ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR羽越本線・あつみ温泉駅(あつみおんせん)

鉄筋平屋建てで白壁の存在感のある駅舎です。(2015年9月撮影)
atsumi01.jpg

業務委託駅ですがみどりの窓口もあります。(2015年9月撮影)
atsumi03.jpg

自動券売機が一台設置されております。(2015年9月撮影)
atsumi02.jpg

待合室もリニューアルされ、以前あった売店は無くなっておりました。(2015年9月撮影)
atsumi04.jpg

ホーム構造は駅舎側片面一面一線と島式ホーム一面二線で二面三線構造となっております。
それぞれのホームを地下道が結んでおります。小岩川方面を望む。(2015年9月撮影)
atsumi05.jpg

吊り下げ式の駅名表もLED照明の物に変わっていましたし、
ホームの待合室も綺麗な物にリニューアルされておりました。(2015年9月撮影)
atsumi06.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
気が付けば今日で9月も終わりですね。先週まで休みが固まってありましたので、
今週は明日仕事です。涼しくなりそうなので良しとしますか。疲れは日曜日に取りますよ♪

さて、今日はあつみ温泉駅を紹介したいと思います。
白い鉄筋平屋建てで存在感があり、観光地の玄関口と言った面持ちの駅舎は相変わらずの存在感を放っておりました。
駅舎内部はリニューアルされ小奇麗になっていましたが、
以前待合室にあったKIOSKは無くなっておりました。
業務委託駅とはいえみどりの窓口もありますし、温泉の玄関口と言う事もあり、
特急いなほ号も全列車停車します。

ちなみにあつみ温泉郷には歩いて行く事も出来ますが、30分以上は覚悟した方が良いでしょうね。
俺は一度だけですが歩いて温泉郷まで行きました。
まあ、普通は駅から出ているバスに乗って温泉郷に行きますよね。タクシーだって駅前に待機してますし。
派手さはないですが、落ち着いた雰囲気のある良い温泉郷です。近くに足を運んだ際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

駅名:あつみ温泉駅(あつみおんせん)

住所:山形県鶴岡市温海

業務委託駅、みどりの窓口、自動券売機一台、ジュースの自動販売機、トイレあり

スポンサーサイト
JR東日本(東北) | コメント:0 |

JR羽越本線・小岩川駅(こいわがわ)

車寄せ部分がやや特徴的な木造平屋建ての駅舎です。
(2015年9月撮影)
koiwagawa01.jpg

駅前は集落が形成され、ちょっとした商店も一軒見えます。
(2015年9月撮影)
koiwagawa08.jpg

駅舎内には近距離の自動券売機が設置されております。
(2015年9月撮影)
koiwagawa02.jpg

プラベンチは六脚あり、室内はやや広めにとってあります。
(2015年9月撮影)
koiwagawa03.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。駅舎はホームより少し下にあるのがわかります。
(2015年9月撮影)
koiwagawa07.jpg

ホーム構造は相対式二面二線です。(2015年9月撮影)
koiwagawa04.jpg

それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。(2015年9月撮影)
koiwagawa05.jpg

JR東日本仕様の駅名表です。(2015年9月撮影)
koiwagawa06.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日も相変わらずの蒸し暑い一日でしたが、ブログを書いている今はとても涼しいです。
湿気の蒸し蒸しさえなければ、多少暑くても良いです!もう蒸し暑いのは勘弁です。
ここ数日は異様に疲れましたし、昨晩は寝苦しくて涼しさを求めて床で寝ていました(苦笑

さて、駅舎紹介を再開します。
時々美味い物の話や車中泊の話などに変わりますが、まあそんな時もあります。
今日は昨年9月に訪れた小岩川駅を紹介したいと思います。
日本海沿いの静かな集落の中に駅はあります。
特徴的な車寄せ部分以外を見ていると、集落の中にある平屋建ての住宅のように見えます。
相対式のホームは日本海側において物流の大動脈だけあって、ホーム長は長く取ってあります。
静かな集落の中にある木造駅舎の雰囲気を味わった後は、道の駅あつみ方面に向かって走り出しました。

駅名:小岩川駅(こいわがわ)

住所:山形県鶴岡市小岩川

無人駅、自動券売機、トイレ、公衆電話(駅前)、ジュースの自動販売機(近くの商店)あり

JR東日本(東北) | コメント:0 |

気楽に行きます。

写真のサイズがデカくて申し訳ございません。
2014年8月下旬の宗谷岬。雲一つない良い天気で晴れ渡っていました。
風邪も心地よく、とても清々しかったです!
souya01.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
もうすぐ秋というのに蒸し暑い日が続いてとてもしんどいですね。
体力の消耗が著しく、駅舎紹介もちょっと休ませてもらってます。

ブログを始めた頃は、ほとんど読者などいなかったので、昔の記事を読んでいると、
俺も好き勝手に色々書いていたなぁ等と懐かしく振り返りました。
今ではお陰様で色々な方にブログを読んで頂けるようになり、とても励みになっております。
これからも極力毎日更新していきますので宜しくお願い致します。
今日は何駅を紹介しなくてはと思ってしまうと、最近ちょっと疲れてしまいました。
ブログを始めた頃のように、もっと気楽な気持ちでブログを書いていこうと思います。

それにしても、今日日本ハムの優勝が決まりましたね!
最大11.5ゲーム差を跳ね返しての優勝ですから、本当に凄いですね!
プロ野球でもこういう事があるので、何が起こるかわかりませんね!
かなり前に巨人のメイクミラクルなどもありましたからね。
日本ハムファイターズリーグ優勝本当におめでとうございます!

挨拶 | コメント:0 |

加茂水族館のクラゲたち♪

黒い背景と相まって何とも神秘的な光景です。
kurage01.jpg

名前は忘れましたが、気球のような形をしたクラゲです。
kurage02.jpg

最近はクラゲを家で飼う方も増えたようです。好き嫌いはあると思いますが、俺は癒されると思います。
kurage03.jpg

光が当たると何とも幻想的な風景に見えます。
kurage04.jpg

色によって趣を変える無数のクラゲたちです。
kurage05.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
昨日今日と本当に蒸し暑い日が続き、完全にバテました…
こういう日は早く寝る事にします。
蒸し暑い日はどうやら明日までらしいので、何とかあと一日耐えなくてはいけませんね。
一日も早く清々しい秋晴れの日がやって来るのを、首を長くして待っております。
もう台風はいりません!勘弁してくださいねっ!

さて、今日は去年の9月の事ですがせっかく山形の加茂水族館まで行ってきたので、
その時の写真を載せたいと思います。
三連休に行ってきたので、クラゲよりも人の方が多いのでは(言い過ぎですね(笑))、
と言う状態だったので、ゆっくりクラゲを見る事なんて出来る訳もなく、
写真もなんとか人が入らないように撮るのがやっとだという状態でした。

開園とともに足を運んでも園内はこんな状態で、2時間半ぐらい経って帰える時に入り口を見たら、
いや~参りました…こりゃ無理だわ…と言う状態でした。
朝なら難なく停められた駐車場も、帰る時には長い渋滞が出来ていて、
たった2時間半で大変な事になるんだなと、身にしみてわかりましたね。

東京から山形の庄内地区ですから遠いので何とも言えませんが、
次訪れる時は、人が少なめの時にゆっくりクラゲを鑑賞したいと思いましたね。

詳しくはこちらをご覧ください。
加茂水族館
旅行 | コメント:0 |

JR羽越本線・羽前水沢駅(うぜんみずさわ)

古い木造駅舎は姿を消し、変わった形をした駅舎に改築されました。
待合スペースは右側の建物になります。左側は保線の休憩所か何かなのでしょうか?
左側の建物が風よけをしているようで、右脇に待合スペースの入り口があります。
(2015年9月撮影)
u-mizu01.jpg

正面に見える扉は関係者以外立ち入る事が出来ないようになっています。
待合スペース出入り口は正面の扉の右側にあります。(2015年9月撮影)
u-mizu06.jpg

待合スペース内には近距離用の自動券売機が設置されております。
(2015年9月撮影)
u-mizu02.jpg

ホームへの出入り口上部に電光掲示板が設置されております。
(2015年9月撮影)
u-mizu04.jpg

ホーム側に男女別々のトイレがあります。(2015年9月撮影)
u-mizu03.jpg

羽前大山方面を望む。左側に貨物のコンテナが数多く置かれておりました。(2015年9月撮影)
u-mizu07.jpg

三瀬方面を望む。ホーム構造は片面ホーム一面一線と島式ホーム一面二線の二面三線構造となっております。
それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。(2015年9月撮影)
u-mizu08.jpg

JR東日本仕様の駅名表です。(2015年9月撮影)
u-mizu09.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
昨日あたりからようやく秋晴れかななんて期待してたのですが、
今日は雨こそ降らなかったのですが、湿度が異様に高く、蒸し蒸しした一日で本当にしんどかったです。
おまけに2時間近く残業した為、時間的にゆとりのない一日でした。

さて、今日は羽越本線の羽前水沢駅を紹介したいと思います。
この駅も少し前までは古い大きめの木造駅舎があったのですが、
ご覧の通りの駅舎に改築されていました。
風の強い地域なのか風よけのように写真左側の建物の内側に駅舎の入り口があります。
待合スペースは右側の丸みを帯びた建物になります。
自動券売機と椅子が八脚設置されております。
トイレはホームに出て左手に男女別々に設置されております。

駅名:羽前水沢駅(うぜんみずさわ)

住所:山形県鶴岡市大広

無人駅、自動券売機、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり

JR東日本(東北) | コメント:0 |

JR羽越本線・羽前大山駅(うぜんおおやま)

以前は古い大きめの木造駅舎でしたが、ややコンパクトにされ洒落た和風の駅舎に生まれ変わりました。
(2015年9月撮影)
u-ohyama01.jpg

少し前までは簡易委託ながら駅員がいたようですが、訪問時には無人化されていました。
(2015年9月撮影)
u-ohyama03.jpg

待合スペースはなんとエアコンが完備されていました!
椅子の数は8脚とまあこんなものなのでしょう。(2015年9月撮影)
u-ohyama04.jpg

出入り口左手にはトイレがあります。(2015年9月撮影)
u-ohyama02.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線です。
駅舎は新しくなりましたが、ホーム上屋は昔のままで良い味を出しております。
羽前水沢方面を望む。(2015年9月撮影)
u-ohyama05.jpg

ホーム上屋の中にも電光掲示板が設置されております。
鶴岡方面を望む。(2015年9月撮影)
u-ohyama06.jpg

待合スペースにはなぜか杉玉が飾ってありました。(2015年9月撮影)
u-ohyama07.jpg

上屋は古いですが、駅名表はLED照明の物になっていました。(2015年9月撮影)
u-ohyama08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日はやっと晴れてくれましたね♪待ちに待った晴れです!!
部屋の窓を開けていても爽やかな風が吹いていて、空気の入れ替えが出来ましたね。
この晴れを利用して、休日お出かけパスで四方津駅や南武線の気になる駅や、
武蔵野線の雰囲気を味わいながら、気になる駅を訪問するなどしてきました。
何処に行っても人が多かったですね。武蔵野線の駅舎訪問をするのなら早朝や、
ショッピングモールの営業前にした方が良いのかなとも思いましたね。
今日撮影した駅も無人の状態で写真を撮る事が無理でしたから、
写真の加工が済み次第、随時アップしていくようになりますのでしばらくお待ちくださいませ。

さて、今日は昨年9月に庄内にある加茂水族館に行った時に、寄れる駅に寄って撮ったものです。
羽前大山駅を紹介したいと思います。
以前は大きめの古い木造駅舎がありましたが、去年訪問した時は和風の洒落たものに生まれ変わっていました。
窓口にはシャッターが下ろされ無人化され、すぐ横に近距離用の自動券売機が置かれていました。

駅名:羽前大山駅(うぜんおおやま)

住所:山形県鶴岡市大山一丁目

無人駅、自動券売機一台、ジュースの自動販売機、トイレあり

JR東日本(東北) | コメント:0 |

今日も1日雨でした…


こんばんは!今日も1日お疲れ様でした!
関東地方はなかなか晴れませんね…
せっかくの休日も気分が憂鬱になりますね。
とはいえ、せっかくの休日ですからこういう時だからこそやれる事をやる事にしました。
靴磨きをしたり、ブログで駅舎の投稿数が増えた事により、少しでも閲覧しやすいようにカテゴリーを増やしたり、今まであった物を整理したりする事にしました。
まだ完全ではありませんが、今日はこの辺で止めておきます。

写真のラーメンは自宅から車で十分位の場所にある「分田上(わけたがみ)」のトンコツラーメンです。

挨拶 | コメント:0 |

JR中央本線・甲斐大和駅(かいやまと)

駅は道路の橋の上の脇に位置し、橋上駅舎と言う事のなるのでしょうか。
kaiyama01.jpg

駅入り口をアップした物です。
kaiyama02.jpg

平成27年4月1日に無人化され、窓口もシャッターが下りています。
自動券売機が一台設置されております。改札を出て右手にトイレがあります。
kaiyama03.jpg

ホーム構造は片面ホーム一面一線(甲府方面)、島式ホーム一面二線(待避線と高尾方面)となっております。
特急列車の追い抜きがこの駅でよく行われます。この訪問も特急列車通過待ちで撮ったものです。
kaiyama04.jpg

駅無人化を告げる張り紙です。
kaiyama05.jpg

列車が退避している状態です。新宿行きの特急が数分後通過していきました。
kaiyama07.jpg

待合室内の写真です。ちょっと狭いですが、雨風はしのげます。
kaiyama06.jpg

甲州鞍馬石のモニュメントが島式ホームにありました。
kaiyama08.jpg

笹子方面を望む。駅を出てちょっと進むと笹子トンネルです。
kaiyama09.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
昨日休みで、今日が仕事、そして土日の連休なので俺にしては珍しく休みの多い週となっております。
こういった事も年にそうある事ではないので、休める時は休んで羽を伸ばそうと思います。
しっかり休むのであれば、仕事もやるべき事はしっかりやっておかねばなりませんので、
他の人に負担がかからないようにしっかり片付けておきました。
週明けやらねばならない事はありますが、また週明けに考える事にします。

さて、今日は中央本線の甲斐大和駅を紹介したいと思います。
現在は甲州市となっておりますが、合併前はここは大和村でした。
並行する国道20号も中央本線もすぐに笹子トンネルが控えていて、甲府盆地の出入り口となっております。
周囲は山に囲まれている事もあり、週末になれば登山客で賑わうようです。

駅の位置が公道の橋があるところの脇に位置し、橋上駅舎的な感じになっております。
残念ながら去年の4月に無人化されてしまい、窓口はシャッターが下り、寂しさが漂っております。
自動券売機が一台設置されているのと、Suicaのカードリーダーが設置されているので、
最低限の用は足りますが、合理化とはいえ駅員がいないとくどいようですが寂しいですね。

ホーム構造は片面ホーム一面一線と島式ホーム一面二線の二面三線構造となっていて、
二番線に当たるホームは待避線となっていて、特急列車の通過待ちが良く行われております。
島式ホームには甲州鞍馬石のモニュメントがあったりして、庭のようは雰囲気を醸し出しております。

駅名:甲斐大和駅(かいやまと)

住所:山梨県甲州市大和町初鹿野

無人駅、自動券売機一台、郵便ポスト、ジュースの自動販売機、トイレあり

JR東日本(甲信越) | コメント:0 |

JR中央本線・春日居町駅(かすがいちょう)

東京・高尾方面のホーム側にはトイレと公衆電話、ジュースの自動販売機、駐輪場があります。
kasu01.jpg

甲府・松本方面ホーム側にはロータリーがあり、無料で浸かれる足湯まであります。
kasu02.jpg

東京・高尾方面ホーム入り口部分です。こちらには自動券売機が一台設置されております。
kasu03.jpg

自動券売機があると助かりますが、甲府・松本方面へ向かう方はこちらに買いに来なくてはなりません。
乗車証明書発行機があるので、券を取って着駅で精算する方法もありますね。
kasu04.jpg

甲府・松本方面のホームの写真です。待合室は無く、浅い上屋の下に椅子が14脚あり、ゴミ箱などもあります。
kasu05.jpg

こちらは東京・高尾方面ホームです。石和温泉方面を望む。
kasu06.jpg

ホーム上屋は互い違いに設置されてます。山梨市方面を望む。
kasu07.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
東京は一日雨で、せっかくの休みで洗車でもしようと思ったのですが、無理ですね…
その代わりに給油がてら水抜き添加剤を注入する事にしました。
エンジン内の洗浄やコーティングなどを施してくれるものらしいのですが、
実際の効果はどうなのでしょうか?ですが、ガソリンタンクの水抜きだけは定期的にやらねばなりません。

さて、今日はJR中央本線の春日居町駅を紹介したいと思います。
駅舎は無く、ホームとホーム上屋の下に椅子があるだけの無人駅です。
Suicaのカードリーダーと高尾方面ホームには自動券売機が一台設置されております。
高尾方面側にはトイレと駐輪場が、松本方面側にはロータリーが整備され、しかも無料の足湯まであるなど、
とてもホームのみの無人駅とは思えない周囲の雰囲気となっております。
乗車する列車の時間が近付いてきたら、休日の14時頃だったにもかかわらず多くの人がやってきて、
駐輪場の自転車の数からしても、平日もかなり利用者の多い駅なのかもしれないなと思いました。

駅名:春日居町駅(かすがいちょう)

住所:山梨県笛吹市春日居町別田

無人駅、自動券売機一台(高尾方面ホーム側)、公衆電話、郵便ポスト、ジュースの自動販売機、
無料足湯(松本方面ホーム側)、トイレ(高尾方面ホーム側)あり

JR東日本(甲信越) | コメント:0 |

JR中央本線・山梨市駅(やまなしし)

甲州ワインの生産地に因んで、ワイナリー風の駅舎になっております。
yamanashi01.jpg

みどりの窓口も健在で、明り取り部分のステンドグラスが素敵な感じです。
yamanashi02.jpg

自動券売機は3台設置されております。
yamanashi03.jpg

このキオスクは営業していないように見えますが、営業時間が極めて変わっております。
yamanashi04.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。改札右側に精算機が設置されております。
yamanashi05.jpg

ホーム構造は片面ホーム一面一線と島式ホーム一面二線の二面三線構造で、
それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。
特急あずさはほとんど停まりませんが、特急かいじ号は停車します。東山梨方面を望む。
yamanashi06.jpg

春日居町方面を望む。
yamanashi07.jpg

JR東日本仕様の駅名表はLED照明の物になっております。
yamanashi08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
台風16号は過ぎ去りましたが、秋雨前線が停滞している為、台風一過と言う訳にはいきません。
スカッとした晴れがやって来るのは何時になる事だろうか…

さて、今日は中央本線の山梨市駅を紹介したいと思います。
ここ山梨市や甲州市などではブドウ畑や桃畑等があり、訪れた時はちょうど桃のシーズンでした。
この辺りがワインの産地と言う事もあり、駅舎はワイナリー風となっております。
入り口部分と改札付近の明り取り部分がステンドグラスになっていて、とても良い感じでしたね。
売店は営業していないのかと思いましたが、張り紙がしてあり、
限られた短い時間しか営業していないとの事でした。
コインロッカーも右端の部分にありましたので、荷物を預けて街歩きなんて事も出来ますね。

駅名:山梨市駅(やまなしし)

住所:山梨県山梨市上神内川

直営駅、みどりの窓口、自動券売機三台、売店、ジュースの自動販売機、コインロッカー、
公衆電話、郵便ポスト、トイレあり

JR東日本(甲信越) | コメント:0 |

JR中央本線・笹子駅(ささご)

鉄筋平屋建ての駅舎です。
ホーム構造は島式ホーム一面二線でやや高い所にあり、
通路と地下道を通って向かう事になります。
sasago01.jpg

無人駅で窓口があった所にはポスターが張ってあり塞がれております。
自動券売機が一台設置されております。
sasago02.jpg

右手には木製のベンチがあり、出入り口部分にはSuicaのカードリーダーが設置されております。
改札を出て、右手にトイレがあります。
sasago03.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
台風16号の影響で関東地方は15時頃から雨が強くなってきました。
強くなった雨は19時ぐらいまで続き、家の前の川もかなりの水かさになっていました。
今は雨も弱まり落ち着いておりますが、外はとても肌寒くなっております。
一週間ぐらい前までは「暑い暑い」言っていたのがウソのような、肌寒い一日でした。

デジカメの電池が前の日に無くなってしまいましたが、ダメ元で笹子駅に立ち寄り、
奇跡的に3枚写真が撮れましたので今日ブログに載せる事にしました。
まあ、笹子ぐらいでしたら車で行くにしても苦にならない距離なので、また足を運びますよ。

さて、この笹子駅はパッと見では駅員がいそうな雰囲気の駅なのですが、
窓口はポスターが張られるなどしていて、無人駅になっております。
ホームの写真は撮れなかったのですが、島式ホーム一面二線の構造になっていて、
右手に伸びる通路を歩き、トンネルを通り、階段を上っていくとホームにたどり着きます。

今回のみたまの湯に行った時の駅舎訪問ではないのですが、山梨に足を運んだ際に撮った駅舎を、
明日以降紹介していこうと思います。

駅名:笹子駅(ささご)

住所:山梨県大月市笹子町黒野田

無人駅、自動券売機一台、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり

JR東日本(甲信越) | コメント:0 |

この連休は一休み!




こんばんは!今日も1日お疲れ様でした!
この連休はスニーカーを新調し、ポケモンGOで散歩をしながら体を休めていました。
寝ても寝ても疲れが取れず、こういう時はゆっくり休むのが一番だという事にしました。
鎌倉ベーカリーでたらふくパンを食べたし、靴も新調し、散歩で慣らしもしましたし、まずまずの連休だったと思います。

写真は家から徒歩30分位の場所にある公園の高台から撮ったものです。
今日ではなく、今年の6月のものですみません…

挨拶 | コメント:0 |

JR身延線・国母駅(こくぼ)

鉄筋コンクリート製の駅舎ですが、何だか民家風に見えるのは俺だけでしょうか。
kokubo01.jpg

待合室内はこちらにはしっかり椅子が設置されておりました。
常永駅のがらんどうは何だったのでしょうか…
kokubo02.jpg

時刻表と運賃表の横に、申し訳程度にシャッターは下りてますが窓口があります。
窓口が開いた事はあるのでしょうか。
kokubo03.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線で、ホームへは構内踏切を渡って向かいます。
kokubo04.jpg

やや大きめのホーム上屋の先には締め切りのできる待合室があります。
kokubo05.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
関東地方は今日一日雨が降ったり止んだりと、すっきりしない一日でした。
おかげで洗濯物も乾きが悪く、夜になっても乾かない状態が続き、
今も干された状態になっております。
全体的にはゆっくりとした一日となりましたが、鎌倉ベーカリーでパンをたんまり買い込み過ぎてしまい、
昼も夜もパン食の一日になってしまいました。
総菜パンや菓子パンを16個買っても1600円と消費税っ!鎌倉ベーカリー恐るべしですっ!!

さて、今日は身延線の国母駅を紹介したいと思います。
駅の位置がまた微妙な位置にありまして、家に帰ってから地図で確認したのですが、
駅舎の位置が中巨摩郡昭和町にあり、駅のホームは甲府市にある為、
駅の所在地的には中巨摩郡昭和町の駅と言う事になります。
駅は市街地の真っただ中にあり、大型商店や住宅地に囲まれています。
その為、夜22時頃になっても駅の周りには人やタクシーが多くいて、
狭い駅前がとても窮屈に思えました。
駅舎の形が若干違いがあるものの、身延線の鉄筋コンクリート造の典型的な簡易駅舎ですね。
左側に待合スペース、右側には運賃表と時刻表、窓口のある駅ない駅と言った感じですね。
この駅にも申し訳程度にシャッターは下りてますが窓口があります。
果たして窓口は開いた事があるのでしょうか。

駅名:国母駅(こくぼ)

住所:山梨県中巨摩郡昭和町西条

無人駅、ジュースの自動販売機、公衆電話、トイレ(駅舎右手に少し歩いた所にあり)

JR東海 | コメント:0 |

JR身延線・常永駅(じょうえい)

鉄筋コンクリート造で車寄せ部分上の明かり取りが特徴的な駅舎です。
joei01.jpg

駅舎左側には別棟のトイレがあります。
joei02.jpg

えっ!待合室の中は何故かがらんどうになってます。以前は椅子があったような跡がありますけど。
joei03.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。
joei04.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線で、ホームへは構内踏切を渡って向かいます。
joei06.jpg

JR東海仕様の駅名表です。
joei07.jpg

国母方面を望む。
joei08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
ようやく長い一週間が終わりました…疲れがドッと出てしまいました…
世間的には三連休の初日だったんですよね。
まあ俺も明日から二日連休ですが休めるだけマシなのかもしれません。
明日から木曜日ぐらいまで雨らしいので、家でゆっくり疲れを取るか考え中です。

さて、今日は身延線の常永駅を紹介したいと思います。
駅舎はご覧の通りの鉄筋コンクリート造の簡易駅舎で、
待合室内ががらんどうになっていたのでビックリしました。
写真を撮り忘れてしまいましたが、シャッターが閉まっていましたが窓口のようなものもありました。
有事の際に窓口が開く事があるのかもしれませんね。
駅周辺は田畑もあるものの、住宅地になっていて、撮影時は22時頃でしたが、
人の行き来もそれなりにありました。

駅名:常永駅(じょうえい)

住所:山梨県中巨摩郡昭和町上河東

無人駅、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり


JR東海 | コメント:0 |

JR身延線・小井川駅(こいかわ)

駅舎は無く、待合室とホームのみの無人駅です。
koikawa01.jpg

待合室は芦川駅と比べて大きく、木製の長椅子もかなりの人数が座れそうです。
東花輪方面を望む。
koikawa02.jpg

待合室のみかと思っていたら、トイレと手洗い場、担架置き場までありました。
koikawa03.jpg

常永方面を望む。すぐそばに踏切があり、その後ろを立体交差しているのは新山梨環状道路です。
koikawa04.jpg

ロータリーはありませんが、やや大きめの駐輪場があります。
koikawa05.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今週も今日が終われば三連休と言う方も多いと思います。
いえいえ、私は明日も仕事で二連休です。まあ連休なので良しとしますよ(笑
この時期は秋雨前線が停滞し、気温はそれほどでも無いんですがジメジメしている為、
夏の疲れがドッと出る時期で、とてもしんどい毎日を過ごしております。
今度の連休は体の疲れを抜くのには丁度良い連休になるかもしれませんね。

さて、今日は小井川駅を紹介したいと思います。身延線もここまで来ると市街地に入り、
辺りは住宅地に囲まれ、撮影時は午後九時を過ぎていたこともあり、
家からは楽しそうな笑い声が聞こえてきたりしていました。

ホーム構造は片面ホーム一面一線でホームと待合室のみの無人駅ですが、
トイレと手洗い場があるので万が一の時は助かりますね。
担架置き場がありましたが、有事の備えてと言う事では良い事だと思います。

この辺りでデジカメの電池がヤバくなってきましたので、行けるところまで写真を撮って来ました。

駅名:小井川駅(こいかわ)

住所:山梨県中央市上三條

無人駅、トイレあり

JR東海 | コメント:0 |

一休みします。



特急しらゆき号、長岡駅にて。
久しぶりに乗車したE653系です。
稲敷郡にいる親父とお袋の所へ行くのにフレッシュひたち号で土浦まで利用していました。

鈍行でも1時間ちょいで行ける距離でしたが、ちょっとした贅沢をしてましたね。

こんばんは!今日も1日お疲れ様でした!
疲れがドッと出てしまいましたので今日はこれでご容赦ください。
それではおやすみなさい!

挨拶 | コメント:2 |

JR身延線・甲斐上野駅(かいうえの)

何となく無味乾燥なコンクリートの塊のような簡易駅舎ですが、
車寄せに赤のアクセントが付いていたり、壁の二つの模様が何となく中華な雰囲気を出そうとしているようです。
駐輪場は少し離れた左側に、トイレは右側に別棟で設置されております。
kaiueno01.jpg

駅舎の中は木製の椅子が設置されております。ゴミ箱などはありません。
kaiueno02.jpg

壁に掲げられているのは時刻表と運賃表です。
kaiueno03.jpg

ホームへは構内踏切を渡って向かいます。
kaiueno04.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線でホーム中程に古い趣のある待合室があります。
東花輪方面を望む。
kaiueno08.jpg

だいぶ減りつつある古く趣のある待合室があるのは、何となく嬉しいです!
kaiueno06.jpg

内部は木製の長椅子が設置されていて、駅舎とは違い、扉で締め切る事が出来ます。
kaiueno07.jpg

芦川方面を望む。こちら側から見ても待合室は良い雰囲気を醸し出しております。
kaiueno10.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。左半分は立ち入る事の出来ないスペースなので、
待合スペースが本当に狭いのがわかっていただけると思います。
kaiueno09.jpg

JR東海仕様の駅名表です。
kaiueno05.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
気温はそれほどでもなかったんですが、湿度が高く、雨も降ったり止んだりと、秋雨前線の影響なのでしょうか。
こういう時期は本当に疲れますし、夏の疲れがドッと出る時期で、ある意味一番しんどい時期かもしれません。
体調を崩しやすい季節ですが、早めに休むなり、栄養のあるものを食べるなりして、何とか乗り切りたい所です。

さて、今日はみたまの湯に向かう直前に立ち寄った甲斐上野駅を紹介したいと思います。
周囲は住宅地や畑の広がる田園地帯になっていて、駐輪場にもそこそこの台数の自転車が止まっていたので、
利用者はそこそこいるのではないかなと思いました。
コンクリートの塊のような中華なアクセントのある簡易駅舎はともかく、
ホーム上にある古く趣のある待合室は一見の価値のあるものではないかと俺は思います。
古い木造の待合室で雰囲気を味わいながら、みたまの湯に向かいました。

※みたまの湯へは車でも15~20分かかりますので、徒歩でも行けない事はありませんが、
ちょっとしたハイキングになってしまうので、体力に自信のある方やハイキングが好きと言う方以外は、
おすすめできません。

駅名:甲斐上野駅(かいうえの)

住所:山梨県西八代郡市川三郷町上野

無人駅、公衆電話、ジュースの自動販売機(別棟トイレの向かい側)、トイレあり(右側別棟)

JR東海 | コメント:0 |

JR身延線・市川本町駅(いちかわほんまち)

近年改築されたコンパクトな駅舎は市川大門駅とはうって変わって和風そのものの造りとなっております。
i-honmachi01.jpg

駅名表が無ければ家の玄関先のような雰囲気がありますね。忘れ物の傘が良い味出してます。
i-honmachi09.jpg

左隣にはジュースの自販機二台と別棟のトイレがあります。
i-honmachi04.jpg

駐輪場とちょっとした広場がありますが、車で入れない事はありませんが、極めて狭いです。
i-honmachi02.jpg

駅舎内は木製の長椅子があるのみです。
明かり取りが上にある関係上天井は高めとなっております。
i-honmachi03.jpg

時刻表と運賃表です。自動券売機は設置されておりません。
以前はこの駅が急行停車駅でしたが、特急格上げ後は停車駅が隣の市川大門駅に変更になりました。
i-honmachi05.jpg

ホームから駅舎出入り口を撮ったものです。
i-honmachi06.jpg

ホーム構造は片面ホーム一面一線です。ホームはややカーブしております。
ホーム上屋の下にも長椅子が設置されております。
町の公共機関や高校なども最寄駅になるので、利用者は市川大門よりも多いと思われます。
市川大門方面を望む。
i-honmachi07.jpg

