FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR身延線・甲斐上野駅(かいうえの)

何となく無味乾燥なコンクリートの塊のような簡易駅舎ですが、
車寄せに赤のアクセントが付いていたり、壁の二つの模様が何となく中華な雰囲気を出そうとしているようです。
駐輪場は少し離れた左側に、トイレは右側に別棟で設置されております。
kaiueno01.jpg

駅舎の中は木製の椅子が設置されております。ゴミ箱などはありません。
kaiueno02.jpg

壁に掲げられているのは時刻表と運賃表です。
kaiueno03.jpg

ホームへは構内踏切を渡って向かいます。
kaiueno04.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線でホーム中程に古い趣のある待合室があります。
東花輪方面を望む。
kaiueno08.jpg

だいぶ減りつつある古く趣のある待合室があるのは、何となく嬉しいです!
kaiueno06.jpg

内部は木製の長椅子が設置されていて、駅舎とは違い、扉で締め切る事が出来ます。
kaiueno07.jpg

芦川方面を望む。こちら側から見ても待合室は良い雰囲気を醸し出しております。
kaiueno10.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。左半分は立ち入る事の出来ないスペースなので、
待合スペースが本当に狭いのがわかっていただけると思います。
kaiueno09.jpg

JR東海仕様の駅名表です。
kaiueno05.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
気温はそれほどでもなかったんですが、湿度が高く、雨も降ったり止んだりと、秋雨前線の影響なのでしょうか。
こういう時期は本当に疲れますし、夏の疲れがドッと出る時期で、ある意味一番しんどい時期かもしれません。
体調を崩しやすい季節ですが、早めに休むなり、栄養のあるものを食べるなりして、何とか乗り切りたい所です。

さて、今日はみたまの湯に向かう直前に立ち寄った甲斐上野駅を紹介したいと思います。
周囲は住宅地や畑の広がる田園地帯になっていて、駐輪場にもそこそこの台数の自転車が止まっていたので、
利用者はそこそこいるのではないかなと思いました。
コンクリートの塊のような中華なアクセントのある簡易駅舎はともかく、
ホーム上にある古く趣のある待合室は一見の価値のあるものではないかと俺は思います。
古い木造の待合室で雰囲気を味わいながら、みたまの湯に向かいました。

※みたまの湯へは車でも15~20分かかりますので、徒歩でも行けない事はありませんが、
ちょっとしたハイキングになってしまうので、体力に自信のある方やハイキングが好きと言う方以外は、
おすすめできません。

駅名:甲斐上野駅(かいうえの)

住所:山梨県西八代郡市川三郷町上野

無人駅、公衆電話、ジュースの自動販売機(別棟トイレの向かい側)、トイレあり(右側別棟)

スポンサーサイト



JR東海 | コメント:0 |
| ホーム |