FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR長崎本線・肥前七浦駅(ひぜんななうら)

シンプルながらも重厚さを醸し出していて、とても良い雰囲気の木造駅舎です。驚いたのが「駅舎の状態の良さ」です!
2010年8月21日・長崎~佐賀旅行 007

無人駅ですが、窓口等が板で覆われることなく、なおかつ利用者や駅舎を訪れる人たちの為に窓口側にあった窓などを撤去し、開放しております(^O^)
2010年8月21日・長崎~佐賀旅行 009

ホームへの出入り口を撮った写真ですが、手入れの行き届いた地元の人々の愛されているんだなあと実感する事の出来る雰囲気がこの駅にはあります。
2010年8月21日・長崎~佐賀旅行 008

駅舎出入り口部分方面を撮ったものです。飾り物や写真等が数多く飾られております。
2010年8月21日・長崎~佐賀旅行 024

駅員さんがいたころの当時そのままの状態が保たれております。若いなぁ~宮崎美子さん(^_^;)
2010年8月21日・長崎~佐賀旅行 011

昭和55年10月の時刻表がそのままの状態で張り付けてあります。
2010年8月21日・長崎~佐賀旅行 014

ホームは相対式二面二線でそれぞれのホームを跨線橋が結んでいる。写真は肥前鹿島方面を撮ったものです。
2010年8月21日・長崎~佐賀旅行 022

同じくホームからの写真で、こちらは諫早方面を撮ったものです。
2010年8月21日・長崎~佐賀旅行 021

肥前長野駅と順番が逆になってしまいましたが、8月21日朝にこの肥前長野駅でLMさんと友人のKさんの二人と合流し、ほぼ一日行動を共にしました。
この肥前七浦駅も九州へ行った際は必ず足を運びたい駅舎だったことから、LMさん達とお会いする際の待ち合わせ駅となった訳です。

このブログの前に紹介をした肥前長野駅の痛みはとても激しく痛々しかったのですが、この肥前七浦駅はシンプルながらも重厚さも感じ取る事の出来、しかも駅舎の状態がとても良い素晴らしい木造駅舎でした!!

それだけでも満足できるものなんですが、ネットなどで調べてきたとはいえ、実際に待合室(ギャラリー)として解放されている駅事務所を目にした時は「この駅に来てよかった~!!」ととても嬉し気もちになりましたね!!

駅事務室内も駅員さんがいたころの状態がそのまま残されていて、ひときわ目を引いたのが昭和55年10月の時刻表がそのままの張り付けた状態で残っていて、しばらく見入ってしまいましたね!

なお、この肥前七浦駅は道の駅鹿島で開催される鹿島ガタリンピックの最寄駅なので、開催日には特急列車も一分停車する事を教えてもらいました!

色々な角度から駅舎を眺めたり、事務室内をくまなく見回りながら一休みしのんびり過ごす事も出来る駅舎には、また足を運べればなと言う事と同時に、末永くこの良い状態を保ち木造駅舎が残ってほしいと思いましたね!!
駅舎も気に入った駅舎ですが、ガタリンピックにも興味があるなぁ…(^_^;)

駅名:肥前七浦駅(ひぜんななうら)

住所:佐賀県鹿島市音成

無人駅
スポンサーサイト



JR九州 | コメント:0 | トラックバック:0 |

JR筑肥線・肥前長野駅(ひぜんながの)

全体的に痛みが激しく、見ていて辛くなりましたが「この木造駅舎」があるうちに来れて良かったぁ(^O^)
LMさんとKさん本当にありがとうございました!!
2010年8月21日・長崎~佐賀旅行 041

入り口部分をアップしたものです。駅舎内にある椅子は使い古しのソファーになっています(^_^;)
2010年8月21日・長崎~佐賀旅行 042

窓口跡の写真です。板で覆われることなくそのままの状態ですので、無人駅になって使われなくなったとはいえ、いい味出してくれています♪
2010年8月21日・長崎~佐賀旅行 043

ホーム側の写真です。傷みの激しい木製のベンチに座れば、一面に広がる田んぼや遠くの山々などをのんびり眺める事が出来そうですが、傷みが激しいという事を頭に入れて座る必要があります。
2010年8月21日・長崎~佐賀旅行 044

駅舎の裏側には、以前使われていた井戸があります。現在はおそらく使えない事でしょうし、傷みも激しいので触れたりしない方が良いでしょう。それにしても駅舎の痛みの激しさはこの面からみると「痛感」させられます…
2010年8月21日・長崎~佐賀旅行 046

ホームは片面ホーム一面一線で、駅舎とホームとは構内踏切で結んでおります。それにしても周りの田んぼの緑が綺麗な事!癒されますが、訪れた日は撮っても猛暑(T_T)でのんびりするどころではありませんでした…
2010年8月21日・長崎~佐賀旅行 048

九州へ旅行をする際にこの駅だけは行きたいと思っていた中の一駅が、この肥前長野駅です。
この日行動を共にする事の出来たLMさんのブログ「LM徒然草 ~駅のある風景~」で肥前長野駅を紹介しているのを目にして、雰囲気の良い木造駅舎がありますがそれと同時に傷みが激しくいつまでもつかわからないなと思い、LMさんにリクエストしまして、8月21日に訪問する事が出来ました!

駅舎を目にした時はこの駅に来てよかったぁ!!と感動しましたね!
と同時に傷みが激しく痛々しい眺めに何だか感慨深い思いが頭を過りましたね…

駅の看板が無ければ、見た目は廃校になった小学校のような雰囲気でした。駅前の広場が何となく校庭のように見えました。

駅の表側はかなり痛みはあるものの、「修繕すれば何とかなるんじゃないのか?」って思えるくらいでしたが、駅舎の裏側(駅ホーム側)を覗いてみると、これは修繕では厳しいなぁ…と思うほど傷みが激しかったのがとても印象に残っています。

傷みが激しく先行きがとても気になる駅舎ですが、ホーム側軒下にあるベンチ(このベンチも老朽化が激しいので注意が必要だと思います)にゆっくり腰をおろし弁当や飲み物等を口にしながら、田圃を渡る風や遠くに見える山々を眺めながらのんびりと頭をからっぽにするのも俺はアリだと思いますよ!

無意味なようで贅沢な時間!俺が近所に住んでいたらボーっと過ごしたいなぁ(^_^;)

とにもかくにも一日も長くこの駅舎の姿がありますようにと思いますが、先行きがとても心配だなぁ…

駅名:肥前長野駅(ひぜんながの)

住所:佐賀県伊万里市大川町大川野

無人駅、駅前商店にジュースの自販機あり
JR九州 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |