FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR羽越本線・小砂川駅(こさがわ)

近年カプセル型の簡易駅舎(とはいえ有人駅(簡易委託))から、この駅舎に改築されました。窓口もあり、長椅子もあり、電光掲示板(簡易的な物)等がありコンパクトにまとまっています。
2010年5月・ 148

駅舎の内部はこんな感じです。右側に長椅子があり幅1、5mくらいと言ったところでしょうか。
2010年5月・ 158

ホーム構造は相対式二面二線でそれぞれのホームを跨線橋で結んでおります。この待合室のあるホームはかつて島式ホームだったと思われる線路跡がありましたが、草がビッシリ生えていたので良く見ないとわからないかもしれません。
2010年5月・ 170

鳥海山を眺める事が出来ますし、海岸までは歩いてそれほどでもないので海と山の景色を眺める事が出来ますし、ブルートレインや特急列車、貨物列車など景色を眺めるには贅沢な駅と俺は思いました。
2010年5月・ 165

JR東日本仕様で照明のない駅名表です。
2010年5月・ 169

写真では窓口のシャッターが降りてしまって無人駅のように見えますが、海を眺めに行く前に酒田までの切符を購入する事が出来ました。
窓口のおじさんは切符を売りつつ、鳥海山などの観光ガイドをやっているそうです。おじさんがガイドに行っている時は家族の人に窓口で切符を売るのを頼んでいるそうです。
とても気さくな方で、10分も歩けば海までたどり着く事が出来ると丁寧に教えてくれました!

東北地方でも合理化の影響で田舎の小駅がどんどん無人化され、古い木造駅舎もコンパクトな待合室のような駅舎に改築されとても歯がゆい思いをしておりましたが、改築されたとはいえ窓口も残り、利用者は都会のそれと比べたら比べ物にならないかもしれません!でも、こういった人と人とのふれあいっていうのは日々忙しく生活を送っている人にしてみれば、とても新鮮で心温まる物でしたね!

この駅と上浜駅の二駅を訪れ、両駅の感じのよい委託駅員のおじさんに心のトゲを一杯抜いてもらう事が出来ました(^O^)

また心身ともにくたびれた時に足を運んで、景色や駅舎、人と人との触れ合いでリフレッシュ出来たらなと思いましたし、心温まる環境が一日も長く続いてほしいと心から思いましたね!

駅名:小砂川駅(こさがわ)

住所:秋田県にかほ市象潟町小砂川

簡易委託駅、トイレあり

スポンサーサイト



JR東日本(東北) | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |