ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR高山本線・高山駅(たかやま)

駅舎訪問に訪れる少し前の10月1日に供用開始した高山駅の新駅舎は、
橋上駅舎に生まれ変わりました。こちらは乗鞍口(東口)になります。
takayama01.jpg

出入り口部分をアップして撮ったものです。一階部分にはカフェとコインロッカーがあります。
takayama02.jpg

売店と駅弁売り場、待合スペースなどがあります。
takayama03.jpg

みどりの窓口と自動券売機があります。自動券売機が一台だけだったのが予想外でした。
takayama04.jpg

改札方面を撮ったものですが、自動改札ではありません。
takayama05.jpg

東西自由通路(匠通り)には高山祭の屋台などが展示されております。
takayama06.jpg

ホーム構造は片面一面一線と島式ホーム一面二線の二面三線構造です。上枝方面を望む。
takayama07.jpg

こちらは橋上化に伴い新しく整備された白山口(西口)です。
takayama08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
早いもので10月も今日で、いやあと2時間弱で終わろうとしております。
明日から11月になりますし、忙しく仕事をしていたらあっという間に年末なんて事になりそうです。
最近何だか時が経つのが異様に早く感じるんですよね。

さて、今日は高山本線の主要駅である高山駅を紹介したいと思います。
10月に生まれ変わったばかりの橋上駅舎は、高山祭を翌日に控えていた事もあり、
人がごった返していて、駅前のコインパーキングに駐車してから手短に駅舎を撮影しました。
市街地側にあたる乗鞍口(東口)の橋上駅舎一階部分には、カフェとコインロッカーがありました。
早速エスカレーターに乗り、改札口の方へ向かいますと、売店と駅弁売り場のある待合スペースがあり、
コンパクトにまとまっているなと思いました。
切符売り場には人がごった返していたんですが、自動券売機は一台しかなかったのにはビックリしました。

駅名:高山駅(たかやま)

住所:岐阜県高山市昭和一丁目

直営駅、みどりの窓口、自動券売機、駅レンタカー、売店、駅弁売り場、
カフェ(一階)、コインロッカー(一階)、ジュースの自動販売機、公衆電話、トイレあり


スポンサーサイト
JR東海 | コメント:0 |

JR高山本線・飛騨一ノ宮駅(ひだいちのみや)

赤いトタン屋根の木造駅舎は横長でかなりの存在感があります。
hidaichi01.jpg

駅舎出入り口部分の車寄せの形状が神社の社を意識した造りになってますね。
hidaichi03.jpg

無人化されて久しく、窓口部分に運賃表が掲示されております。
hidaichi02.jpg

待合スペースには木製の長椅子が二脚と一人掛けの椅子が三脚あります。
hidaichi04.jpg

駅舎右横にはトイレがあります。
hidaichi05.jpg

ホーム構造は駅舎側片面一面一線と島式ホーム一面二線のうち片側のみ使用の実質二面二線構造となっております。
hidaichi06.jpg

それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。跨線橋が駅舎反対側にも出られるような構造になっております。
駅舎反対側には桜の名所で国指定天然記念物の臥龍桜のある臥龍公園や大幢寺などがあります。
hidaichi07.jpg

JR東海仕様の駅名表です。
hidaichi08.jpg

臥龍公園にもトイレがあり、駅のトイレよりも新しいので、こちらの方がきれいだと思います。
hidaichi09.jpg

こちらが臥龍の桜です。
hidaichi10.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
いや~寒い一日でしたねぇ。布団から出るのがこんなに億劫なのは久しぶりです。
日頃の疲れもあるんでしょうけど、やはり寒いからでしょう!
たった一日の休みなので、有効に過ごさなくてはと思い、朝はさっそくQBハウスで散髪してもらいました。
その後は食料品の買い出しをし、近くの味噌ラーメン屋へ行き、味噌ラーメンを食べましたが味はまずまずでした。
色々な種類の味噌ラーメンがある所なので、また時間を見つけて足を運ぼうと思います。

さて、今日は高山本線の飛騨一ノ宮駅を紹介したいと思います。
最終目的地である西富山駅を目指すべく、白川口駅から一気に国道41号線を北上しました。
途中眠気が襲い、道の駅「飛騨街道なぎさ」で一休みし、飛騨一ノ宮駅に到着しました。
古い木造駅舎は横長な造りでとても小駅と言った感じではありませんでした。
駅の裏から少し歩いた所に大幢寺があるので、駅舎の車寄せ部分が社を意識した造りになっていました。
ホーム構造は元々は二面三線構造だったようですが、現在は島式ホームの片面には柵が設置されているので、
パッと見では相対式二面二線のように見えますね。
駅舎裏側に名所である臥龍桜があったり、神社があったりするので、桜の時期や、
初詣の時などはとても賑わう事でしょう。
季節外れの時期にもかかわらず、俺以外に数人の方が臥龍桜の写真を撮りに来ていましたから。

駅名:飛騨一ノ宮駅(ひだいちのみや)

住所:岐阜県高山市一ノ宮町

無人駅、トイレあり

JR東海 | コメント:0 |

危うく更新が途絶える所でした…


こんばんは!今日も1日お疲れ様でした!
ようやく長い一週間が終わり、ホッと一息ついていたら寝てしまい危うく更新を忘れる所でした。
今日は体が疲れると言うよりも精神的に疲れる1日でした。
要領が悪い人を相手に仕事すると疲れますね。
こういう時は美味しいラーメンを食べてストレス解消したいです。
明日どこかで食べようと思います。
写真はお気に入りの熊本にある大将軍のトンコツチャーシュー麺です。
それではおやすみなさい!

