FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR奥羽本線・東根駅(ひがしね)

山形新幹線が開業し、さくらんぼ東根駅が開業するまでは市街地から離れてはいるものの東根市街および東根温泉の最寄り駅だった事をうかがい知ることが出来る鉄筋平屋建てのどっしりとした駅舎です。
入り口部分をアップ気味に撮った写真です。
2010年5月・ 005

駅舎全体と言うとこういう感じで、存在感のある駅舎である事が理解して頂けると思います。
2010年5月・ 006

今は待合室を介さずに跨線橋を渡りホームに行く事が出来ますが、特急が停車し有人駅だった頃は一体どんな感じだったんでしょうかねぇ…今となっては解りません…
2010年5月・ 012

待合室内部の写真です。窓口の類はすべて板でおおわれてしまい寒々しい雰囲気を醸し出しています…
今となってはこの待合室をどれだけの人が利用しているのか?と思ってしまいましたね…
2010年5月・ 010

ホーム上に設置された自動券売機です。むき出しではなく一応「小屋」の中にあります。
2010年5月・ 013

特急が停車し、多くの温泉観光客が利用していた頃の名残の一つです。何件もの温泉旅館が明記されております。
2010年5月・ 014

片面ホーム一面一線となった今、なぜ跨線橋を利用しなくてはならないのかという答えがここにあります。駅舎とホームが面していなく、駅舎側から利用するお客様は跨線橋を利用しなくてはならないのです。
2010年5月・ 015

ホーム側から駅舎を撮ったものです。現在は干上がってしまってますが小さな池があります。
2010年5月・ 018

山形新幹線が開業し、さくらんぼ東根駅が出来た事もあり棒線化されてしまったとはいえ、かつて特急が停車していた為、かなりのホーム長があります。
2010年5月・ 021

さくらんぼ東根側から撮ったものです。ホーム上にも待合室が設置されております。
2010年5月・ 019

かつて島式ホームの線路があった部分にご覧の通り出入り口(西口)が設置され、国道13号線側からの利用も容易に出来るようになっております。気持ち程度ですがロータリーもあります。
2010年5月・ 024

駅名:東根駅(ひがしね)

住所:山形県東根市東根甲

無人駅、自動券売機、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり

スポンサーサイト



JR東日本(東北) | コメント:0 | トラックバック:0 |

JR奥羽本線・神町駅(じんまち)

とても歴史を感じる洋風な駅舎です。ですが、歴史を感じると同時に傷みも激しく先行きがとても心配になってしまいましたし、だからこそ今回訪問しようと思った訳です。
2010年5月・ 030

時間は土曜日の朝7時半前ですが、タクシーが3台常駐しておりました。駅の駐輪場には沢山の自転車が並んでおりました。
2010年5月・ 031

何と言ってもアルファベットの「JIMMACHI」って味がありすぎですよ(^_^;)
2010年5月・ 032

駅入り口はこんな感じです。
2010年5月・ 033

残念ながら近年無人駅となってしまったものの、窓口の内側からシャッターが降りておりますが板で覆われることなく往年の姿が残っております。
2010年5月・ 034

反対側は待合室があったと思われますが、こちらは完全に板で覆われ、全体的に椅子が設置されてしまったりしてしまいうかがい知ることが出来ませんでした…
2010年5月・ 035

電光式の吊り下げ駅名表や、椅子、建物に張り付け式の駅名表等がありますが、何とか昔の雰囲気を醸し出してくれています。
2010年5月・ 039

駅ホームはバリアフリーなどの改良工事がされております。
2010年5月・ 041

ホーム構造は現在片面ホーム一面一線ですが、以前は二面二線もしくは二面三線だったと思われます。
2010年5月・ 042

今回この神町駅へ行きたいと思ったきっかけが、まだ寝ぼけ眼だったのでよく番組名は覚えていないのですが早朝NHKで駅を紹介する番組がやっていて、その時紹介されていたのがこの神町駅だったんですよ。

見ての通り周囲の雰囲気とはマッチしていない洋風の建物で歴史を感じさせるものなんですが、いかんせん築年数がかなり経つ建物なので全体的に痛みが目立ち、追い打ちをかけるように近年東北地方の古い木造駅舎がどんどん簡易的な駅舎に建て替えられてしまっている現状がありましたので、この駅を何とか写真に収めたり自分の目に焼き付けたいと思ったので今回の訪問となりました。

この駅の情報を色々と調べていると、戦前は海軍の航空基地があったり米軍キャンプがあったりした為、この駅が洋風で駅舎の壁にあるアルファベットの意味なども理解できました。
現在も陸上自衛隊の神町駐屯地があります。

実際に目にしてみて思った事が、内側からシャッターが降りていたとはいえ改札や窓口の原型を見る事が出来たのがとても嬉しかったですが、板に覆われてしまった待合室を見る事が出来なかったのが残念でなりません。
それと実際に「JIMMACHI」のアルファベットを見る事が出来ましたしね。
土曜日の朝と言う事もあり高校生で駅はごった返しておりましたが、その合間をついてこのように写真を撮る事も出来ました。
高校の行先は山形方面が7割、新庄方面が3割ぐらいといった感じでしたね。

くどいようですが全体的にやはり傷みが激しいなぁという事につきますね…
とにかく歴史のある駅舎ですし、痛んでいる所は何とか改修などで済ませて頂き、一日も長くこの駅舎が姿を見せてくれる事を願ってなりません!!

駅名:神町(じんまち)

山形県東根市神町中央一丁目

無人駅、自動券売機、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり
JR東日本(東北) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |