ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR根室本線・布部駅(ぬのべ)

緑色のトタン屋根の古い木造駅舎です。(2014年8月撮影)
nunobe01.jpg

倉本聰さん脚本のドラマ「北の国から」の第一話で出てきた駅です。
大木の前の木の看板には「北の国 此処に始まる 倉本聰」と書いてあります。
(2014年8月撮影)
nunobe02.jpg

北の国からの第一話の時には有人駅でしたが、現在は無人駅となっております。(2014年8月撮影)
nunobe03.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。緑色のトタン屋根がとても見栄えがします。
駅舎側の線路は錆び付いていて使われていないようです。(2014年8月撮影)
nunobe04.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線ですが、片面が使われていないようなので、
実質は一面一線となっております。山部方面を望む。(2014年8月撮影)
nunobe05.jpg

富良野方面を望む。(2014年8月撮影)
nunobe06.jpg

駅舎を出た所からホームを撮ったものです。
とても長閑な雰囲気の中に駅があるのがわかります。(2014年8月撮影)
nunobe07.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今まで長くブログを続けてきましたが、初めて一ヶ月欠かさずブログを更新する事が出来ました。
継続は力なりで、続けて行けば何か変わるかなとやって来ましたが、
今まで以上に色々な方に足を運んで頂き、目を通してもらえるようになり感謝の気持ちで一杯です。
こんな感じのブログで良ければ、まだまだ続けて行こうと思いますので宜しくお願い致します。

早い物で今日で八月が終わろうとしております。夏休みも今日で終わりですね。
海の家の営業も今日までではないかと思います。
暑さもそろそろ終わりなのかと思いきや、そうはいかないようで昼間はまだまだ暑いですね。
夕方ごろからようやく涼しくなってきたなぁと思えるようになってきたので、
ここで秋が近付いてきていると実感できるようになりました。

とても強い勢力の台風10号も各地に甚大な被害をもたらしてしまいました…
被害で亡くなられてしまった方には心よりご冥福をお祈りいたします。
被害に遭われてしまった方々に心よりお見舞い申し上げます。
北海道に台風が三つも上陸するなんて、やはり温暖化の影響なのでしょうかね…

さて、こんな中北海道の駅を取り上げるのもどうかと考えたのですが、
あえて根室本線の布部駅を取り上げる事にしました。
大ヒットドラマ「北の国から」の第一話で出てきた駅なのは、ご存知の方もいらっしゃると思います。
ここから麓郷と言う地区までは歩いて行けない事は無いですが、軽く一時間はかかる距離だと思います。
10年位前に実際に歩いていたんですが、
途中で優しい方に富良野の駅まで乗せて頂いたことを思い出しました。

駅を撮影した後に、麓郷地区にある「拾ってきた家」に足を運びました。

駅名:布部駅(ぬのべ)

住所:北海道富良野市布部市街地

無人駅、トイレあり


スポンサーサイト
JR北海道 | コメント:0 |

JR高山本線・飛騨国府駅(ひだこくふ)

赤いトタン屋根の古い木造駅舎です。(2013年10月撮影)
hidakokuhu01.jpg

駅舎出入り口をアップで撮ったものです。(2013年10月撮影)
h-kokuhu03.jpg

駅は無人化され、窓口は板で覆われてしまっています。(2013年10月撮影)
h-kokuhu02.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、駅舎反対側のホームにも待合室があります。
それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。(2013年10月撮影)
h-kokuhu04.jpg

上枝方面を望む。(2013年10月撮影)
h-kokuhu05.jpg

駅前には駐輪場や多機能トイレ等があり、周囲は住宅地になっております。(2013年10月撮影)
h-kokuhu06.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
非常に強い勢力を保っている台風10号は今現在東北や北海道方面で猛威を振るっております。
山間部の道がだいぶ寸断されてしまい、孤立してしまっている所も多数出ているようなので、
とても心配です。まだまだ山崩れや土石流などの心配も絶えないですが、
これ以上被害が出ない事を願うばかりです。
こういう時はテレビやラジオもNHKで情報収集して、安全な場所で状況を見守るしかないですね。
関東地方(東京都)は午前中と午後3時ぐらいに大雨が降りましたが、風もそれほど強くなく、
被害らしい被害は出る事はありませんでした。

さて、今日は少々古いですが2013年10月に飛騨高山や白川郷へ旅行に行った時に、
なぜか飛騨国府駅だけ写真に収めておりましたので紹介させて頂きます。
ご覧の通り古い木造駅舎で、駅員がいそうな雰囲気の駅舎でしたが、
残念ながら窓口は板で覆われ無人化されていました。訪れたのが日曜の早朝だった事もあり、
ほとんど人気が無く、周囲の住宅地も静まり返っていました。

駅名:飛騨国府駅(ひだこくふ)

住所:岐阜県高山市国府町広瀬町

無人駅、公衆電話、郵便ポスト、トイレ(駅前)あり

JR東海 | コメント:2 |

JR常磐線・湯本駅(ゆもと)

典型的な国鉄の主要駅の鉄筋横長二階建て仕様の駅舎です。
2015年3月にリニューアルされて観光地仕様っぽく仕上げられてます。
yumoto01.jpg

みどりの窓口もあり、自動券売機も3台設置されております。
yumoto02.jpg

奥にあるのはNEWDAYSで、二階にあるのが「湯本美食ホテル」となっていて、
いわきのお土産などが売られております。
yumoto03.jpg

いわき方面の一番線ホームに足湯が新設されました。
yumoto04.jpg

一番ホームにトイレも設置されております。
yumoto05.jpg

ホーム構造は駅舎側一面一線と島式ホーム一面二線の二面三線構造となっております。
それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。内郷方面を望む。
yumoto06.jpg

泉方面を望む。
yumoto07.jpg

柱に設置されている手作り駅名表です。
yumoto08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
早い物で気が付けばあと二日で八月が終わろうとしております。
台風の進路にビクつきながら仕事を進めておりましたが、どうやら関東に直撃する事はなさそうですが、
東北方面に向かっているとの事で、やはり動向が気になるところであります。
家に帰ってきてから異様に喉が渇き、麦茶やらコーヒーなどをガンガン飲んでしまっております。
飲み過ぎは良くないんですけどね。程々にしなくてはいけませんね。

さて、今日は今年三月に訪問した常磐線の湯本駅を紹介したいと思います。
典型的な鉄筋二階建ての国鉄時代の駅舎でしたが、2015年3月に観光地仕様にリニューアルされ、
お土産物屋さんが出来たり、1番線に足湯が出来たりと、
駅の中で楽しんだり寛いだりする事が出来るようになりました。
駅から距離はありますが、スパハワイアンズの最寄り駅でもありますし、湯本温泉もありますし、
観光地として賑わってほしいですが、駅周辺のお店は空き店舗が目立ち、
震災時と比べれば回復してきたのでしょうが、まだまだ回復途上なのかなとも思いました。

この日は18きっぷで竜田や広野を訪問した後に立ち寄りましたから、
駅の近くにある公衆浴場で温泉に浸かった後、上野方面へと帰宅の途に就きました。

駅名:湯本駅(ゆもとえき)

住所:福島県いわき市常磐湯本町天王崎

直営駅、みどりの窓口、自動券売機3台、NEWDAYS、湯本美食ホテル(お土産販売等)、足湯(1番線)、
ジュースの自動販売機、公衆電話、トイレあり

JR東日本(東北) | コメント:0 |

JR相模線・相武台下駅前(そうぶだいした)

少し前まであった古い木造駅舎は姿を消し、洒落た感じの簡易駅舎に先月改築されました。



待合室は無く、屋根はありますが野ざらしのプラベンチが10脚あるだけです。



駅は無人化された代わりに自動券売機が一台設置されております。
橋本駅に集中管理されるという形をとっているようです。



この先の跨線橋を渡ってホームへと向かいます。右手にはトイレがあります。



ホーム構造は島式ホーム一面二線となっております。



こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日は朝から天気があまり良くなく、朝から霧雨が降っていて、
気温は低いですが湿度が高く不快な感じがしましたね。
夏休み明けの日曜でしたから、早起きできず、起きてからも体がだるく、
涼しさもあってか疲れがドッと出た感じですね。
とはいえ、一日家の中にいるのは退屈なので、相模原にある鎌倉ベーカリーへドライブがてら、
パンを買いに行き、気分転換を図りましたが、
家に帰ってきてから夕方までみっちり爆睡してしまいました。

さて、道中に相模線の相武台下駅が先月改築されたと言う事もあり、立ち寄ってみました。
駅前はロータリーではないんですが、バスが来る事もありとても広く、立ち寄った時も、
バスが二台もやってきていて、それなりに乗客の乗降があり、賑わいもありました。
なのに、今年の三月に無人化されてしまい、老朽化と言う事もあり、古い木造駅舎も改築されてしまいました。
駅舎前にある大木がそのまま残された事がせめてもの救いだと思います。
プラベンチが10脚ありますが、屋根があるとはいえ、締め切りのできる待合室が無いので、
雨風が強い時などは待ち時間を苦労しそうだなと思いましたね。

あと、ほぼ同時期に改築された下溝駅も立ち寄ろうと思ったんですが、車を止める所が無く、
断念し、お出かけパスなどで出かけた際に家からさほど遠くないので、立ち寄ろうと思いました。

相模線の合理化が急ピッチで進んでいる事を実感させられましたね。

駅名:相武台下駅(そうぶだいした)

住所:神奈川県相模原市南区新戸

無人駅、自動券売機一台、ジュースの自動販売機、公衆電話、トイレあり

JR東日本(関東) | コメント:0 |

JR豊肥本線・阿蘇駅(あそ)

近年黒塗りされ、ウエスタン風に改築されました。
駅舎と産交バスの営業所と飲食店が同居していて、とても横長な構造となっております。
aso01.jpg

ウエスタン調なんですが、一部の屋根は瓦屋根となっております。
aso02.jpg

産交バスの阿蘇営業所です。コーラの自販機もご覧の通りです。
aso03.jpg

ロータリーが整備されております。少し歩いた所に「阿蘇坊中温泉・夢の湯」があります。
阿蘇山の玄関口になりますが、現在は阿蘇山や草千里方面へは熊本地震の影響で通行止めとなっております。
aso04.jpg

駅舎内には観光案内所や飲食店があります。鉄道利用者は阿蘇駅もまばらでしたが、
飲食店を利用する人は訪問時は14時くらいでしたが、かなり賑わってましたね。
aso05.jpg

窓口もありますが、みどりの窓口は無く、窓口脇に自動券売機が一台設置されております。
aso06.jpg

公衆電話もウエスタン調です。ここで昼飯を食べようかなとも思ったんですが、
訳あって辞めました。
aso08.jpg

と言うのは、駅のすぐ横に「道の駅・阿蘇」があったからです。
安くて美味しいお弁当や阿蘇のあか牛を使ったハンバーガーや、
地元の牧場の牛乳を使ったソフトクリームなどを食べる事が出来ます。
aso07.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
ようやく長い一週間が終わりました…風呂に入る前に気が付いたら床で寝てました…
慌てて風呂に入りましたが、今も猛烈な眠気と戦っております。
早めに寝るも何も、この調子なら布団で横になったらバタンキューになると思います。

台風10号の動きから目が離せなくなってきて、もはや予断を許さない状況になってますね。
会社でも今日は台風対策で色々な物を取り外したり、標識などを撤去したりしましたね。
明日のうちに台風対策をしておいたほうが良いと思いますね。

さて、今日は阿蘇駅を紹介したいと思います。
近年黒塗りにされ、ウエスタン調で飲食店やバスの営業所などがあるので、
とても横長な駅舎となっております。
宮地駅同様に災害で分断されてしまっているので、鉄道利用者はまばらでした。
しかし、飲食店を覗いてみると14時頃だったのにもかかわらず、かなりの賑わいを見せておりました。
それもあったのですが、駅舎の右側に道の駅阿蘇があり、安くて美味しい物が沢山食べられる事もあり、
昼食は道の駅阿蘇で食べる事にしました。
阿蘇山への玄関口でもある阿蘇駅ですが、阿蘇山に通じる道が災害で被害を受けてしまっていて、
向かえない事もあり、もっとひっそりとしていると思ったんですが、駅にある飲食店の賑わいが、
なんだか嬉しくなってしまいました。

駅名:阿蘇駅(あそ)

住所:熊本県阿蘇市黒川

業務委託駅、自動券売機、飲食店、観光案内所、駅レンタカー、産交バス営業所
コインロッカー、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり


JR九州 | コメント:0 |

JR豊肥本線・宮地駅(みやじ)

駅から徒歩10~15分程度の場所にある阿蘇神社に因んだ駅舎の造りになっております。
miyaji01.jpg

駅舎出入り口にしめ縄もあります。出入り口のしめ縄は出雲横田駅でも見ました。
miyaji04.jpg

自動券売機が一台ありますが、災害の影響で販売中止になっておりました。
直営駅ですが、みどりの窓口は設置されていないようです。
2016年8月現在は阿蘇駅方面は九州横断特急(宮地から阿蘇までは快速運転)のみの運転となっております。
その為、肥後大津方面へは平日のみですが代行バスが出ております。
大分方面へは一日五往復といつも通りの運転となっております。
miyaji02.jpg

待合スペースはとても広く取られていて、椅子やテーブルなども充実していて、一息つくのにはもってこいですね。
奥の方には豊肥本線災害復旧資料館があります。
miyaji03.jpg

ショーケースの中には豪雨によりトンネルの中を鉄砲水が流れ、
押し出されとぐろを巻いて出てきたレールが展示されてます。
miyaji06.jpg

阿蘇神社への最寄り駅と言う事もあり、コインロッカーも設置されております。
miyaji07.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線で、構内踏切を渡ってホームに向かう事になります。
miyaji05.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今週は台風9号の関東上陸から始まり、蒸し暑い一週間でしたね。
あ、俺はまだあと一日残ってました。明日も仕事です。
来週も台風10号が関東に来るとか来ないとか迷走しており、とても心配でなりません。