挨拶 | コメント:0 |

JR高山本線・白川口駅(しらかわぐち)

緑のトタン屋根の木造駅舎はこじんまりとしたものでした。
s-guchi01.jpg

車寄せ部分をアップで撮ったものです。
s-guchi03.jpg

観光協会による簡易委託駅で、町の特産品がメインですが売店があり、
ちょっとですがお菓子や飲み物などが置かれております。
s-guchi02.jpg

待合スペースはやや狭く、椅子が9脚設置されているのみです。
s-guchi04.jpg

ホーム側の駅舎出入り口上部に設置されている駅名表ですが、
古い物なのか新しい物なのかちょっとわかりません。
s-guchi05.jpg

ホーム構造は駅舎側片面一面一線と島式ホーム一面二線の二面三線構造となっております。
それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。下油井方面を望む。
s-guchi06.jpg

ホーム長は特急停車駅と言う事もあるのか長めに取られております。
上麻生方面を望む。
s-guchi08.jpg

下呂・高山方面への島式ホームには大きめの待合室が設置されております。
s-guchi07.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。
s-guchi09.jpg

駅舎右隣に新しいトイレが設置されております。写真右端に見えると思うんですがホーム内にもトイレがあります。
s-guchi10.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした!
一週間お疲れさまでしたと言う方も多くいらっしゃると思いますが、
俺は仕事です。明日も寒い一日になりそうなので体調管理には気を付けないといけません。
今日は本当に寒い一日で、午後から降ってきた雨が追い打ちをかけてくれました(涙
今晩は暖かくしてゆっくり寝ましょう!

さて、今日は高山本線の白川口駅を紹介したいと思います。
10月の三連休に高山本線の駅訪問を行ったのですが、すべての駅を周れれば良かったのですが、
さすがにそれは無理があるので(観光もしたかった)、白川口駅よりも南下するのは今回はやめにしました。
上麻生駅まではかなり距離があると言う事もあり、上麻生以南は今後中部地方を訪問した際に、
足を運ぼうと思いますのでご了承ください。

駅前広場のすぐそばを国道41号線が通り、ホームのすぐ横には法面があり、
立地的にはとても狭い場所に駅がある事がわかります。
実際、白川町役場をはじめ、白川の市街地があるのは飛騨川を渡った向こう岸の方になります。
駅舎内には簡易委託された切符売り場の窓口と地場品などが売られている売店があります。
駅舎右隣の真新しいトイレはウォシュレットだったのにはビックリしました。
切符売り場で入場券を購入してから、ホームなどの撮影を行いました。

駅名:白川口駅(しらかわぐち)

住所:岐阜県加茂郡白川町坂ノ東

簡易委託駅、地場品などの売店、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり



JR東海 | コメント:0 |

JR高山本線・下油井駅(しもゆい)

トタン屋根でさっぱりとした造りの木造駅舎です。
shimoyui01.jpg

車寄せの軒下にある駅名表を拡大した物ですが、比較的新しいものでした。
shimoyui02.jpg

窓口は完全に塞がれてしまっているので、以前どんな感じだったのかは全く分かりません。
shimoyui03.jpg

木製の長椅子が壁際の端から端まで設置されております。
shimoyui04.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、下呂・高山方面ホームには待合室が設置されております。
それぞれのホームを屋根のない跨線橋が結んでおります。
shimoyui06.jpg

JR東海仕様の駅名表です。駅名表の後ろにトイレがありますが、古典的ないわゆるボットンタイプのものです。
shimoyui07.jpg

白川口方面を望む。
shimoyui08.jpg

駅舎撮影をしていたら、ちょうど美濃太田方面行きの列車がやって来ました。
ディーゼルとはいえ、この辺りにもステンレス車両がやって来るようになったんですね。
shimoyui09.jpg

駅前はこんな感じです。駅周辺には山間の集落が形成されております。
駅前広場はこの規模の駅にしてはかなり広いと思いました。
shimoyui10.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
ここの所、十分寝ているはずなのに眠さが抜けきらない状態が続いております。
気候の変化にまだ対応しきれていなくて、疲れが抜けきらないからなのでしょうかね。
街中でも、職場でも最近マスクをしている人がかなり目立つようになりました。
風邪で体調を崩されている方がかなりいるんだなと思い、自分も気を付けなくてはと思いましたし、
こういう時は少しでも早く就寝する事が大事なのでしょう。
ブログを書いたら、さっさと寝る事にします。

さて、今日は高山本線の下油井駅を紹介したいと思います。
こじんまりとした木造駅舎があり、簡易駅舎ではなかったのでホッとしました。
この規模の駅にしては広すぎるほどの駅前広場でしたね。
かつては駅員がいたのですが、現在は窓口のあった側が完全に板で覆われてしまっているので、
窓口がどんなだったかは全く分からない状態です。
駅舎を撮影して間もなくすると美濃太田方面行きの列車がやって来ました。
駅舎周辺で待っていた数人の方を乗せて、ゆっくりと発車していきました。

駅名:下油井駅(しもゆい)

住所:岐阜県加茂郡白川町白山

無人駅、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり


JR東海 | コメント:0 |

JR高山本線・飛騨金山駅(ひだかやなま)

トタン屋根の古い木造駅舎が良い雰囲気を醸し出しております。
h-kana01.jpg

駅舎全体はこんな感じです。
h-kana02.jpg

自動券売機は無く、簡易委託駅で観光案内所があり、観光案内所の方に窓口業務を委託されているようです。
h-kana03.jpg

待合スペースはやや広めで、木製の長椅子から九脚ある椅子全てに座布団が敷かれていました。
h-kana04.jpg

ホームから改札を撮ったものですが、この駅で美濃路と飛騨路の境になっているようです。
h-kana05.jpg

ホーム構造は駅舎側片面一面一線と島式ホーム一面二線の二面三線構造となっております。
それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。下油井方面を望む。
h-kana06.jpg

岐阜・美濃太田方面側の島式ホームには大きめの待合室が設けられております。
焼石方面を望む。
h-kana07.jpg

下油井方にはかなり大きめの保線事務所があります。
h-kana08.jpg

駅舎側ホームの跨線橋脇にトイレがあります。
h-kana09.jpg

駅を出ると、ご覧の通りのアーチが歓迎してくれます。
ちょうど昼時だったので、この食堂で飯を食べようとしたんですが、先を急いでいたのでスルーしてしまいました…
h-kana10.jpg

こんばんば!今日も一日お疲れさまでした。
昨日の肌寒さは何だったのでしょう…今日はうって変わって暑くなり、こういう日は疲れが倍増します…
朝夕の寒暖の差は良いとしても、暑いだの肌寒いを繰り返す日々はもういいでしょう…そろそろ落ち着きましょうよ…

さて、今日は高山本線の飛騨金山駅を紹介したいと思います。
駅は観光協会の方が窓口業務を委託されていて、切符を購入する事が出来ますが、
自動券売機は設置されておりません。
窓口が開いていたので、早速入場券を購入してからホームなどの撮影を行いました。
ホーム構造は二面三線の構造となっていて、全列車ではありませんが特急ワイドビューひだが停車します。
駅周辺や飛騨川の対岸には小規模ながらも市街地が形成されています。

駅名:飛騨金山駅(ひだかなやま)

住所:岐阜県下呂市金山町大船渡

簡易委託駅、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり

JR東海 | コメント:0 |

JR高山本線・焼石駅(やけいし)

少し前までは古い木造駅舎がありましたが、簡易駅舎に改築されてしまいました。
yake01.jpg

ホームに向かう途中の壁に時刻表と運賃表が張られております。
yake03.jpg

駅舎機能は待合室のみで窓口等はありません。無人駅です。
yake02.jpg

室内は木製のベンチが三脚あるのみで他は何もありません。椅子には座布団が置かれています。
窓が多く取られているので室内は明るくなっております。
yake04.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。一番線は下呂・高山方面となっております。
yake05.jpg

ホーム構造は相対式二面二線です。下呂方面を望む。
yake06.jpg

それぞれのホームを屋根のない跨線橋が結んでおります。飛騨金山方面を望む。
yake07.jpg

美濃太田・岐阜方面ホームにある待合室です。
yake08.jpg

JR東海仕様の駅名表です。
yake09.jpg

駅舎から少し右へ行った所にトイレがあります。
yake10.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日は午前中までは雨が降らなかったんですが、午後からはしっかり雨が降り、
ただでさえ肌寒いというのに、雨のせいでさらに寒さが堪える一日となりました。

さて、今日は高山本線の焼石駅を紹介したいと思います。
下呂駅の隣駅なのですが、かなり離れた所にあり、とても隣の駅と言う雰囲気の所ではありません。
駅周辺は商店などはありませんが、集落が形成されているものの、駅舎を撮影している間に駅に来た方は、
右横のトイレに用を足しに来た親子だけでした。
対岸を走る国道41号線を通る車の音と、飛騨川の川の流れの音、鳥の鳴き声以外は本当に静まり返っていて、
列車が来ない時は小さな集落の中にある駅の雰囲気そのものでした。
古い木造駅舎があるのではと思い訪問したのですが、ご覧の通りの真新しい駅舎に生まれ変わっておりました。

丁度飲み物が無くなったので、ペットボトルのコーヒーを購入後に飛騨金山駅へ向かいました。

駅名:焼石駅(やけいし)

住所:岐阜県下呂市焼石

無人駅、ジュースの自動販売機(駅舎から左に少し歩いた所)、公衆電話、トイレ(駅舎右手の少し歩いた所)あり

JR東海 | コメント:0 |

JR高山本線・下呂駅(げろ)

木造平屋建てで横長の駅舎は、温泉街の玄関口となっております。
駅前はタクシーや土産物店がひしめき、とても狭く感じました。
gero01.jpg

下呂市観光協会の建物と駅舎の左側にはコインロッカーなどがあります。
gero02.jpg

駅舎出入り口をアップで撮ったものです。木製の駅名表をもっとしっかり撮れば良かった…
gero04.jpg

みどりの窓口もありますが、自動改札は設置されておりません。
IMG_0196.jpg

自動券売機も二台くらいあるかと思ったのですが、一台のみでした。
gero05.jpg

駅舎の内装は、何だか温泉旅館のような内装ですね。待合スペースはそれなりの広さが設けられております。
KIOSKもあり、簡易的ではありますがお土産物も置いてあります。
gero06.jpg

天下の三大泉で日本屈指の温泉地だけあり、竜の口から温泉が湧く下呂温泉のモニュメントもあります。
gero07.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
土日の旅行でリフレッシュは出来たのですが、帰宅時間が遅くなってしまった事もあり、
眠くて仕方がありませんね。今日は早めに寝ます。

さて、今日は高山本線の下呂駅を紹介したいと思います。
三連休の初日に訪問したんですが、駅舎内には観光客がごった返していましたし、
駅前も他県ナンバーの車(俺もですが)が所狭しと行き来していました。
路駐なんてもってのほかなので、駅前のコインパーキングに車を止めて駅舎の撮影を行いました。
観光案内所もコインロッカー周辺も人が溢れていて、こういう状況での駅舎撮影は難しいなと痛感しました。
ですが、せっかく来たのですから何とか合間を縫って撮影を行いました。

有人駅ですし、入場券を買って構内を撮れる状況でもなかったのでホームの写真はありません。
ホーム構造は駅舎側片面一面一線と島式ホーム一面二線の二面三線構造となって、
跨線橋がそれぞれのホームを結んでおります。

駅周辺には人がごった返していたんですが、駅前の土産物店にはそれほど人がいなかったのが、
ちょっと気になりました。土産物店の一つで飛騨牛弁当と笹の葉寿司を購入し、次の駅へ向かいました。

駅名:下呂駅(げろ)

住所:岐阜県下呂市幸田

直営駅、みどりの窓口、自動券売機一台、KIOSK、コインロッカー、
ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり

JR東海 | コメント:0 |

長野・善光寺

こちらは仁王門になります。長野駅方面からくると、善光寺の交差点の所にあります。
zentera03.jpg

仁王門を抜けると、お土産屋さんや仏具屋さんなどが両脇にひしめき合っております。
zentera05.jpg

こちらが山門になります。共通入場券(1000円)を購入すれば、山門の中に入る事が出来ます。
zentera01.jpg

山門の中から長野市街地を見下ろしたものです。鳥が入り込まないようにネットが張られております。
zentera04.jpg

こちらが本堂です。共通入場券で本堂のお戒壇めぐりが出来ます。
全く光の無い暗闇なので注意が必要です。
zentera06.jpg

裏側(戸隠口)にある善光寺資料館です。こちらも共通入場券があれば入場できます。
zentera02.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
帰り道の途中の上田を出発する時間が13時と遅くなってしまい、若干関越道の渋滞に巻き込まれてしまいました。
ちょっと眠かったです…名残惜しいんですけど、もう一時間ぐらい出発を早めれば良かったかも知れません。
初日には小諸の懐古園と上田城跡に行く事が出来、夜は戸倉上山田温泉で宿の湯を満喫する事が出来ました。
長野の善光寺では初めての暗闇を体験する事が出来、全く見えないので怖かったのですが、
良い経験が出来たと思います。
一泊二日の(実質二泊しましたが、途中のSAで寝ただけなので)旅行でリフレッシュする事が出来ました。
疲れがドッと出ましたので今日は早めに休みます。

駅舎の紹介はまた明日から再開したいと思います。それでは、おやすみなさい!



旅行 | コメント:4 |

懐古園と上田城跡





こんばんは!今日も1日お疲れ様でした!
今日は小諸にある懐古園に足を運び、園内を探索しました。
動物園とミニ遊園地があったのにはびっくりしました。
今回は三時間で切り上げましたが、いようと思えば1日いられますね。
上田城跡は真田丸が大河ドラマで放映中と言うこともあり、大混雑でしたが、雰囲気を満喫する事が出来ました!
今夜は戸倉上山田温泉でゆっくりします。
前夜が車中泊だったので、たまには良いでしょう。
明日は長野の善光寺に行ってから、帰宅する予定です。

挨拶 | コメント:0 |

これから車中泊します!

こんばんは!今日も1日お疲れ様でした!
仕事のシフトの関係で来週からしばらく連休がないので、今週やや強行でお出かけする事にしました。
明日は長野をぶらっと観光してきます!
二日続けて写真なしのブログで申し訳ございません!

それではおやすみなさい!
挨拶 | コメント:0 |

今日はドラフト会議でしたね!

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした!
今日は年に一度のプロ野球ドラフト会議が行われました。
最近は駅舎の話がメインになってしまっていて、野球の話に触れていませんでしたが、

千葉ロッテが幕張に移転してくる前から、ロッテオリオンズの時から、平たく言えばガキの頃からのロッテファンなんです。
村田兆治さんや落合さん、有藤さんたちが活躍していた時代を少年時代に親父と川崎球場に野球観戦に行ったものです。
当時の川崎球場と言えば、外野スタンドで麻雀やってたり、カップルがイチャついていたり、親子でキャッチボールをしてたりと、
何なんだっ…ここは球場の外野スタンドか??なんて時代でした。
今や統率のとれた応援で外野スタンドがほぼ満員で暑い応援を送っている。こんな時代が来るなんて思いもよりませんでした。
嬉しい誤算ってやつですね。

さて、今年の千葉ロッテはドラフトの目玉と言われていた創価大の田中正義投手はくじで外したものの、
もう一人の目玉投手と言われていた桜美林大の佐々木投手をくじで獲得する事が出来ました。
今年は投手メインで戦力外を通告しましたので、投手の入れ替えをメインにドラフトをしたのかなと思いましたね。
ドラフト三位で東海大望洋から島投手を獲得できました。高卒とはいえ比較的早く上で投げてくれそうな気がします。
大阪ガスから左の土肥投手と右の酒居投手を獲得できたの大きいと思います。
期待通りの活躍をしてくれるかは自分の努力次第と言う事になると思いますから、
頂いたチャンスをしっかりものにして、ファンに夢を与えられるような選手になってほしいですね!

楽しみにしていますよ!支離滅裂な文章になってしまい申し訳ございません。
スポーツ | コメント:0 |

JR高山本線・禅昌寺駅(ぜんしょうじ)

鉄筋コンクリート打ちっぱなしの造りで横長の駅舎ですが、利用者が使用できるスペースは右端の待合スペースのみです。
zen01.jpg

両脇を綺麗に砂利敷きされていて、その真ん中に駅舎への通路があります。
zen03.jpg

待合スペースは長椅子が二脚あるのみですが、やや広めに取られています。
zen02.jpg

壁には時刻表と運賃表が張られています。待合スペースは締め切りが出来ません。
zen04.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。
zen05.jpg

ホーム構造は本線上にホームは無く、片面ホームがあるのは待避線にあり、
特急列車の通過待ちが可能となっております。下呂方面を望む。
zen07.jpg

ホーム上には上屋も椅子もありません。飛騨萩原方面を望む。
zen06.jpg

JR東海仕様の駅名表です。
zen08.jpg

駅舎左脇のグラウンドの手前に駐輪場があります。
zen10.jpg

駅前はこんな感じです。民家はありますが電話ボックスはおろか商店などもありません。
zen09.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日も季節外れと言うか、蒸し暑い一日でした。明日も暑くなりそうなので、
今から明日が思いやられます。

さて、今日はJR高山本線の禅昌寺駅を紹介したいと思います。
近年改築されたと思われるコンクリート打ちっぱなしの簡易駅舎です。
駅舎はやや大きめですが、使用できるスペースは右端の待合スペースのみとなっております。
駅舎の周りにはトイレもありませんし、公衆電話や郵便ポストもありません。
驚いたのは本線上にはホームが無く、待避線上に片面ホームがあり、
通過待ちが出来る構造になっていた事ですね。なので、普通列車同士の行き違いは出来ません。
駅前の道を少し下って行くと、国道41号線に出る事が出来ます。

駅名:禅昌寺駅(ぜんしょうじ)

住所:岐阜県下呂市萩原町中呂

無人駅

JR東海 | コメント:0 |

JR高山本線・飛騨萩原駅(ひだはぎわら)

大木2本にシルエットを隠され気味の木造駅舎です。
h-hagiwara01.jpg

駅舎玄関の左右に置かれた「はぎわら宿」の行燈が良い味を出しております。
h-hagiwara03.jpg

土曜の9時過ぎの訪問でしたが、残念な事に窓口の営業日が月曜から金曜日でしたので、
入場券を購入する事が出来ませんでした。
h-hagiwara02.jpg

待合スペースにある12脚の椅子にはすべて座布団が敷かれておりました。
h-hagiwara04.jpg

ホーム構造は駅舎側片面一面一線と島式ホーム一面二線の二面三線構造となっております。
禅昌寺方面を望む。
h-hagiwara05.jpg

それぞれのホームを跨線橋が結んでいて、島式ホーム側にはやや大きめの待合室が設置されております。
上呂方面を望む。
h-hagiwara11.jpg

トイレは改札を出て、左へ少し歩いた所にあります。
h-hagiwara06.jpg

ご覧の通り、かなりの大きさで出入り口が二か所あります。
h-hagiwara07.jpg

待合室内は木製の長椅子のみですが、かなりの長さがある上に両側にあるので、
かなりの人数が座れるようになっております。
h-hagiwara08.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。
h-hagiwara09.jpg

JR東海仕様の駅名表です。
h-hagiwara10.jpg

駅前はこんな感じです。すぐそばに高校もあり、商店街などもあり市街地が形成されております。
h-hagiwara12.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日は昨日とはうって変わって気温が上昇し、肌寒かった昨日がウソのような天気でした。
日中全く喉が渇かなかった昨日とは違い、しっかりと水分補給を行いましたね。
暖かくなったり寒くなったりと、これじゃ用心しないと体調崩しますね…気を付けなくては!

さて、今日はJR高山本線の飛騨萩原駅を紹介したいと思います。
駅は飛騨街道の宿場町はぎわらの中にあり、駅のすぐそばには高校があり、
部活の練習中でしょうか?授業中なのでしょうか?校舎からは高校生の声が聞こえてきました。
市街地も商店街などがそこそこの規模で形成されておりました。
駅舎は街の玄関口としてはやや小ぶりの木造駅舎ですが、玄関の左右に置かれた宿場町の行燈が、
とても良い味を出しておりました。
2012年4月から簡易委託化されてしまい、土曜朝に訪問したのですが窓口は開いておらず、
入場券を記念購入しようと思っていたのですが、買う事が出来なかったのはとても残念でした。
全列車ではないですがこの駅も特急ワイドビューひだが停車します。

駅名:飛騨萩原駅(ひだはぎわら)

住所:岐阜県下呂市萩原町萩原

簡易委託駅、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり


JR東海 | コメント:0 |

JR高山本線・上呂駅(じょうろ)

飛騨小坂駅とは違い、飾り気のない古い木造駅舎です。
joro05.jpg

出入り口付近をアップした物です。
joro01.jpg

無人化されて久しく、板で覆われた部分にこの辺りで撮った植物の写真が張られています。
joro02.jpg

待合スペース内は木製の長椅子のみとなっております。
joro03.jpg

駅舎から少し高台にあるホームへは階段を上がって向かいます。
joro04.jpg

ホーム構造は相対式二面二線でホーム上には上屋はおろか椅子もありません。
飛騨宮田方面を望む。
joro06.jpg

それぞれのホームを屋根の無い跨線橋が結んでおります。飛騨萩原方面を望む。
joro07.jpg

JR東海仕様の駅名表です。
joro08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日は朝から雨の一日でした。そのせいか気温は上がらず肌寒い一日となりました。

さて、今日はJR高山本線の上呂駅を紹介したいと思います。
山小屋風などではなく、飾り気のない昔ながらの古い木造駅舎の小駅に巡り合うことが出来ました。
周囲の住宅に溶け込むような木造駅舎の小駅は見ていて何だか落ち着きます。
駅舎内は無人化されて久しく窓口は板で覆われておりますが、写真などが張られていて、
寒々しい雰囲気の中でも、若干ですが癒しの雰囲気を醸し出していました。
ホームは若干駅舎よりも高い位置にあり、何段かの階段を上って向かいます。
二面二線のホーム上には上屋はおろか椅子も無かったので、
椅子に座って列車を待つことが出来ないのがちょっと気になりましたね。

駅名:上呂駅(じょうろ)

住所:岐阜県下呂市萩原町上呂

無人駅、公衆電話あり(※周囲を少し探したしたのですが、トイレはありませんでした。)


JR東海 | コメント:0 |

今日は一休みです。


こんばんは!今日も1日お疲れ様でした!
やっぱり1日だけの休みだとあっという間に終わってしまいますね。
今日は忙しい合間を縫って神奈川県の大井町にある担々麺の店「四川」で担々麺を食べに行ってきました!
やはり何度食べても美味しい物は美味しいです。
また、気分転換に食べに行きたいです。
申し訳ございませんが、駅舎紹介は明日から再開しますので宜しくお願い致します。
挨拶 | コメント:0 |

JR高山本線・飛騨宮田駅(ひだみやだ)

国道41号線から少し入ると駅にたどり着きます。ご覧の通り駅舎はありません。
h-miyada01.jpg

駐輪場とともに駅建設の由来が書かれた看板があります。
h-miyada02.jpg

期待していなかったのですが、トイレが設置されておりました。
やはり万が一の時には本当に助かるんですよね!トイレ!
h-miyada03.jpg

ホーム構造は片面ホーム一面一線で長い直線上に駅があります。飛騨小坂方面を望む。
h-miyada04.jpg

駅舎はありませんが、比較的新しめの待合室が設置されております。
警報音が鳴って間もなく特急ワイドビューひだが猛スピードで通過していきました。
上呂方面を望む。
h-miyada05.jpg

待合室内は必要以上に天井が高いのですが、広さはそれほどでも無く、椅子が三脚設置されているのみです。
h-miyada06.jpg

JR東海仕様の駅名表です。
h-miyada07.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今週もなんとか終わりました。明日は一日だけですがリフレッシュしたいと思います。
一気に気候が入れ替わった一週間でしたから、体にはくれぐれも気を付けなくてはいけませんね。

さて、今日はJR高山本線の飛騨宮田駅を紹介したいと思います。
「みやた」かなと思ったのですが、駅名表を見ると「みやだ」になっておりました。
やはり思い込みは良くありませんね。物事はしっかり確認する事が大事ですね!
駅は国道41号線を少し入った所にありますが、駅舎は無く、ホームと待合室のみの無人駅です。
駅の少し手前には公衆電話が、その先には駐輪場と左隣には公衆トイレが設置されておりました。
このタイプの駅でトイレがある事は期待していなかったので、ちょっとビックリしましたし、
万が一と言う時には本当に助かりますね。
長めの直線上に駅があるのでスピードが出しやすいのか、特急ワイドビューひだが猛スピードで通過していきました。

駅名:飛騨宮田駅(ひだみやだ)

住所:岐阜県下呂市萩原町宮田

無人駅、公衆電話、トイレあり

JR東海 | コメント:0 |

JR高山本線・飛騨小坂駅(ひだおさか)

木造平屋建てで山小屋風の立派な駅舎です。
hidaosaka01.jpg

御嶽山の飛騨側の登山口となっているようです。
hidaosaka10.jpg

駅入り口部分の看板が良い味を出しておりました。
hidaosaka05.jpg

特急列車も停車する駅ですが、近年無人化され窓口は板で覆われてしまっています。
hidaosaka02.jpg

こちらの駅名表は以前駅舎入り口部分にかかっていたものなのでしょうか?
hidaosaka03.jpg

待合スペースは温泉の玄関口や登山口と言う事もあり、とても広く取られております。
hidaosaka04.jpg

ホームへは地下道で結ばれております。地下道入り口右手にはトイレがあります。
hidaosaka06.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線で大きめの待合室もあり、ホーム上屋も長くしっかりとした物になっております。
渚方面を望む。
hidaosaka07.jpg

待合室もかなりの広さがあります。飛騨宮田方面を望む。
hidaosaka09.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。
hidaosaka08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今週は月曜日が祝日だった為、あっという間の週末ですね。
寒暖の差が激しくなってから、まだ体がこの気候に慣れていないでしょうから、
この土日はゆっくり休むのもいいでしょうね。俺は明日も仕事です。

さて、今日は高山本線の飛騨小坂駅を紹介したいと思います。
古い木造駅舎は横長で山小屋風の立派な駅舎となっていて、温泉郷や滝めぐり、
御岳登山口の玄関口としてふさわしいものとなっております。
全列車ではありませんが特急列車も停車する駅ではありますが、
合理化の波には勝てず、駅は無人化されてしまい、自動券売機なども設置されておりません。
駅周辺には銀行や商店、旅館などがあり、ちょっとした市街地が形成されております。
訪問時は列車が来ない時間と言う事もあり、駅舎内やホームには誰もいない状態でした。

駅名:飛騨小坂駅(ひだおさか)

住所:岐阜県下呂市小坂町大島

無人駅、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり

JR東海 | コメント:2 |

JR高山本線・渚駅(なぎさ)

この駅も簡易駅舎になっておりました。
nagisa01.jpg

室内は狭く、椅子が三脚のみで他は何もありません。
nagisa02.jpg

壁には時刻表と運賃表が貼られております。
nagisa03.jpg

駅前はこんな感じで、人の気配がありませんでした。
nagisa04.jpg

トイレや公衆電話などは無く、駐輪場のみですが一台も停まっていませんでした。
nagisa09.jpg

JR東海仕様の駅名表です。
nagisa05.jpg

ホーム構造は相対式二面二線です。久々野方面を望む。
nagisa06.jpg

それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。飛騨小坂方面を望む。
nagisa07.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。
nagisa08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日は一日どんよりとしていて、時々小雨が降るなど晩秋のような気温の一日でした。
街中ではマスクをしている人を多く見ますし、体調を崩している人が本当に多いです。
明日は秋晴れの一日になるようなので、すっきりとした一日になるよう期待していますよ。

さて、今日は高山本線の渚駅を紹介したいと思います。
この駅もご多分に漏れず簡易駅舎になっていて、待合スペースのみのトイレなどは無いタイプの物になっております。
駅前など周辺も人の気配が無く、何だか物寂しさが漂っておりますが、
駅のすぐ上を国道41号線が通っている為、静けさはあまりないです。
駅から徒歩15分ぐらいの距離に道の駅があります。無理しなくても歩ける距離だと俺は思います。
周囲の雰囲気を味わいながら写真を撮り、飛騨小坂駅に向かいました。

駅名:渚駅(なぎさ)

住所:岐阜県高山市久々野町渚

無人駅

JR東海 | コメント:0 |

JR高山本線・久々野駅(くぐの)

こちらの駅も簡易駅舎に建て替えられていました。
kuguno01.jpg

駅舎の右側には別棟のトイレが設置されております。駐輪場もあります。
kuguno02.jpg

駅前はこんな感じです。小規模ながらも街が形成されております。
kuguno03.jpg

駅舎をホームから撮ったものです。待合スペース以外は使用する事が出来ません。
kuguno04.jpg

待合スペース内に木製の駅名表がありましたが、古さは感じませんでしたので、
改築時に作成した物なのでしょう。
kuguno05.jpg

無人駅ではありますが、特急列車も停車する駅です。
kuguno06.jpg

待合スペース内は三人掛けの長椅子が一つ置かれているのみです。
kuguno07.jpg

ホーム上屋も一部分だけでなくそれなりの長さがあります。渚方面を望む。
kuguno08.jpg

ホーム構造は駅舎側片面一面一線と島式ホーム一面二線の二面三線構造となっております。
それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。島式ホームには締め切りのできる待合室が設けられております。
kuguno09.jpg

JR東海仕様の駅名表です。
kuguno10.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
関東地方の今朝はついこの間までなかなか涼しくならないなどと言っていたのがウソのような肌寒さでした。
巷では体調を崩している方が増えているようなので、体には気を付けなくてはいけませんね。

さて、今日から高山本線の駅舎紹介を始めたいと思います。
まずは最初に訪問する事になった久々野駅(くぐのと読みます)を紹介したいと思います。
国道41号線から久々野の市街地を通ってしばらくすると駅はあります。
少し前までは古い木造駅舎がありましたが、今はご覧の通りの簡易駅舎となっております。
駅舎内は待合スペースに三人掛けの長椅子があるだけで自動券売機などはありません。
ですが、上下二本ずつですが特急列車も停車する駅なのです。

高山本線の駅にはまだまだ古い木造駅舎が残っていますので、気を取りなおして次に向かう事にしました。

駅名:久々野駅(くぐの)

住所:岐阜県高山市久々野町久々野

無人駅、公衆電話、郵便ポスト、ジュースの自動販売機(駅前商店)、トイレ(右側別棟)あり


JR東海 | コメント:0 |

JR相模線・下溝駅(しもみぞ)

かつての古い木造駅舎は姿を消し、和風の洒落た駅舎に改築されました。
shimomizo01.jpg

駅前はとにかく狭く、駅舎全体はこの角度から出ないと映せません。
shimomizo02.jpg

無人駅で窓口は無く、自動券売機が一台設置されております。
shimomizo03.jpg

駅舎の大半は男女別々のトイレが占めています。バリアフリー化されていて通路も設置されております。
shimomizo04.jpg

ホーム構造は片面ホーム一面一線です。原当麻方面を望む。
それにしてもすごい数のプラベンチが並んでおります。
shimomizo05.jpg

ホームの目の前には住宅が立ち並んでおります。相武台下方面を望む。
shimomizo06.jpg

吊り下げ式の駅名表は電光式となっております。
shimomizo07.jpg

トイレの外壁には柱にかけるタイプの駅名表です。ちょっと懐かしいタイプのものです。
shimomizo08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
楽しかった三連休はあっという間に過ぎ去り、三連休の間に撮った写真の枚数は600枚をちょっと下回る枚数でした。
デジカメの電池も途中で無くなる訳だわ…充電器をもって行って大正解でした。
車のシガーソケットには車載インバーターを設置していますので、
デジカメの電池や携帯の充電位ならできるようにしてあります。
車中泊には欠かせないアイテムです。

