感じに改装されてしまいましたので、残念ながら見る事が出来ませんでした。
駅構内には自動券売機が一台、コインロッカー、みどりの窓口、セブンイレブン、待合スペースあります。
ホーム構造は片面ホームに切り込みを入れたホームが一番線で当駅折返し列車用となっていて、
駅舎側の切欠きホームの向かいが二番線、その向こうに島式ホームがあり、3~4番線となっています。

駅名:琴平駅(ことひら)

住所:香川県仲多度郡琴平町榎井

直営駅、みどりの窓口、自動券売機、セブンイレブン、コインロッカー、ジュースの自動販売機、
公衆電話、トイレあり

JR四国 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>