さて、熊本へ帰省した時に観光がてらに宮地駅と阿蘇駅を訪問する事が出来ました。
今日は宮地駅を紹介したいと思います。
阿蘇神社の最寄り駅ということもあり、神社の社に因んだ赤いトタン屋根がとても映える駅舎となっております。
熊本地震の影響で、肥後大津駅方面が寸断されてしまっているので、
人影もまばらなのは仕方がない所でしょうね。
1990年と2012年、そして今年と豊肥本線も数多くの災害に見舞われてしまい、
また一日も早く復旧してほしいと願う事になるとは、本当に辛いですね…

再び帰省する際には、熊本各地の復旧を見守っていきたいと思います。

駅名:宮地駅(みやじ)

住所:熊本県阿蘇市一の宮町宮地

直営駅、自動券売機一台、コインロッカー、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり

JR九州 | コメント:0 |

JR水戸線・岩瀬駅(いわせ)

岩瀬駅の入り口をアップして撮ったものです。
iwase01.jpg

駅舎全体を撮ったものです。二階建ての造りになってますが、待合スペースは天井が高くなっているだけです。
駅舎右側の建物で以前は宿直などが行われていたのでしょうね。
iwase02.jpg

みどりの窓口あり、自動券売機も一台設置されております。
横に番号が振られてますから、以前は二台あったのでしょう。
iwase03.jpg

待合スペースには椅子が12脚設置されております。
iwase04.jpg

改札ラッチに変わりまして、Suicaのカードリーダーが二台あります。
iwase05.jpg

駅舎や駅前全景です。ロータリーも整備されております。
iwase06.jpg

ホーム構造は片面一面一線と島式一面二線の二面三線構造となっております。
羽黒方面を望む。
iwase07.jpg

駅舎入り口右側にありました「水戸線開業100周年記念碑」です。
iwase08.jpg

それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。大和方面を望む。
iwase09.jpg

蛍光灯が照らすタイプの駅名表です。
iwase10.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。何だか大きめの一軒家のように見えてしまうのは俺だけでしょうか。
iwase11.jpg

JRになってからこのタイプの電光式駅名表を見たのは久しぶりです。
iwase12.jpg

この表示板もいかにも国鉄時代からの物と言った感じでしょうか。
iwase13.jpg

この岩瀬駅はだいぶ昔になりますが、ここから土浦駅に向かう筑波鉄道と言う路線の始発駅となっておりました。
iwase14.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
ここしばらく不穏な動きをしていた台風10号が勢力を強めて、来週初め辺りに関東と言うか東日本方面に
やって来そうだとの事で、ああ…また来るのかと思うと頭が痛い所です。
今週初めの台風9号でも関東の水がめの貯水率はそれほど上がらず、油断できない状態との事です。
なかなか降ってほしい所には雨って降らないもんですね…

さて、今回の水戸線訪問で最後の訪問駅となってしまった岩瀬駅です。
もっと訪問駅を増やそうと思ったんですが、一日だけの休みで無茶をしたくなかったので、
今回はここで止めておきました。休日お出かけパスで小山駅から下館駅までは何時でも訪問できそうでしたので、
またの機会にすることにしました。
水戸線の駅舎もコンパクトで綺麗な駅舎にリニューアルされ始めた中、
大きくて存在感のある古い木造駅舎の岩瀬駅だけは外すことが出来ませんでした。
岩瀬駅から駅前通りを5分ぐらい歩いた所にあるセイコーマートで遅めの昼食を購入し、
駅の雰囲気をかみしめながら、飯もかみしめました(苦笑
駅舎も古かったのですが、電光式の駅名表をはじめ、
各種看板が国鉄時代からと思われる古く味のある物が多かったので、見ていて楽しかったですね。

駅名:岩瀬駅(いわせ)

住所:茨城県桜川市犬田

業務委託駅、みどりの窓口、自動券売機、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり


JR東日本(関東) | コメント:0 |

JR水戸線・玉戸駅(たまど)

駅の規模にしては立派なロータリーが形成されています。
肝心の駅は一見すると待合室のみの無人駅のように見えますが…
tamado01.jpg

別棟のトイレです。待合室と同じ造りになってます。
ですが、中はお世辞でも手入れが行き届いているとは言えませんでした。
tamado02.jpg

自動券売機こそありませんが、みどりの窓口があり、業務委託とはいえ有人駅なんです。
tamado03.jpg

ホームへとつながる通路ですが、屋根と言うか上屋のような雨除けは一切ございません。
tamado04.jpg

ホーム構造は片面ホーム一面一線です。川島方面を望む。
こうやって見るととても長閑な田園地帯の中にあります。
tamado05.jpg

ホーム上にも上屋は一切ございません。ホームが狭いというのもあるのでしょうか。
下館方面を望む。
tamado06.jpg

駅名表です。
tamado07.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
ほんと蒸し暑い一日でした。気温はそうでもなかったのですが、蒸し暑いので汗が止まりませんでした。
仕事の切れ間もなく、時には水分補給もままならない状態だったので、ほんと疲れました…

さて、夏休みの熊本への帰省で中断しておりました水戸線の駅舎訪問を再開しようと思います。
この玉戸駅は駅の規模にしてはロータリーが形成されていて、人の賑わいもとてもある駅でした。
駅から少し歩いた所にショッピングセンターがあり、ちょっとした時間を作れば、
スーパーでお弁当を買ったり、ファーストフードを食べたり出来るので、
こういう旅をしている時は重宝すると思います。
それなりに利用者がいる駅なのに、ホームへの通路やホーム上屋が無く、
雨が降った時は不便だろうなとも思いましたね。

駅名:玉戸駅(たまど)

住所:茨城県筑西市玉戸

業務委託駅、みどりの窓口、ジュースの自動販売機、公衆電話、トイレあり
徒歩2~3分の所に中規模のショッピングセンターがあり、ファーストフードや100円ショップもあります。
JR東日本(関東) | コメント:0 |

台風凄かったです。

日曜日夜の姫路駅。乗るはずの無かったサンライズ出雲・瀬戸号です。



シャワーカードは車掌さんが販売する形からミニロビー横の券売機で購入する形に変更されてました。



シャワーカードの券売機横にある自動販売機です。



こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
タイムリーではないのですが、昨日のお話になります。
本来なら昨日の午前中の飛行機で熊本から帰ってくる予定でしたが、
台風9号の影響により、一昨日昼ぐらいから予定変更を余儀なくされ、
昼の時点でサンライズ号の寝台券の残数を確認して、
十分な残数があったので帰るとき買えばいいやと思ったのが間違えでした。
帰る時に購入しようとしたら、シングルは瀬戸号に一席しかなく、途方に暮れていた所、
何と出雲号の方にシングルデラックスが一室残っていると言う事なので、迷わず取りました。
大出費にはなりましたが、何とか二枚確保し、こちらに戻ってくる事が出来ました。