さて、今日は高山本線の駅舎紹介を行う前に、相模線で駅前が狭く車を停める事が出来なかった為、
先送りになっていた下溝駅にお出かけパスで訪問する事が出来ましたので紹介したいと思います。
和風の洒落た駅舎に生まれ変わっていましたが、駅前はとても狭く、車を駐車するなんてもってのほかと言う狭さです。
駐輪場も少し歩いた県道沿いにそれらしい物がありましたが、駅前周辺に駐輪場なんて無理でしょう。
無人駅が前提で窓口は最初からなく、自動券売機が一台とSuicaのカードリーダーが設置されています。
無人駅にはトイレも設置されない所もありますが、ここはそんな事無く男女別々のトイレもありますし、
もちろんバリアフリー化されております。
ホームの目の前に住宅が立ち並んでいて、周囲は住宅地になっているので列車が到着する直前にはホームには人がかなりいる状態になり、利用者はかなりいましたね。
駅から県道側に出ると、木の間から相模川を見下ろせるようになっております。

軽自動車なら何とかなりそうですが、駅前で切り替えそうとしても普通乗用車だと苦労すると思いますし、
駅前で駐車しようものなら迷惑がかかりそうなので車で来る事はお勧めできません。
送り迎えなら県道でハザードをたいて待つようになるのでしょうかね。

駅名:下溝駅(しもみぞ)

住所:神奈川県相模原市南区下溝

無人駅、自動券売機一台、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり

JR東日本(関東) | コメント:0 |

無事帰宅しました!


こんばんは!今日も1日お疲れ様でした。
道の駅こぶちざわの朝は寒かった…
朝の4時に目が覚めてから、1時間位何とか寝ようと思ったんですが、寒くて寝れなかったので身支度をし、五時半に出発し、信濃境駅に立ち寄って、その後南甲府駅に立ち寄って無事帰宅しました!
いやいやいや~車中泊三日はきつかったです。
家に帰ってきたら、疲れがドッと出てしまいました。
後日詳細をブログに書きますのでお待ちください!


挨拶 | コメント:0 |

車中泊三日目


こんばんは!今日も1日お疲れ様でした!
富山の道の駅から高山に戻り、松本を抜けて、小淵沢にやって来ました。
明日は三連休最終日なので、早めに出発し帰宅します。
写真は松本市内で食べた味噌ラーメンです。
すみません、疲れましたのでおやすみなさい!

挨拶 | コメント:0 |

車中泊二日目



こんばんは!今日も1日お疲れ様でした。
車中泊に出ているのでブログの訪問が出来ず本当に申し訳ございません!
お陰様で順調に高山本線の駅舎訪問が進んでおります。
明日も日の出から活動しますので、寝床の準備をしたら寝ます。
それでは、まだ早いですがおやすみなさい。
挨拶 | コメント:0 |

車中泊します。


こんばんは!今日も1日お疲れ様でした!
明日から世間的には三連休ですね。
俺も三連休が久々に取れました。
諏訪サービスエリアで車中泊します。
さて、そろそろ寝ます。
おやすみなさい!

挨拶 | コメント:0 |

JR上越線・大沢駅(おおさわ)

小さな無人駅ではありますが、鉄筋平屋建ての駅舎なのは豪雪地帯だからなのでしょうか。
(2015年5月撮影)
j-ohsawa01.jpg

窓口にはシャッターが下りていますが、以前は駅員がいた時もあったのでしょう。
簡易ではありますが自動券売機が設置されております。
その他ではプラベンチと公衆電話があります。(2015年5月撮影)
j-ohsawa02.jpg

駅舎出入り口には郵便ポストが、写真の左側の所にはトイレがあります。
(2015年5月撮影)
j-ohsawa03.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。
(2015年5月撮影)
j-ohsawa06.jpg

JR東日本仕様の駅名表です。(2015年5月撮影)
j-ohsawa12.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日は台風一過で本当に暑い一日でした。ですが、意外にもカラッとした晴れで、
じっとしていれば清々しさを覚えるぐらいでした。ですが、じっとしていられないので汗だくになりましたが…

さて、今日はJR上越線の大沢駅を紹介したいと思います。
駅は大沢集落の高台に位置して、訪問した時は夜でしたので周囲の民家ぐらいしか見れませんでしたが、
日中でしたら周囲の田んぼを見る事が出来るのではないでしょうか。
駅前は車を乗り入れる事も出来るでしょうが、さほど広くはありません。
駅舎内はシャッターが下りてはいましたが、以前は駅員がいたと思われる窓口がありました。
もっとじっくり駅を観察すればよかったのですが、すっかり夜も更けて、何とも言えない寂しさを感じたので、
さっさと写真を撮って、急いで駅を見てしまったのが心残りです。
折を見てまた訪問したいと思います。

駅名:大沢駅(おおさわ)

住所:新潟県南魚沼市大沢

無人駅、自動券売機一台、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり

JR東日本(甲信越) | コメント:0 |

JR信越本線・前川駅(まえかわ)

コンクリート平屋建ての駅舎は柏崎方面のホームにあります。
(2015年5月撮影)
mae01.jpg

室内はプラベンチと乗車証明発券機のみで極めて殺風景です。
(2015年5月撮影)
mae03.jpg

こちらは長岡方面のホーム側の出入り口を撮ったものです。(2015年5月撮影)
mae10.jpg

こちらには簡易ではありますが自動券売機が一台設置されております。
(2015年5月撮影)
mae11.jpg

ホーム上の待合室も広く、プラベンチの数も柏崎方面よりも多いような気がします。
mae12.jpg

長岡方面の待合室をホームから撮ったものです。(2015年5月撮影)
mae05.jpg

来迎寺方面を望む。周囲は住宅地もありますが長閑な雰囲気を醸し出してます。
(2015年5月撮影)
mae06.jpg

宮内方面を望む。左側にトラックが見えますがその向こうにはコンビニのサークルKがあります。
(2015年5月撮影)
mae04.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
窓からかなり強い風が吹き付けておりますが、台風の影響でしょうか。
関東地方には近づかないような事を言っておりますが、影響として強風が夜中に吹くとの事でした。
今も結構強い風が吹いております。
明日は台風一過で暑い一日になるようです。今からうんざりしております。
今年最後の真夏日との事ですが、もう台風は…ないでしょうね…いや、そう願いたい所です。