JR東海仕様の駅名表です。
i-honmachi08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日の東京は午前中はかなり強い雨が降り、傘をさしていてもびしょ濡れになるほどのひどい雨でした。
午後も雨が降ったり止んだりと、気温はじっとしていれば過ごしやすい温度でしたが、
湿度が高いのでどうにも蒸し蒸しする、体力的にはしんどい一日でした。
しかもまあ…こんな日に避難訓練なんて…
まあ、避難訓練は大事な事ですし、あらかじめ予定されていた事ですからね。
この雨でしたし、まあ参りました…

さて、今日は市川大門駅から0,9キロしか離れていない所にある、
隣駅の市川本町駅を紹介したいと思います。
駅の周囲は住宅地に囲まれ、古い商店街があり(やってない店もあり)、
本町と名が付いているだけの事はあり、町の各公共機関や高校の最寄り駅となっていて、
登下校時は狭い駅前は高校生でごった返すのではないかと思いましたね。

近年改築された駅舎は、隣の市川大門駅とは対照的に和風そのもので、
駅舎入り口を見ていたら、まるで家の玄関先のような雰囲気を醸し出しております。

駅名:市川本町駅(いちかわほんまち)

住所:山梨県西八代郡市川三郷町市川大門

無人駅、ジュースの自動販売機、トイレあり

JR東海 | コメント:0 |

JR身延線・市川大門駅(いちかわだいもん)

周囲の駅とは桁違いに大きく、しかも中華風と言うか竜宮城のようと言うか、
何と言ったらいいのでしょうか、立派な駅は公民館併設の駅舎です。
i-daimon01.jpg

何とかして誰も映らないように撮った写真です。
写真に写っていない右側には列車がもうすぐ来る事もあり、結構人がいましたね。
特急「ワイドビューふじかわ」も停車する駅です。
簡易委託駅で自動券売機はありません。右手に公民館の入り口とトイレがあります。
i-daimon02.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線で、構内踏切でホームへ向かう事になります。
i-daimon03.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
昨日までの疲れが抜けきっていないのか、何だかとても眠いですね。
今日の東京は30℃までなかったとはいえ、湿度が高かったのか、
少し動けば汗びっしょりになってしまいました。俺が汗っかきなのか?と思っていたら、
他の人も何だか熱いわ…って言っていたので、蒸し暑かったんだなと思いました。

さて、二日間のリフレッシュの為中断していました身延線の駅舎紹介を再開します。
とはいえ全駅周ってきた訳ではないので、みたまの湯周辺の駅に限りと言う事になります。
今日は市川大門駅を紹介したいと思います。
小田急江ノ島線の江ノ島駅を思い出すような竜宮城風と言うか中華な感じの立派な駅舎です。
周辺の駅舎がコンパクト化されていく流れに逆らうような、巨大な建物です。
それは何故かと言いますと、下地区公民館併設の駅舎だからなのです。
町民以外が駅を利用する際は、当然ながら駅の待合室部分とトイレのみが利用できることになります。
撮影した当日は列車がすぐ来る事もあり、駅舎内にはかなり人がいまして、撮影も限られてしまい、
隣の県ですし、みたまの湯にもまた来るのでその時撮り直そうと言う事で、今回はこれだけです。
周囲は住宅地と古い町並みが形成されていて、人の賑わいもありました。
次に訪問した際は、この変わった駅舎を色々な角度から撮影したいなと思いました。

駅名:市川大門駅(いちかわだいもん)

住所:山梨県西八代郡市川三郷町市川大門

簡易委託駅、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり


JR東海 | コメント:4 |

充実の二日間っ!

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
土日を利用して、週末パスで乗り鉄の旅へ出かけてきました。
確認したいポイントがありましたので、確認する旅でもありました。
①水上以北の上越線の車両がE129系に代わっているかを確認する。
 見事にE129系の二両編成に代わっておりました。

②ほくほく線の超快速に乗る。
 直江津方面へは超快速が二往復になってました。
 乗車した列車は十日町以外に、六日町、まつだい、虫川大杉に停車するタイプでした。

③新潟地区の主力車両が115系からE129系に代わっていたか?
 自分が乗車した限りの列車や、すれ違った列車は全てE129系でした。

④週末パスを利用するのは初めてなので、どれぐらい使い勝手が良い切符なのか確認する為。
 ワープしたい所だけ新幹線や在来線特急を利用すれば、かなり行動範囲を広く使える事が解りました。

二日間の行程をざっと書かせて頂きます。
・一日目 
自宅→大宮~高崎を新幹線自由席利用→上越線・水上→越後湯沢→直江津(超快速・スノーラビット)

 直江津~長岡を特急しらゆき自由席利用→信越本線・新津→磐越西線・五泉

 五泉にて昼食→新津から羽越本線で新発田→白新線・黒山(駅舎撮影)

 黒山~佐々木(徒歩移動)→坂町→米坂線終点・米沢(米沢泊)

・二日目
 米坂→奥羽本線・福島→東北本線・郡山→水郡線・水戸

 常磐線・水戸~東京(特急ときわ指定席利用)→自宅

無理をすればもう少し周れたような気がしますが、これだけでも疲れがドッと出てしまいましたから、
これ以上無理はしないで、もう少しゆったり目の行程にしても良いのかなと思いました。

一応、東京から在来線で長岡以北もしくは福島以北を往復するだけで元は取れる事になっております。
週末パスは二日間有効で大人8730円となっていて、発売は利用前日までとなっているので、
当日購入する事は出来ませんので注意が必要です。
要所要所で特急列車や新幹線などを使えば、幅広くゆとりを持った旅行が出来ると思いますので、
この切符を活用して旅行してみるのも良いと俺は思います。


旅行 | コメント:0 |

超快速スノーラビット



越後湯沢9時14分発ほくほく線超快速スノーラビット新井行きです。
この列車は十日町以外にも数駅停車するタイプなんですが、列車の行き違いもほぼ無く、駅を通過する際も減速する事がないので、あっという間に直江津に到着しました。所要時間1時間ですから、直江津方面の方も十分北陸新幹線と太刀打ち出来るのではないかと思いましたね。

挨拶 | コメント:0 |

今も旅行プランの肉付けをしております。

みたまの湯からの帰り道、山の中腹から甲府盆地の夜景を撮ったものです。
IMG_1005.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
やっと一週間が終わりました。色々あって何だか長い一週間でした…
この時期は夏の疲れがドッと出る時期で、おまけにポケモンにハマり、
夜な夜な散歩をして体力を消耗してしまったりと。

この週末に時間を頂く事が出来ましたので、鉄道旅行に出かけて来ようと思います。
その為の肉付けをしている最中なので、駅のリポートは日曜日以降に行おうと思いますので、
ご了承ください。

挨拶 | コメント:0 |

JR身延線・芦川駅(あしがわ)

片面ホーム一面一線のホームと待合室のみの無人駅です。
ashigawa01.jpg

駅舎と言うか待合室です。トイレなどはありません。
ashigawa02.jpg

長椅子が一脚ドカンと置かれているのみです。
ashigawa03.jpg

ホームのすぐそばには踏切があります。市川本町方面を望む。
ashigawa04.jpg

JR東海仕様の駅名表です。
ashigawa05.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
ここの所、夜な夜な散歩を続けていたツケが来て、非常にクタクタです。
ポケモンも楽しいですが、無理しちゃだめですね…
ポケモンGOって適度な散歩が必要なので、健康には良いのかもしれませんね。

さて、今日は身延線の芦川駅を紹介したいと思います。
本来ホームと待合室のみの無人駅にはあまり興味が無いんですよね。
特徴のある木造駅舎、街のシンボルのような駅舎などには興味があって追いかけているんですけど、
何故かホームと待合室のみの駅には惹かれないんですよね…
駅舎が無いとはいえ駅な訳ですから、これからはもう少し興味を持ってみようと思います。

住宅地の中に溶け込むようにある待合室のみの無人駅で、駅のすぐそばに踏切があります。
何故ここを通ったかと言うと、駅舎を巡りながらみたまの湯に行こうと思ったからなんですよね。
踏切を通る車もそれほど多くなく、住宅地とはいえ土曜日の夕方と言う事もあり、人は誰もいませんでした。

駅名:芦川駅(あしがわ)

住所:山梨県西八代郡市川三郷町上野

無人駅
JR東海 | コメント:4 |

JR身延線・波高島駅(はだかじま)新駅舎

古い木造駅舎が、ご覧の通りのコンパクトな駅舎に生まれ変わりました。
旧駅舎の模様はこちらになります。
hadakajima01.jpg

フェンスで覆われておりますが、こちらの空き地の部分にかつては木造駅舎がありました。
hadakajima02.jpg

室内は狭く、木製のベンチが4脚あるのみです。
hadakajima03.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。ホーム側には扉が無く、
せっかく入り口側に扉があるというのに締め切る事が出来ません。
hadakajima04.jpg

この駅にもトイレが無いのかと思いきや、駐輪場付きの綺麗なトイレが設置されておりました。
hadakajima05.jpg

「波高島」の地名の由来が書かれて看板があります。
hadakajima06.jpg

以前はホーム上に庭木のような物がありましたが、古い待合室とともに撤去されてしまいました。
hadakajima07.jpg

駅名表です。以前はボロボロでしたが、綺麗な物に変えられております。
hadakajima08.jpg

駅前はこんな感じです。集落が形成されていて、少し歩くと富士川に出る事が出来ます。
hadakajima09.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日はなんだか疲れました…異様に蒸し暑かったのと、仕事的にゆとりが無かったからなのでしょうかね。
早めに休もうかと思いましたが、こんな時間になってしまいました…
今日も性懲りもなく夜の散歩に出てしまいました…ええ、ポケモンのせいです(苦笑

さて、今日は昨日の予告通り新しくなった波高島駅を紹介したいと思います。
以前あった古い木造駅舎は、やや大きめだったとはいえ、こんなにコンパクトになってしまうとは…
でも、芝川駅よりは駅舎としての形になっているだけマシなのかなと思います。
これだけしっかりとした箱があるのに、ホーム側には扉が無いので、締め切る事が出来ないのは残念です。
そのせいか、鳥の侵入があるようで、天井部分に侵入を防ぐネットが張られておりました。

ホーム構造は島式ホーム一面二線なのは以前と変わりませんが、
ホーム上にあった古い木造の待合室と庭木のような飾りがあったのですが、
撤去されてしまっていたのが残念でなりません。維持管理の問題でなのでしょうか。

駅名:波高島駅(はだかじま)

住所:山梨県南巨摩郡身延町波高島

無人駅、公衆電話、トイレあり
ジュースの自動販売機も駅からすぐの所にあります。

JR東海 | コメント:4 |

JR身延線・鰍沢口駅(かじかざわぐち)

かつては大きめの木造駅舎がありましたが2012年3月に無人化され、
今年の3月に駅舎がリニューアルされました。
kaji01.jpg

入り口部分をアップしてみました。待合スペースは極めて狭いです。
kaji02.jpg

締め切りは出来ますが、狭く空調などは無く、この日は暑くて中にいるのはしんどい状態でした。
kaji03.jpg

出入り口反対側からアップした物です。万が一の時の為に窓口らしきものがあり、
シャッターが下りた状態になってます。
kaji04.jpg

地下道も新しい物にされております。
kaji05.jpg

夜間滞泊があるので、乗務員の詰所なのでしょうか?
kaji06.jpg

ホーム側から地下道の出入り口を撮ったものです。
kaji07.jpg

駅舎をホーム側から撮ったものです。
詰所の大きさはそこそこ大きい物です。駅の機能はとてもコンパクトな物になってますね。
kaji08.jpg

ちょうど列車の行き違いを行っておりました。
ホーム構造は島式ホーム一面二線で、駅舎とホームを地下道が結んでおります。
kaji09.jpg

JR東海の駅名表です。電光式ではありません。
kaji10.jpg

落居方面を望む。
kaji11.jpg

市川大門方面を望む。
kaji12.jpg

JR東海の休憩所となっておりました。こちらの建物は現役なのでしょうか?
kaji13.jpg

駅前は結構な広さが取られておりますが、住宅地があるとはいえ、
鰍沢の市街地は富士川の対岸にあるので、こちら側はとてもひっそりとしております。
kaji14.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
週明けからすっかりポケモン野郎になっております…
近所の公園を散歩すると、同じような方をかなりの数見かけますので、
まだまだブーム真っ盛りと言った感じでしょうか。
夕方(ほぼ夜)だというのにいつも閑散としていた公園に何人も人がいましたからね(苦笑
しっかし朝晩は涼しくなったとはいえ、日中はまだまだ暑いですね…
もうちょっとの辛抱と言いたい所ですが、また台風が発生し、
木曜にはこちらにやって来るというじゃないですか…
もう台風はいいっすよ…傷がいえない場所もたくさんありますから、勘弁してほしいものです。

さて、週末に山梨のみたまの湯に行った際に、どうしても行きたい駅があったので、
足を運ぶ事にしました。その一つがこの鰍沢口駅です。
鰍沢の市街地は富士川の対岸にあるので、駅がある側は住宅地があるものの、
本当にひっそりしているものの、列車が来る時間になると送り迎えの車が何台もやって来ました。
この鰍沢口駅は身延線の中でも主要駅の一つで、特急「ワイドビューふじかわ」も全列車停車する駅なのです。
ですが、2012年3月を持って無人化されてしまい、
古く立派な木造駅舎も今年の3月にご覧の通りの駅舎になってしまいました。
待合スペースは椅子が三つあるのみで、締め切りは出来るものの空調はなく、暑苦しさを感じましたね。
小さなシャッターがありますが、万が一の時に対応する為の窓口のような感じがしました。
実際に開いた事があるのかはわかりません。

明日は新しくなった波高島駅を紹介する予定です。

駅名:鰍沢口駅(かじかざわぐち)

住所:山梨県西八代郡市川三郷町黒沢

無人駅、ジュースの自動販売機あり
トイレは周囲を探したのですが、見当たりませんでした。


JR東海 | コメント:2 |

ポケモンGOにはまってしまいました…

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
一週間の始まりの月曜日からとても暑く、こんなに体力を消費するとは思っても見ませんでした。
定時で帰れるかと思ったのですが、ちょっとした講習があり1時間半ほど残業になってしまい、
何だか余計に疲れました…
おまけに昨日インストールして始めてしまった「ポケモンGO」にすっかりハマってしまいました…
近くを散歩するだけで、結構な数のポケモンが現れますし、公園や神社、役所の支所等がスポットになってまして、
夜な夜な散歩してちょっと前に帰って来ました…

良い運動と言えばよい運動なんですが、GPSで異様に電池食いますし、
モバイルバッテリーが必要になりそうなのが心配の種です。
どこまでやり続けるのかわかりませんが、近所を散歩も悪くはありませんので、
散歩がてら、どハマりしない程度にやらなくてはと思います。

今日はこんなぼやきですみません。明日は駅舎の記事をしっかりアップしますので宜しくお願い致します。

ぼやき | コメント:0 |

JR中央本線・初狩駅(はつかり)

古い木造駅舎で、駅前広場はとても広く取られています。


自動券売機一台とSuicaのカードリーダーが設置されております。


初狩駅は残念ながら昨年の4月1日に無人駅となってしまいました。


ホームへは構内を渡り、地下道を通って向かう事になります。


ホーム構造は島式ホーム一面二線でホーム上に待合室もあります。



こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
昨日の夕方一時間で到着し、今日の朝は国道20号で一時間半で帰って来ました。
山梨って高速を使うと早いもんですね。車中泊した道の駅・甲斐大和は若干蒸し暑さを感じましたが、
外が騒がしいなと思って目が覚めた朝5時まで、ぐっすりと眠る事が出来ました。

さて、身支度をし帰宅する前に笹子駅と紹介する初狩駅を訪問しました。
初狩駅は昨年4月に無人駅化されるまでは駅員がいました。
周囲には集落もあり、駅前に郵便局もあり、駅舎横には銀行のATMもあるんですが、
合理化の波には逆らえなかったのでしょうかね。

ホームを撮りに足を運んだ所、大月方面に向かう利用者が結構いました。
降りてきたのは数人でしたが、朝なのでこんなものなんでしょうかね。

ホームへ向かうまでに広い構内を渡らないといけないのは、昔貨物の搬出などでも賑わったのでしょうか。

駅名:初狩駅(はつかり)

住所:山梨県大月市初狩町下初狩

無人駅、自動券売機一台、ジュースの自動販売機、公衆電話、トイレあり
郵便ポストは駅前に郵便局あり

JR東日本(甲信越) | コメント:2 |

山梨で車中泊します。


こんばんは!今日も1日お疲れ様でした。
みたまの湯で夜景が見たくて、夜な夜なやって参りました。
甲府市内や周辺の街が一望できますので、オススメします!
23時まで営業しているので(受付は22時まで)、十分景色を満喫出来ます?

挨拶 | コメント:0 |

今日も一日お疲れさまでした!

上の駅で撮ったあけぼの号です。(2013年8月撮影)
IMG_8304.jpg

青森駅に到着したあけぼの号です。(2013年8月撮影)
IMG_8317.jpg

一週間お疲れさまでした。俺もようやく土日の連休を迎える事が出来ます!
本来ならあけぼの号のような寝台列車で出かけられればと思うんですが…もう無いですよね(涙
時間が出来たので、お出かけしようと思いますが、夏の疲れがドッと出てしまったので、
どうなる事やら…
出かけられなければ、家でゆっくり過ごす土日も良いのかもしれませんね。

今日も危うく寝過ごすところでした…

それではおやすみなさい!
挨拶 | コメント:0 |

JR根室本線・山部駅(やまべ)

山小屋風の洒落た造りでやや大きめの駅舎です。(2014年8月撮影)
yamabe01.jpg

駅は無人化されてました。(2014年8月撮影)
yamabe03.jpg

木製の長椅子ではなくプラベンチが8脚設置されております。
プラベンチには座布団が置かれておりました。(2014年8月撮影)
yamabe02.jpg

ホームは二面二線で、それぞれのホームが若干ずれていて千鳥式になってます。
それぞれのホームを構内踏切で結んでおります。
下金山方面を望む。(2014年8月撮影)
yamabe04.jpg

布部方面を望む。(2014年8月撮影)
yamabe06.jpg

山部駅からすぐそばにある国道沿いのカレー屋で食べたカレーです。(2014年8月撮影)
yamabe07.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
気が付けば9月に突入しましたね。ですが、まだまだ日中は暑いです…
朝晩は涼しくて過ごしやすくなりましたが、こういう時期って疲れがドッと出るんですよね…

さて、今日は山部駅を紹介したいと思います。意外にも5枚しか写真を撮っていなかったのが、
残念で心残りです。駅周辺は駅のすぐ前を国道が通っていて、
道路沿いにちょっとした市街地が形成されていて、商店などもありました。
駅のすぐそばで美味しいカレーを食べたのを思い出しました。
駅そのものは洒落た造りになっていて、付近の駅に比べるとやや大きめの造りとなっていて、
富良野以外で周囲の駅の利用者の数と比例しているのかもしれませんね。
列車の本数も少ないですし、列車が来る時間ではありませんでしたので、駅にいたのは自分達だけでした。

駅名:山部駅(やまべ)

住所:北海道富良野市山部市街地1条通

無人駅、郵便ポスト、トイレあり

JR北海道 | コメント:0 |
| ホーム |