結果的には一昨日夜の新幹線の中で帰りの飛行機の欠航が決まり、
戻ってきたら来たで、外は荒れ狂い、家の前を流れる小さな川も荒れ狂っていて、
雨が弱まった16時ぐらいまでは外に出る事が出来ませんでした。
首都圏の交通機関もかなりやられてしまい、やむなく一日前倒しで帰ってきてよかったんだなと思いました。

今回の帰省では寝台列車は全く頭になかったので、まさかサンライズ号で東京へ帰ってくるとは思いもよりませんでした。

挨拶 | コメント:2 |

文化ラーメン

JR豊肥本線・肥後大津駅から徒歩で10分もあれば来れます。
大津町役場の十字路を駅の方から左折して少し歩くと暖簾が見えます。



メニュー表です。値段もリーズナブルです。
量も多からず少なからずなので丁度良いと思います。大盛りにしても安いと思います。



こちらはスタンダードな文化ラーメン550円です。
癖が無く、口当たりの良い熊本ラーメンです。
とても食べやすいラーメンだと俺は思います。



ちゃんぽん(650円)がありました。以前来たときは無かったような気がします。



餃子も8個で350円です。もちもちしていてとても美味しいと思います。



近年は大体正月に熊本へ帰省していましたから、なかなか食べに来る事が出来ませんでしたが、
今年は色々とあり夏休みに帰省する事が出来ましたので、文化ラーメンを食べる事が出来ました。
奥まった場所にありますが、町役場の十字路を山側に入ってすぐに脇道があり、
脇道から一番上の写真の暖簾が見えれば到着です。
癖が無く、口当たりが良いのでお腹が許せばいくらでも食べられそうな熊本ラーメンです。
以前来たときは無かったと思うチャンポンがありましたので、食べたいと言う事なので頼みました。
少しもらいましたが、野菜たっぷりで肉もこんなに入っているんだと言うぐらい入っていたので、
美味しかったですし、満足です!

お店の方もとても気さくな方で、会計後にいつもガムを一枚付けてくれる等、
さり気ない心遣いがとても嬉しくなってしまいます。
正月だと食べる事が出来ませんが、それ以外の時期に訪問した際はまた足を運べればと思いました。

店名:文化ラーメン

住所:熊本県菊池郡大津町大字大津1091

営業時間:11:00~19:30 木曜日定休

ラーメン | コメント:0 |

阿蘇ファームランド






前々から宿泊したいと思っていたドームハウスのある阿蘇ファームランド。
無理を言って泊まる事が出来ました。
今回の震災でドームハウス以外の施設のダメージが酷く、宿泊もワンランク上のロイヤルという所は、まだ宿泊を再開していませんでした。
どうにかビレッジゾーンに宿泊できましたが、震災の被災者の仮設住宅も兼ねていて、大浴場に工事関係者も入浴に来ていたりと、震災の爪跡を間近で見る事になりました。

挨拶 | コメント:0 |

小田温泉の隠れ家♪






昨晩から一泊した「はなむら」で至福の一時を過ごす事が出来ました!
部屋に源泉かけ流しのお風呂があるって最高です。
日頃の疲れを癒すのには十分過ぎる宿でした!
熊本復興割さまさまです!

挨拶 | コメント:0 |

ああ、熊本城…





久々に見に行った熊本城…痛々しかったです。
継続的に募金等を行って行こうと思いました。
益城の街も目にしましたが、あまりにも痛々しく、写真を撮ることができませんでした…

挨拶 | コメント:0 |

熊本に到着しました。




日暮里7時15分発スカイライナーで成田空港へ行き、熊本空港到着後に山の神釣り堀センターに向かい、やまめ定食を食べ、実家に到着後に疲れから爆睡してしまいました。
挨拶 | コメント:0 |

JR水戸線・新治駅(にいはり)

トタン屋根と駅名表はリニューアルされておりますが、ほぼ開業当時の木造駅舎です。
niiharu01.jpg

自動券売機は一台設置されております。
niiharu02.jpg

みどりの窓口もあり、狭いながらも待合スペースもあります。
niiharu03.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。
niiharu04.jpg

ホーム構造は駅舎側に片面ホーム一面と島式一面二線の二面三線構造となっております。
それぞれのホームを屋根の無い跨線橋が結んでおります。
大和方面を望む。
niiharu05.jpg

駅舎側片面ホームの下館側に古びたトイレがあります。
下館方面を望む。
niiharu07.jpg

JR東日本仕様の駅名表です。上部の蛍光灯が光るタイプの物で、最近あまり見かけなくなってきました。
niiharu06.jpg

名所案内です。どちらも結構距離があります。
暑さで少し歩いた所にあるセイコーマートにすら行けませんでした…
niiharu08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
いや~長かった…ようやく明日から夏休みを迎える事が出来ます。
5日間とはいえ貴重な休日です!疲れを取りながら満喫させて頂きます。
明日から熊本へ行ってリフレッシュしてきます。
明日から22日までの間は、申し訳ないのですが水戸線の駅舎訪問の記事を中断させて頂きます。

心配されていた台風は東京都にはほとんど被害も無く、朝8時には快晴となり、
気温もぐんぐん上昇し、あっという間に猛暑になりました…
適度な休憩と水分補給!しないとヤバいです!

さて、今日は新治駅を紹介したいと思います。
駆け足での駅舎訪問で昼食もままならなかったので、コンビニで何かを買おうと思っていたんですが、
最寄りのセイコーマートまで結構距離がある事が判明し、折返しの列車の時間に間に合わない事もあり、
駅前の自動販売機でコーヒーを買って、とりあえず飢えをしのぎました(苦笑

若干リニューアルされていますが、ほぼ開業当時の木造駅舎が周囲の雰囲気にとても溶け込んでおりました。
自動券売機やみどりの窓口もあり、次に乗る列車を待っている間に続々と利用者がやってきました。

駅前は小規模ながらロータリーも整備されていて、駐輪場には数多くの自転車が止まっており、
駐輪場近くのジュースの自動販売機の辺りで、地元の高校生たちが楽しそうに話をしたりしていました。

周囲は住宅地や古い商店などもありましたが、全体的に長閑な雰囲気を醸し出しておりました。

駅名:新治駅(にいはり)

住所:茨城県筑西市新治

業務委託駅、みどりの窓口、自動券売機一台、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり

JR東日本(関東) | コメント:0 |

JR水戸線・川島駅(かわしま)

近年白壁でコンパクトな平屋建ての駅舎にリニューアルされました。
kawashima01.jpg

みどりの窓口もあるのですが、駅員不在時間だった為、閉まっております。
kawashima02.jpg

自動券売機も一台設置されております。
kawashima03.jpg

広いとは言えませんが、ガラス張りの明るい待合スペースです。
kawashima04.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。出入り口右側に精算機も設置されております。
kawashima05.jpg

駅舎反対側の待合室も駅舎改築時にリニューアルされた感じがします。
kawashima09.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。
跨線橋も綺麗になっていましたので同時期にリニューアルされたのでしょう。
玉戸方面を望む。
kawashima07.jpg

この日は結構暑かったのですが、ホーム上で高校生が電車が来るまで横になって休んでいました。
行儀が良いとは言えませんが、何だかこの長閑な風景、俺は好きですね。
東結城方面を望む。
kawashima06.jpg

JR東日本仕様の駅名表です。こちらも綺麗になってました。
kawashima08.jpg

駅の周辺にはコンビニなどの商店は見当たりませんでしたが、ビジネスホテルがありましたね。
kawashima10.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
世間的にはもうじき盆休みが終わろうとしておりますが、俺は入れ替わるように盆休みが始まろうとしております。
明日一日頑張れば5日間の盆休みに突入です!
日曜日辺りから台風七号の動きが気になり始めてソワソワしてましたが、明日がピークなのでホッと胸をなでおろしました。
ですが、水不足解消してほしいとは言いつつも、大きな被害が出ない事を願っております。

さて、今回水戸線を訪問した理由と言うのが、近年リニューアルされた駅舎が数多くあった事と、
ここ数年、列車で水戸線を訪れていなかったと言う事もあり、訪問する事にしました。
この暑い時期に数多くの駅舎を短時間で周ると、途中でバテが来ますね。
この川島駅に到着した時には結構ヘロヘロでした…

さて、川島駅も少し前までは古い木造駅舎でしたが、白壁でコンパクトな駅舎に生まれ変わってました。
駅だけリニューアルされるケースはよくあるんですけど、
川島駅はホーム待合室や跨線橋などが新しい物に生まれ変わっていて、
開業してから歴史のある駅なのですが、新駅にやって来たような気持ちにさせてもらいました。

駅名:川島駅(かわしま)

住所:茨城県筑西市伊佐山

業務委託駅、みどりの窓口、自動券売機一台、ジュースの自動販売機、公衆電話・郵便ポスト(ともに駅前)、トイレあり




JR東日本(関東) | コメント:0 |

JR水戸線・宍戸駅(ししど)

一見すると簡易駅舎で無人駅のように見えますが、業務委託ではありますが駅員もいます。
shishido01.jpg

自動券売機はありませんが、窓口はしっかりあります。
shishido02.jpg

プラの長椅子がありますが、締め切りが出来ないので、雨風を完璧に凌ぐ事はできません。
shishido03.jpg

駅舎横には別棟のトイレがあります。トイレの奥側が駐輪場となっております。
shishido04.jpg

駅名表です。錆び付いていて古さを感じます。
shishido05.jpg

ホーム構造は片面ホーム一面一線でカーブしていますので、
列車乗降時に隙間が出来るので注意が必要です。笠間方面を望む。
shishido06.jpg

ホーム上には上屋付きのベンチが二か所設置されております。
設置されている架線柱からして、昔は相対式二面二線構造だったのでしょうか?
友部方面を望む。
shishido07.jpg

ホームから駅舎までのアプローチがとても長く、広さもかなり取られています。
shishido08.jpg

申し訳程度に駅前のロータリーがあります。
shishido09.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
気温はそれほど高い感じはしなかったのですが、湿度がとても高く、しんどい一日でした。
それと、水曜日にかけて台風7号が関東に接近してくるとの事で、もうちょいで休みを迎える身として、
とても心配の種です…あまり酷くならない事を願いたいです。
そういえば、最近騒がれなくなった水不足はどうなったのでしょうかねぇ…

さて、今日は水戸線の宍戸駅を紹介したいと思います。
一見すると無人駅のように見えますが、ちゃんと駅員さんがいます。
当目から見るとどう見ても無人駅に見えるんですけどね。窓口の向かい側にプラの長椅子がありますが、
駅舎を締め切る事が出来ないので、どう見ても雨は吹き込んで来そうですし狭いので、
日々の利用者は不便さを感じていないのでしょうかね。
駅前には申し訳程度にロータリーもありますし、駐輪場の自転車の数を見ていると利用者も多そうなので、
もう少し広い待合スペースが必要なのではと思いましたね。

駅名:宍戸駅(ししど)

住所:茨城県笠間市大田町

業務委託駅、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり(別棟)

JR東日本(関東) | コメント:0 |

JR水戸線・福原駅(ふくはら)

木造平屋建てで、待合スペース及び建物上部ががガラス張りになっている為、室内は明るくなっております。
fuku01.jpg

簡易委託駅で窓口はありますが自動券売機はありません。
駅舎左側にある駐車場の料金徴収なども行っているようです。
fuku02.jpg

壁際に木製の長椅子が設置されております。
fuku03.jpg

別棟のトイレがあります。おそらく駅舎がリニューアルされた際に作られたものと思います。
fuku04.jpg

ホーム構造は駅舎側に片面ホーム一面一線と島式一面二線の二面三線構造となっております。
それぞれのホームを屋根の無い跨線橋が結んでおります。羽黒方面を望む。
fuku05.jpg

駅名表と名所案内、柱にある駅名表の三点セットです。
fuku06.jpg

締め切りは出来ませんが、古いタイプの待合スペースが健在です。
fuku07.jpg

稲田方面を望む。
fuku08.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。
fuku09.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日は所用を午前中に済ませて、昼食を摂った後、自分でもビックリするぐらい爆睡してしまい、
気が付いたら18時を過ぎていました…いや~疲れが溜まっていたんでしょうかね…
オリンピックのテニスの試合を夜中まで見ていた影響もあるとは思いますが、それだけではないと思います。

さて、福原の駅は和風ながらもガラス面が多く作られているので、室内は曇りだったのにもかかわらず、
明るかったですね。駅舎左側には市営の駐車場があり、駅の窓口で料金徴収等の受け付けを行っているようです。
ホーム構造は二面三線構造で、周辺の駅と比べて駅の構内は広く取られていました。
島式ホーム側には開業当時からあるのではないかと思うような、古い待合スペースが健在でちょっと嬉しかったです。

駅前の公衆電話が利用できないようになっていました。壊れ方からして、車が衝突したのでしょうか。
注意が必要です。

駅名:福原駅(ふくはら)

住所:茨城県笠間市福原

簡易委託駅、ジュースの自動販売機、郵便ポスト、トイレあり(別棟)
※公衆電話もありますが、現在使用できないようになっているので注意が必要です。

JR東日本(関東) | コメント:0 |

JR水戸線・稲田駅(いなだ)

トタン屋根の木造平屋建ての駅舎に生まれ変わりました。
稲田石の産地にちなんで入口の縁の部分や壁に稲田石が使われております。
inada01.jpg

駅舎横に移転してきた市営の「石の百年館」で、入館は無料です。
inada02.jpg

駅舎内は窓口はありますが、自動券売機は設置されておりません。
inada04.jpg

壁周りに木製の長椅子が設置されていて、かなりの人数が座れるようになってます。
inada03.jpg

駅舎左側には水戸線開業100周年の石碑たちです。
inada06.jpg

駅前の道を少し歩くと国道50号線に出る事が出来ます。
inada05.jpg

ホーム構造は駅舎側片面一面と島式一面二線の片側使用のみで、
実質二面二線構造となっております。笠間方面を望む。
inada07.jpg

それぞれのホームを屋根のない跨線橋が結んでおります。
福原方面を望む。
inada08.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。
出入り口部分に稲田石が使われておりますね。
inada09.jpg

駅名表です。
inada10.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
長い一週間がやっと終わりました。とはいえ、木曜日が休みで一息つけたのはほんと助かりました。
木曜は水戸線訪問で一日費やしましたが、とても良いリフレッシュになりました。
世間的には盆休みに入りましたが、普段できない機械のメンテナンスや処理しにくい物をこなすのにはもってこいの状態です。
来週半ばぐらいまではこんな感じでしょう。普段できないことを今のうちにやっておこうと思います。

さて、羽黒駅を訪問した後に友部方面へ折り返して稲田駅を訪問しました。
羽黒駅にも石碑などが目立ちましたが、稲田駅周辺はさらに石碑や石などが目立ちました。
それもそのはずで、稲田石の産地で、駅舎のリニューアルとともに駅舎横へ「石の百年館」が移転してきました。
石の百年間の内部に入りましたが、狭いながらも色々な物が展示されていて、
列車の待ち時間に訪れるのには丁度良いので稲田駅を訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

駅名:稲田駅(いなだ)

住所:茨城県笠間市稲田

簡易委託駅、ジュースの自動販売機、トイレあり(別棟)

JR東日本(関東) | コメント:0 |

JR水戸線・羽黒駅(はぐろ)

全体的に黒にまとめられ、待合スペースがガラス張りの駅舎にリニューアルされました。
haguro01.jpg

駅舎出入り口横に長椅子が用意されてます。
haguro02.jpg

駅前のモニュメントを含めて全体を撮ってみました。
haguro10.jpg

別棟のトイレの前には「男の友情」と書かれている石碑があります。
haguro09.jpg

待合スペースはガラス張りで明るく、座るスペースは9席用意されております。
haguro03.jpg

業務委託駅ですが、自動券売機はありません。出札もしっかり行っております。
haguro04.jpg

ホーム側から駅舎を撮ったものです。
haguro05.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線で、屋根の無い跨線橋が駅舎とホームを結んでおります。
岩瀬方面を望む。
haguro06.jpg

ホーム上屋は申し訳程度にある程度なので、日よけや雨が降ったりしたらしんどいですね。
haguro07.jpg

駅名表は電光式ではなさそうですが、綺麗な物に変わってました。
haguro08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
世間的には昨日から盆休みに突入した模様ですが、俺はもう少し先になります。
来週後半からなのです。なので、もうひと踏ん張りで明日ももちろん仕事です(苦笑。
高速道路は大渋滞しているようなので、車で移動される方はゆとりを持って移動した方がよいでしょうね。

さて、昨日18きっぷで水戸線を訪問してきましたが、日ごろの疲れで寝坊し、スタートが1時間ほど遅れました。
どうなる事かと思いきや、何とか行きたいと思っていた駅を訪問する事ができ、ホッとしました。
そのうちの一つがこの羽黒駅です。
以前は古い木造駅舎でしたが、黒を基調としたガラス張りの駅舎に生まれ変わりました。
待合スペースは広いとは言えませんが、ガラス張りでとても明るく、過ごしやすいスペースとなっております。
外で休みたいという方には、駅舎出入り口部分に腰かけるスペースが設けられましたので、
ここで一休みする事も出来るようになりました。
滞在時間は僅かとなってしまいましたが、駅の雰囲気を満喫する事が出来ました。

駅名:羽黒駅(はぐろ)

住所:茨城県桜川市友部

業務委託駅、ジュースの自動販売機、トイレあり(別棟)

JR東日本(関東) | コメント:0 |

JR常磐線・南中郷駅(みなみなかごう)

古い木造駅舎がシンプルなデザインの駅舎に生まれ変わりました。
m-nakago01.jpg

横には別棟のトイレがあります。ウォシュレットだったのには驚きました。
m-nakago03.jpg

時間が無かったので詳しくは読まなかったのですが石碑です。すみません…
m-nakago04.jpg

自動券売機は一台設置されていて、みどりの窓口もあります。
人がいたので撮れませんでしたが、待合スペースはそれほど広くありません。
m-nakago02.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線で、駅舎とホームを跨線橋が結んでおります。
m-nakago05.jpg

駅名表は最新のLEDの物に変わっておりました。
m-nakago06.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
昨日の体調不良の吐き気は、軽い熱中症だったのかなと言う感じがしましたね。
水分・塩分補給をしっかりし、保冷剤で後頭部を冷やし、安静にしていたら、今朝には問題ありませんでした。
疲れは蓄積しているんですけどね。外に出て好きな事をすれば、リフレッシュできるってもんですよ。
まあ、無理はしませんでしたけどね。
と言う訳で、行けそうで行けなかった水戸線の訪問を存分にしてきました。

さて、この前の原ノ町から竜田への代行バスに乗車する事がメインだった旅行の最後に立ち寄ったのが、
近年リニューアルされたJR常磐線の南中郷駅です。
北茨城市に位置し、福島県との県境に近い場所にあるので、なかなか訪問できない場所にあったので、
帰宅時間が遅くなる事は気にせず、立ち寄る事にしました。

近年リニューアルされた駅舎の特徴と言うのでしょうか、
上手くコンパクトにまとめられてるなと言うのがとてもよくわかりました。
狭いながらも待合スペースもしっかりありますし、みどりの窓口や自動券売機だってしっかりあります。
すぐ隣の別棟にはウォシュレットトイレもありましたし、ジュースの自動販売機もあります。
売店はありませんが、この利用者の数ならこれで良いでしょう。

20分ちょい立ち寄って、18きっぷで常磐線を上野方面へと家路に戻って行きました。

駅名:南中郷駅(みなみなかごう)

住所:茨城県北茨城市中郷町小野矢指

業務委託駅、みどりの窓口、自動券売機、ジュースの自動販売機、郵便ポスト、トイレあり(別棟)

JR東日本(関東) | コメント:0 |

今日はもう寝ます。


こんばんは!今日も1日お疲れ様でした!
昨日ほどではなかったのですが、暑い1日でした。
何だか尋常ではない量の汗をかいた為、少し気分が悪くなり、帰宅後水分を摂りながら休みでいました。
明日はせっかくの休日です!
台無しにしたくないので、今日は休みます。
おやすみなさい!
写真は宇奈ととの特上鰻重です。1500円でとてもリーズナブルです。

挨拶 | コメント:0 |

JR常磐線・末続駅(すえつぎ)

手直しされておりますが、ほぼ開業当時の瓦屋根の木造駅舎です。
sue01.jpg

窓口は無人化され、時刻表や今年地元の方やJRの方達で手入れをした模様の写真が掲載されておりました。
sue06.jpg

待合スペースは周囲を木製の長椅子が囲み、その前にプラベンチが設置されております。
sue07.jpg

別棟のトイレです。古いですが手入れが行き届いております。
sue02.jpg

駅舎のホーム側には数多くのプランター達が目を和ませてくれます。
まるで民家の庭にいるかのようです。
sue03.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。
広野方面を望む。
sue04.jpg

駅名表です。
sue05.jpg

久之浜方面を望む。
sue09.jpg

ホームからは穏やかな太平洋を眺める事が出来ます。
しかし、この辺りも東日本大震災の津波被害があり、修復作業が施されておりました。
sue08.jpg

滞在時間は30分弱で、あっという間に迎えの531系がやって来ました。
sue10.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
いや~暑かったですねぇ…暑すぎますよ!東京でも38度になったようで、
外での作業は本当に堪えました。くどいようですが、適度な休憩と水分・塩分補給が必須ですね。
今日の暑さは身の危険を感じずにはいられませんでした。
今週も土曜日が仕事ですが、明日仕事をすればあさっては休みなので、もうひと踏ん張りです!

さて、いわきで一泊した翌朝に末続駅を訪問しました。
いわきを離れる前にどうしてもこの駅を訪問したかったのです。
あの震災にも耐え、長閑な雰囲気に佇む開業当時の古い木造駅舎を目に焼き付けておきたかったのです。
とはいえ、震災当時はホームが甚大な被害を受けてしまいましたけどね。
駅舎のホーム側にある多くのプランターが手入れが行き届いており、
まるで家の庭にいるかのような雰囲気を醸し出しておりました。
およそ30分間この駅の雰囲気を満喫し、東京方面へ戻る事にしました。

駅名:末続駅(すえつぎ)

住所:福島県いわき市久之浜町末続

無人駅、公衆電話、トイレあり

JR東日本(東北) | コメント:0 |

JR常磐線・内郷駅(うちごう)

古い木造駅舎が洒落た感じの駅舎にリニューアルされました。
utigo01.jpg

自動券売機は一台設置されております。
utigo02.jpg

待合スペースは狭いですが椅子は12席あり、みどりの窓口と簡易Suica改札機もあります。
utigo08.jpg

跨線橋から湯本方面を望む。
utigo03.jpg

LEDの駅名表です。
utigo04.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、跨線橋がそれぞれのホームを結んでおります。
utigo05.jpg

いわき方面を望む。
utigo06.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。かなりコンパクトにまとまってますね。
utigo07.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
台風が沿岸を通過したせいか、全体的に風が強かったように思いました。
午前中少しの時間でしたが、しっかり雨が降ってみたり大気が不安定でしたね。
明日は台風一過で物凄い高温になりそうとの事なので、今からビクビクしております。
仕事はしっかりやらねばなりませんが、決して無理はせず、水分塩分補給をしっかりやりましょう。

さて、いわきのカプセルホテルにチェックインする前に寄っておきたかったのが、
最近リニューアルされた内郷駅でした。
リニューアル前の木造駅舎時代の内郷駅の写真を探したのですが、撮ってなかったようです…残念…
駅舎右隣には別棟のトイレがあり、駅舎出入り口右側にはバリアフリー化もしっかりされております。
自動券売機は一台でみどりの窓口もあり、ジュースの自動販売機もありますし、
いわきへの通勤・通学駅として利用者もかなりいると思いますが不自由なく、
コンパクトにうまくまとめられているなと思いましたね。

駅名:内郷駅(うちごう)

住所:福島県いわき市内郷綴町

業務委託駅、みどりの窓口、自動券売機、ジュースの自動販売機、トイレあり(別棟)


JR東日本(東北) | コメント:0 |

JR東北本線・岩沼駅(いわぬま)

鉄筋二階建てで国鉄時代に建てた主要駅の典型的な横長の駅舎です。
iwanuma01.jpg

前回訪問した時には車寄せなどがありませんでした。
駅前ロータリーも整備されていて、かつて駅前にあったと思われる洋菓子店が無くなってました。
iwanuma02.jpg

ホーム構造は片面ホーム一面一線と島式ホーム二面四線の三面五線となっております。
右手には大きめのNEWDAYSがあります。
iwanuma03.jpg

みどりの窓口があります。
iwanuma04.jpg

指定席券売機一台と自動券売機二台が設置されております。
iwanuma05.jpg

駅舎左手に沼田商店と言うラーメン屋さんがあり、初めて来た店と言う事もあり、
スタンダードな醤油中華(700円)を注文しました。チャーシューは鶏肉でしたが、サッパリしていて美味かったです。
iwanuma06.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
食材の買い出しや、洗車機による洗車や、宇奈ととで一週遅れの土用の丑の日を満喫し、
家に帰ってきて、少し横になっていたらあっという間に夕方になっていたりと、
一日だけの休みだとこんなもんなんでしょうね。
11日は休みなので、また明日から三日間無理せず乗り切ろうと思います。

さて、先月末のいわきへ行った時の行程なんですが、
原ノ町から竜田へ行く代行バスが一日二往復しかなく、
朝出発してその日のうちに乗車するには、東北本線で岩沼まで行き、
常磐線に乗り換えないと無理なので岩沼駅までやって来ました。
岩沼駅には、ん~そうですねぇ、かれこれ7~8年ぶりだったのですが、
ロータリーが整備され駅前がきれいになっていたのでびっくりしてしまいましたね。
常磐線の列車待ちで40分ぐらいありましたので、ラーメン食べながら駅舎を写真に収めたりして待つことにしました。

駅名:岩沼駅(いわぬま)

住所:宮城県岩沼市館下一丁目

直営駅、みどりの窓口、自動券売機、NEWDAYS、ジュースの自動販売機、公衆電話、トイレあり


JR東日本(東北) | コメント:0 |

一休み

小樽の夜景です。(2011年9月撮影)
2011年夏休み 125

T36タワーにて札幌の街の夜景です。(2011年9月撮影)
20160806224919c5a.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今週一週間がようやく終わりました。ほんと長かった…暑くてしんどい一週間でした…
気が付いたら、ソファーで寝てしまっていました。慌てて起きてブログ書いてます(汗
こんな状態なので、今日はゆっくり休ませてもらいます。

明日は先週食べられなかった鰻を一週間遅れで食べようと思います。
っていっても高級なやつは食えませんけどね(汗

挨拶 | コメント:0 |

JR常磐線・富岡駅(とみおか)※現在休止中

赤系の鮮やかなトタン屋根と入口部のステンドグラスが特徴的だった駅舎…
もうその姿を目にする事は出来なくなってしまいました…(2005年6月撮影)
tomioka01.jpg

東日本大震災の津波によって駅舎は流失してしまいました…(2005年6月撮影)
tomioka02.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
世間的には土日の連休でしょうが、隔週二日休みなので、先週連休だった為、
明日は見事に仕事です(苦笑。明日も暑そうなので水分・塩分補給を欠かさずにします。
まあ、先週見たいと思っていたものを見る事が出来たり、カプセルホテルにも泊まれたから良しとします。

さて、鮮やかなトタン屋根と入口部分のステンドグラスが特徴的で、
みどりの窓口やKIOSKなどもあり、駅舎の中もかなり賑わいがあった富岡駅ですが、
東日本大震災の津波によって駅舎基礎部分と跨線橋、ホームを残して流失してしまいました…
常磐線が再開されたとしても、この木造駅舎を目にする事は出来なりました。
津波の被害だけでなく、原発事故の影響で現在も立ち入りが制限されている状態ですので、
再開予定は出ておりますが、再開へはまだまだ時間がかかりそうですね。

駅名:富岡駅(とみおか)※現在休止中

住所:福島県双葉郡富岡町仏浜

直営駅、みどりの窓口、KIOSK等がありました。


JR東日本(東北) | コメント:0 |

JR常磐線・夜ノ森駅(よのもり)※現在休止中

緑屋根の古い木造駅舎ですが、現在は帰還困難区域に入っているため近づく事は出来ません。
(2005年6月撮影)
yonomori01.jpg

再び花のトンネルを潜れる日が一日も早くやってくることを願うばかりです。
(2005年6月撮影)
yonomori02.jpg

夜ノ森と言えば、駅のホームから見えるツツジと桜並木が名所となっておりました。
(2005年6月撮影)
yonomori03.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
梅雨が明け、夏になれば体力的にこうなるとはわかってはいましたが、
体力的にとてもきつい日々が続いております。梅雨が明けても湿度が高いのはどうにもなりませんね。
カラッと晴れてくれれば、日陰に逃げれば心地よい風が来たりするんですけど、
湿っぽい熱風ではもうどうにもなりませんね(苦笑

桜並木と駅のホームからのツツジが名所の夜ノ森駅をピックアップしました。
訪問したのは2005年6月なので、帰還困難区域となってしまった今、
駅舎の状態やツツジの具合、桜並木などはどうなっているかは定かではありません。
まだまだ線量は高いようなので、桜並木やツツジを見る事は当分先になるでしょう。
一日も早く見に行きたいと願う事しかできないのは、何とも歯がゆいばかりです。

駅名:夜ノ森駅(よのもり)※現在休止中

住所:福島県双葉郡富岡町夜ノ森北

簡易委託駅

JR東日本(東北) | コメント:0 |

JR山田線・浅岸駅(あさぎし)※現在廃駅

大志田駅と同様にホームと待合室のみでした。(2005年3月撮影)
asagishi01.jpg

とにかく寒かったです…ですが、もうこの駅で乗り降りする事は出来ません。(2005年3月撮影)
asagishi02.jpg

待合室の明かりにほのかな温かみを感じました。実際に入りましたが寒さはしのげました。(2005年3月撮影)
asagishi03.jpg

迎えの盛岡行きがやって来ました。(2005年3月撮影)
asagishi04.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
梅雨が明けたというのに、何でしょうこの湿度は…もうヘロヘロです。
食欲も落ち気味なので、何とか食事は詰込み気味にでも口に入れてます。
やっぱり食べないと一日持ちませんからね…

さて、長い事探していた浅岸駅の写真が出てきたので予定変更でアップしました。
盛岡の東横インで宿を取り、チェックイン後に山田線に乗り込み、浅岸駅に向かいました。
あまりの軽装だった為に、下車する際に車掌さんから、
「本当にこの駅で降りるんですか?最終列車ですよ?」と言われましたね。
ですが、「もうちょっとしたら盛岡行きが来ますので、それに乗って帰ります。」と言ったら、
納得してくれて、「それでは気を付けて」と言って頂いたことを思い出しました。

少し時間がありましたので、駅周辺を歩きましたが、民家や学校のような建物はありましたが、
全くもって無人で、人の気配をこれほど感じなかったのは人生初めてと言っても過言ではありませんでした。
いろいろ見て周ってたら、あっという間にお迎えの時間がやってきて、浅岸駅を後にしました。

今年の3月のダイヤ改正で廃止されましたが、近年は冬季通過してましたから、
実質去年の暮れに廃止されたようなものです。
大志田駅同様、この駅にももう行く事が出来ないと思うと寂しい反面、
一つの時代が終わったのかな等と思いましたね。

駅名:浅岸駅(あさぎし)※現在廃駅

住所:岩手県盛岡市新庄

無人駅でした。
JR東日本(東北) | コメント:0 |

JR常磐線・相馬駅(そうま)

和風の屋敷風にリニュアルされた木造駅舎です。
soma01.jpg

みどりの窓口もありますし、指定席券の自動券売機一台と乗車券の自動券売機二台があります。
soma02.jpg

待合スペースにはNEWDAYSもあります。
soma03.jpg

ホーム構造は相対式二面二線ですが、現在は相馬駅が終着駅の為、跨線橋は閉鎖されています。
soma04.jpg

駒ヶ嶺方面を望む。しかし駒ヶ嶺方面には現在列車で行く事が出来ません。
soma05.jpg

電光式の駅名表です。駒ヶ嶺の文字はテープで消されております。
soma06.jpg

駅前の様子ですが、人もそうですが車の往来もかなりあり活気があるように見えました。
soma07.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
関東地方は朝から凄い雨に見舞われ、日中少し晴れたかと思うと、
昼休み明けから一時間ぐらい猛烈な雨に見舞われるなど、何だか大気が不安定な一日でした。
最近水不足の事が騒がれなくなりましたが、大丈夫なのでしょうかね?
ネットでダムの貯水率を覗いてみたら、それほど増えているようには見えませんでしたけどね。

さて、亘理駅から代行バスに揺られて約45分で相馬に到着しました。
浜吉田駅まで列車は復旧しているんですけど、代行バスの発着は亘理駅からとなっていて、
浜吉田からですと駅からかなり歩いた所のバス停まで行かないとならないので不便なんですよね。
そんな事もありまして、浜吉田駅に行く事を断念してしまいました。

亘理駅でも駅舎の写真を撮ろうかなと思っていたんですが、人の流れに乗っていたら、
あっという間に代行バスに乗せられてしまい、そのバスも気が付いたら発車してしまいましたので、
亘理駅の写真は一枚も撮る事が出来ませんでした。

相馬駅では原ノ町行きの列車が出るまで30分ぐらいありましたので、駅前周辺を見渡したり、
駅舎の写真を撮る事が出来ました。
雲一つない青空でかなり暑かったので、雰囲気を満喫したら冷房の効いた列車に駆け込んでしまいました。

駅名:相馬駅(そうま)

住所:福島県相馬市中村

直営駅、みどりの窓口、自動券売機三台、コンビニ、トイレ(別棟)あり

JR東日本(東北) | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>