さて、今日は信越本線の前川駅を紹介したいと思います。
ホーム構造は相対式二面二線で、駅舎と思われる建物は柏崎方面ホームにあります。
トイレもこちらにあります。
それぞれのホームを地下道が結んでおります。
長岡方面ホームにはやや大きめの待合室があり、こちらには自動券売機が一台設置されております。
こちらにはトイレはありませんが、サークルKの駐車場につながっているので、
買い物ついでにトイレの利用もできると思います。
周囲は長閑な田園地帯ですが、長岡のベッドタウン化してきているようで、
新しい住宅が増えてきているように思いました。

駅名:前川駅(まえかわ)

住所:新潟県長岡市上前島町

無人駅、自動券売機(長岡方面ホームに一台)、トイレあり
長岡方面ホーム側にサークルKがあります。

JR東日本(甲信越) | コメント:0 |

JR信越本線・来迎寺駅(らいこうじ)

鉄筋平屋建ての駅舎で若干三角屋根のような形になっております。
現在はリニューアルされ、写真はリニューアル前の物です。(2015年5月撮影)
駅舎左側にトイレが、駅舎左隣には駅裏につながる地下道です。
rai01.jpg

業務委託駅でみどりの窓口もありますし、自動券売機も一台設置されております。
(2015年5月撮影)
rai04.jpg

待合室の広さに対して椅子の数が若干少ないように思いました。
(2015年5月撮影)
rai05.jpg

以前売店があったと思われる場所にはジュースの自動販売機が置かれております。
(2015年5月撮影)
rai06.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
いや~今日の関東地方は暑かったですねぇ。10月にして30℃越えなんてきついですなぁ。
もういらないだろうと思っていたスポーツドリンクを慌てて買ったくらいですから。
台風もまたやって来るという話ですし、もういいでしょう…台風は…

さて、今日は信越本線の来迎寺駅を紹介したいと思います。
現在、古い駅舎はそのままの状態で小奇麗にリニューアルされています。
かつて国鉄時代は魚沼線の接続駅でしたが、赤字で廃止されてしまい、信越本線の単独駅になっております。
ホーム構造は相対式二面二線となっております。
駅舎左側の地下道で駅裏の住宅地から駅に向かう事が出来ます。

駅名:来迎寺駅(らいこうじ)

住所:新潟県長岡市来迎寺

業務委託駅、みどりの窓口、自動券売機一台、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり

JR東日本(甲信越) | コメント:2 |

JR上越線・石打駅(いしうち)

鉄筋二階建ての駅舎は雪の重みにも十分耐えられそうですね。
スキーブームの時は人がごった返したのも今は昔ですね…
駅前の土産物店などは軒並み閉店していました。(2015年5月撮影)
ishi02.jpg

駅の出入り口付近もとても広く、かつての賑わいの名残を感じますね。(2015年5月撮影)
ishi03.jpg

駅舎内には畳が敷かれた小上りがあります。(2015年5月撮影)
ishi04.jpg

現在は業務委託駅でみどりの窓口もありますが、訪問が夜だった為、窓口はシャッターが下りておりました。
自動券売機が一台設置されております。(2015年5月撮影)
ishi05.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日はずっと雨が降ったり止んだりと、蒸し蒸しした一日でした。
こういう日が体力的にはとてもきついんですよね。体力がとても奪われるんですよね。

さて、今日は上越線の石打駅を紹介したいと思います。
石打と言えば石打丸山スキー場があり、スキーブームの時は人がごった返していた駅です。
スキーブームが去り、上越新幹線が開通した今、駅前はひっそりとしておりました。
スキーシーズンでもそれなりの利用者はいるでしょうが、昔ほどではないと言った所でしょうね。
駅前の商店などは全店営業していない状態のようで、駅前で食料を調達する事は出来ない状態です。

さて、駅舎内には畳の小上りや、ガラス張りの待合室など、列車を待つのには不自由しない設備が整っています。
ホーム構造は島式ホーム一面二線でホームへは地下道を通って向かう事になります。
かつては駅舎側に片面ホームがありましたが、線路は剥がされて機能していません。
ほくほく線の列車はこの駅をすべて通過してしまいます。
次訪問するときは昼間に訪問してみようと思いましたね。

駅名:石打駅(いしうち)

住所:新潟県南魚沼市上野

業務委託駅、みどりの窓口、自動券売機一台、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり


JR東日本(甲信越) | コメント:0 |

JR上越線・越後川口駅(えちごかわぐち)

鉄筋二階建ての若干古さを感じる駅舎です。
2016年3月にリニューアルされているので、この写真とは若干雰囲気が違っております。
(2015年5月撮影)
ekawa04.jpg

業務委託駅でみどりの窓口もありますが、営業時間外と言う事もあり窓口はシャッターが下りていました。
自動券売機も一台設置されております。(2015年5月撮影)
ekawa05.jpg

ホーム構造は片面ホーム一面一線(飯山線ホーム)と島式ホーム一面二線(上越線ホーム)の
二面三線構造となっております。それぞれのホームを地下道が結んでおります。
改札の向こうにトイレがあります。(2015年5月撮影)
ekawa06.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日は朝からさわやかな秋晴れになり、鎌倉ベーカリーに足を運び、
またも懲りずにパンを沢山買ってきて、今日もパン三昧の一日となりました(笑
車で40分位の場所なので気分転換に良い距離ですし、何しろ安いのでついつい足を運んでしまいますね。
その後は、晴れていて良い機会なので車のエアコンフィルター(水洗い式)の清掃を行いました。
カラッとしているので日没までにはちゃんと乾いてくれました。
本来使い捨てなはずのエアコンフィルターですが、水洗い出来て何度も使えるタイプなので、
コストパフォーマンス優れていて本当に助かっております。

さて、今日は上越線の越後川口駅を紹介したいと思います。
国道17号線から駅前通りの突き当りに位置していて、駅周辺には集落や商店などもあります。
鉄筋二階建ての駅舎はいかにも昔の国鉄の駅舎だなぁと見て思いましたね。
現在はリニューアルされかなり小奇麗になったようですが。
夕方で駅の窓口も閉まっていたのですが、待合室には人が数人いて写真を撮る事が出来ませんでした。

駅名:越後川口駅(えちごかわぐち)

住所:新潟県長岡市東川口

業務委託駅、みどりの窓口、自動券売機、ジュースの自動販売機、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり


JR東日本(甲信越) | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>