FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR日豊本線・宗太郎駅(そうたろう)

2012年8月30日にようやく念願かなって宗太郎駅を訪問する事ができました!!
2012年8月~9月九州旅行 075

この駅に停車する列車は上り3本、下り3本の列車のみ。暫く停車していたので降りてきた二人です。発車前に列車へと乗り込んでいきました。
2012年8月~9月九州旅行 078

JR九州仕様の駅名表です。やっとこの駅名表を直に見ることができました!!
2012年8月~9月九州旅行 079

古いトイレの壁には時刻表が掲示されておりました。
2012年8月~9月九州旅行 081

ホーム構造は相対式二面二線で、それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。
2012年8月~9月九州旅行 082

かつてはこの場所に駅舎があった証しとなる基礎があります。古いラッチはそのまま残り切符入れが備えられておりました。公衆電話もありました。auですがここは圏外でした…
2012年8月~9月九州旅行 085

井戸水?水場です。あ、蛇口ひねっておけばよかったなぁ…
2012年8月~9月九州旅行 087

駅から周辺集落を撮った写真です。駅からちょっと歩いたところに国道10号が通っております。
2012年8月~9月九州旅行 089

駅舎訪問を始めてからかれこれ13年ちょい経ちますが、いつかは宗太郎駅に行ってみたいと思い続けてきました。
2012年8月30日にようやく足を運ぶことができました。
ブログに掲載するのが一年以上もたってしまい申し訳ございませんでしたが、到着した瞬間は嬉しい気持ちで感無量になりましたね!
まだ全駅訪問をしたわけではないので、俺の駅舎の旅はまだまだ続きます。一度行った駅でも、何年か経ってから訪問すると趣が変わっていたりしますから、駅舎訪問って奥が深いと思いますよ。

さて、宗太郎駅の駅周辺は集落が形成されていた事もあり、自分が思っていたよりも人の気配があるなと思いましたね。中には空家もありましたが、人の住んでいる民家もそれなりにあるのを遠目からですが確認することができました。
国道10号沿いにあったドライブイン(商店?)はさすがに店を閉めてから久しいようでしたが…

ホーム構造は相対式二面二線で、駅舎のあった側の反対ホームには、庇のあるベンチに駅ノートが設置されておりました。

国道10号の交通量も少ないため、帰りの列車が来る約一時間の間、宗太郎駅の雰囲気を十分すぎるほど満喫して延岡へと戻ることができました。

駅名:宗太郎(そうたろう)

住所:大分県佐伯市宇目大字重岡

無人駅、公衆電話、トイレ有
スポンサーサイト



JR九州 | コメント:0 | トラックバック:0 |

JR小海線・信濃川上駅

駅舎はトタン屋根の木造平屋建てで、横幅がとても広いものです。ちょうど宿かな?送迎の方がやってきていました。
IMG_8224.jpg

駅入り口脇にも木製のベンチが三つありました。
IMG_8227.jpg

駅舎内には、金網の中にストーブが設置されており、木造の長椅子の上には布が敷いてありました。
IMG_8228.jpg

簡易委託ではありますが、駅職員がいます。あ、この駅はJR東日本のCMで吉永小百合さんがこの駅を舞台に撮影が行われた駅でしたね。
IMG_8244.jpg

ホームから駅舎を望む。駅舎とホームとは構内踏切で結ばれております。
IMG_8232.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線です。ホーム幅は結構狭いですね…注意が必要です。
IMG_8231.jpg

中央の手すりを境に、階段部分と坂の部分とでわかれております。
IMG_8233.jpg

以前はホーム上に屋根はありませんでしたが、近年屋根が設置されたようです。あるとないとでは大違いですからね。
IMG_8235.jpg

確かこのあたりに吉永小百合さんの立っていた足跡がありました。
IMG_8238.jpg

駅名表は小海線仕様のものです。
IMG_8236.jpg

レタスの産地として有名な川上村の中心地にある信濃川上駅です。

駅前は営業をやめてから久しい土産物店などがありますが、訪問日は7月下旬の日曜だった事もあり、ハイカーで賑わいを見せておりました。

駅舎内には金網の中にストーブが設置されており、冬はとても冷え込む場所なんだとわかりますね。

木製の長椅子には布が敷かれており、委託の駅員さんがいるとはいえ、大事に利用されていて、とても温かい気持ちにさせられました。

ホーム構造は島式ホーム一面二線で、近年ホーム上に屋根が設置されました。駅舎からホームへは構内踏切で結ばれております。

今回は車での訪問となりましたが、次は小海線で訪問したいなと思いました。

駅名:信濃川上(しなのかわかみ)

住所:長野県南佐久郡川上村御所平

簡易委託駅、公衆電話、郵便ポスト、トイレ有


JR東日本(甲信越) | コメント:2 | トラックバック:0 |

JR小海線・佐久海ノ口駅

2012年12月に改築された駅舎で、窓口機能はありませんが、待合室部分はとても広くとられております。
IMG_8211.jpg

椅子は長椅子ではなく木製の独立したベンチです。
IMG_8212.jpg

ホームから小淵沢、清里方面を望む。
IMG_8213.jpg

ホームから駅舎を望む。
IMG_8214.jpg

駅舎の反対側ホームにある待合室です。
IMG_8215.jpg

清潔感があり、手入れの行き届いた室内には、座布団が敷かれておりました。
IMG_8216.jpg

駅名表です。小海線の駅名表はこんな感じになってますね。
IMG_8222.jpg

名所案内です。温泉があるんですね!次に来た時に行ってみたいと思います。
IMG_8218.jpg

改築前の駅舎にあった木製の駅名表が継承されておりました。
IMG_8223.jpg

数年前の駅舎改築前に訪問したことがありました。駅舎が改築されたということを小耳にはさんでから、どうにかして訪問してみたいなと思っていたところ、7月下旬に訪問することができました。

無人駅なので窓口機能がないのは致し方ないところですが、単なる簡易駅舎というものではなく、瓦屋根で木造のしっかりとしたものだったのでホッとしましたね。

待合室はかなり広くとられていて、長椅子ではないものの木造のベンチが設置されておりました。

ホーム構造は相対式二面二線で、構内踏切を渡っていくことになります。

駅舎反対側ホームにもしっかりとした待合室があり、待合室の中には座布団が敷かれていて、周辺住民の方々にとても大事にされている駅なんだなと実感することができましたね。

駅から徒歩10分位の所に海ノ口温泉があるということなので、次に訪問した時に足を運んでみようと思い、駅から離れていきました。

駅名:佐久海ノ口(さくうみのくち)

住所:長野県南佐久郡南牧村海ノ口

無人駅、郵便ポストあり

JR東日本(甲信越) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |