ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

突然の別れ…

今日仕事中におふくろから電話があり、親戚の叔父さんが亡くなったとのことでした…

ガキの頃からとても世話になっていた叔父さんだったので、ビックリというか…信じられませんでした…

明日から二日間、愛知の豊橋へ行ってきます。

それにしても…元気に過ごしていると思っていたんですが…
スポンサーサイト
挨拶 | コメント:0 | トラックバック:0 |

JR富良野線・千代ヶ岡駅

改築され、とてもシンプルな駅舎となっております。
IMG_001a.jpg

駅舎内は無人駅で窓口や自動券売機などはなく、プラの丸椅子が12個設置されておりました。
IMG_003a.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、反対ホームとは構内踏切で結ばれております。
美瑛方面を望む。
IMG_005a.jpg

旭川方面を望む。駅前には国道が走っていて、反対側には宅地が多く見えます。
IMG_007a.jpg

上の写真から少し美瑛方面に下がり、駅舎が見える状態で撮ったものです。
IMG_010a.jpg

JR北海道仕様の駅名表です。
IMG_009a.jpg

ホーム側から駅舎を撮ったものです。
IMG_008a.jpg

八月下旬に北海道旅行へ出かけた際、旭川空港からレンタカーで15分ぐらい走らせた所に千代ヶ岡駅がありました。
一呼吸がてら立ち寄る事にして、写真を撮ったものです。
駅前を国道が通っていて、反対側には住宅地があり、決して静かな感じではありませんが、そんな中でも長閑な雰囲気を醸し出しておりました。
駅から少し離れた所のセイコーマートで買い物をして、旅行初日の目的地である富良野・美瑛方面に向かいました。

駅名:千代ヶ岡駅(ちよがおか)

住所:北海道旭川市西神楽1線24号

無人駅、トイレ有
JR北海道 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ノシャップ岬の夕陽

夕陽を見にノシャップ岬までレンタカーでやって来ました!
IMG_0175.jpg

到着した時刻は午後六時で、日の入りまで15分ちょいでした。
IMG_0177.jpg

海の水平線に陽が沈もうとしております。
IMG_0189.jpg

日の入りまであと僅か!
IMG_0200.jpg

あっという間に陽が沈みました。日の入り直後なので向こうの空はまだ明るいです。
IMG_0201.jpg

過去に何度か稚内には来た事があったんですが、稚内で一泊するのは今回の旅行が初めてでしたので、ようやくノシャップ岬の夕陽を見る事ができました!

八月下旬のこの時期の日の入り時刻は18時15分頃なので、18時ちょっと前に到着すればいいかなと思い足を運んだら、既にかなりの方がスタンバイしておりました!

モタモタしていると夕日を眺める場所がなくなってしまうので、早速場所取りをしてその時を待ちました。
日の入りの瞬間には周囲の方々から「おっ~」と言った歓声が上がりましたね!

日の入り後、10分もしないうちに先ほどまで沢山いた方があっという間にほぼいなくなってしまいました…
うちらが車で帰ろうとした頃には、すっかり暗くなっておりました。
滅多に来ることができない場所で、のんびりと夕陽を眺める事が出来て本当に幸せな気持ちになりましたね!


旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

犬吠埼灯台と銚子電鉄・外川駅

犬吠埼灯台に足を運んだのは10年ぶり二回目になります。
IMG_9449.jpg

晴天だった事もあり、灯台の上からの眺めは最高ですね!
IMG_9452.jpg

砂浜よりさらに先に見える銚子の市街地も良く見渡せました。
IMG_9453.jpg

犬吠埼灯台から車でおよそ15分の所にあるのが銚子電鉄の終着駅・外川駅です。昔ながらの趣ある木造駅舎です。
IMG_9458.jpg

駅舎内部の様子です。駅員さんもいますので、窓口も現役です。右側に見えるショーケースには販売しているグッズも展示されていました。
IMG_9459.jpg

こちらも事後になってしまいましたが、今年の7月中旬に茨城にいる親父の所へ帰省した時に、銚子方面へ足を運びました。
稲敷郡から1時間ちょいで着くかと思ったんですが、実際には1時間半くらいかかりましたね。ちょっと距離感を勘違いし、ナメてた所もありました…(汗

犬吠埼灯台も外川駅も10年前に訪れた時と比べても、ほとんど変わらず良い雰囲気を醸し出しておりました。

旅行 | コメント:0 | トラックバック:0 |

JR上越線・塩沢駅

平成24年10月に改築され、宿場町の街並みとマッチした駅舎に生まれ変わりました。木造のように見えますが、近づいて柱などをご覧頂けばわかりますが、なんと鉄骨造なんです!
IMG_8203.jpg

狭からず広からずといった感じの待合室です。椅子の数もこれ位で丁度良いような感じがしました。
IMG_8207.jpg

自動券売機が一台設置されております。
IMG_8208.jpg

窓口や改札はこんな感じです。右側に待合室があります。
IMG_8209.jpg

三国街道・塩沢宿の街並みです。
IMG_8204.jpg

こちらも昨年の6月末に初めての車中泊を新潟で行った帰り際に塩沢宿に立ち寄った時に塩沢駅を訪問したものです。
リニューアルされた駅舎を一目見ながら、綺麗に整備された宿場町を街歩きしながら一休みし、関越自動車道に乗って帰路に着きました。

駅名:塩沢駅(しおざわ)

住所:新潟県南魚沼市塩沢

業務委託駅、自動券売機、公衆電話、トイレあり
JR東日本(甲信越) | コメント:0 | トラックバック:0 |

JR久留里線・上総亀山駅

民家風の木造駅舎です。すぐ横に新設されたトイレがあります。
IMG_8618.jpg

2012年3月に無人化されてしまい、窓口にはシャッターが下ろされ、すっかり寂れてしまっています。
IMG_8619.jpg

レールはすぐ先で途切れてしまっています。終着駅です。
IMG_8625.jpg

木更津・久留里方面を望む。ホーム構造は片面ホーム一面一線で、ホーム幅はかなり狭めですね。
IMG_8626.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。このこじんまり感が周囲の雰囲気とマッチしてますね。
IMG_8628.jpg

古い話で申し訳ないですが、昨年9月中旬に房総半島へ車中泊に行ったときに上総亀山駅を訪問したものです。
まだ駅員がいた頃に列車で訪問した事がありましたが、2012年3月に無人化されてしまってから、もう一度足を運んでみたいと思い、足を運ぶことができました。

駅周辺は店が閉店していたりと、とても寂れてしまっていますが、この駅から徒歩圏内で亀山湖や亀山温泉に足を運ぶことができます。ハイキングがてらと言う事で周囲の雰囲気を楽しみながら行ってみるのも良いんじゃないかなと俺は思います。

駅名:上総亀山駅(かずさかめやま)

住所:千葉県君津市藤林

無人駅、公衆電話、トイレ(駅舎隣)あり




JR東日本(関東) | コメント:0 | トラックバック:0 |

JR富良野線・美馬牛駅(びばうし)

コンパクトながら、赤屋根で車寄せにかわいらしいアクセサリーが良い感じの木造駅舎です。
IMG_0104.jpg

ホームから駅舎を撮ったものですが、普段は無人駅なんですがノロッコ号の運転日だったこともあり、駅員さんが出張で来られていました。
IMG_0106.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、反対ホームへは構内踏切を渡って向かいます。ご覧のとおり互い違いの造りになっていますね。美瑛方面を望む。
IMG_0105.jpg

JR北海道の駅名表です。
IMG_0108.jpg

上富良野方面を望む。
IMG_0107.jpg

美瑛の丘巡りをしてから旭川へ戻る途中に美馬牛駅を訪問する事が出来ました。以前列車で何度か通過した事はありましたが訪問した事は無かったんですよね。
コンパクトながらも車寄せの飾りつけもあるのでしょうけど、全体的にかわいらしい駅舎です。訪問した日はノロッコ号の運転日だったこともあり、駅舎内には臨時の駅員さんがいらっしゃいました。
駅舎内にトイレはありますが、駅前にも綺麗なトイレがありましたので、用を足すならこちらを利用した方が良いのかなとも思いました。

駅名:美馬牛駅(びばうし)

住所:北海道上川郡美瑛町美馬牛

無人駅、トイレ有


JR北海道 | コメント:0 | トラックバック:0 |

JR宗谷本線・抜海駅

念願かなってようやく「最北端の無人駅・抜海」にやって来ました!!
IMG_0242.jpg

駅前はこんな感じです。民家はありますが廃屋が目立ちましたね…
IMG_0240.jpg

駅舎内はこんな感じです。老朽化は否めませんが、手入れが行き届いているように思えます。
IMG_0221.jpg

駅ノートが設置されています。他には壁にドラマの撮影に使われた時の写真等が展示されていました。
IMG_0225.jpg

停車する列車は一日五往復。こちらにもSLの写真などが展示されておりました。
IMG_0241.jpg

雪かき用のスコップが置いてありましたが、この辺りの雪には対応できるのでしょうか。
IMG_0224.jpg

駅舎内からいきなりホームに出るのではなく、ワンクッション(一部屋)おいてからホームに出るのは寒さを和らげる事を考えての構造なんでしょうね。
IMG_0223.jpg

ホーム側から駅舎を撮ったものですが、綺麗に並んでいたプランターの花が咲き乱れていて、とても印象的でした!
IMG_0232.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、反対側のホームへは構内踏切で渡って行く事になります。
IMG_0226.jpg

今年の八月下旬に取った夏休みに道北方面へ旅行をした時、稚内へ足を運んだ時、ようやく念願かなって抜海駅を訪問する事が出来ました!
雲一つない晴天で、とても空気が清々しかったです!

二か月半ぶりのブログ更新となってしまい、なかなかブログを更新する事が出来ず申し訳ございませんでした…

駅名:抜海駅(ばっかい)

住所:北海道稚内市抜海村クトネベツ

無人駅

JR北海道 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |