FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR高山本線・飛騨古川駅(ひだふるかわ)

洋風の雰囲気のある、やや天井の高い木造平屋建ての駅舎です。
左側にある職員事務所の扉が民家の扉なのが印象に残っております。
h-furukawa01.jpg

洋風な造りではありますが、駅舎下側の模様はやはり小京都を意識したような模様になってますね。
h-furukawa03.jpg

みどりの窓口もあり、自動券売機も一台設置されております。
h-furukawa02.jpg

待合スペースには売店はありませんが、ジュースとアイスの自動販売機が設置されております。
椅子は15脚設置されております。
h-furukawa04.jpg

トイレは駅舎右側にあります。
h-furukawa07.jpg

自由通路から撮ったものです。ホーム構造は二面三線構造となっております。
飛騨国府方面を望む。
h-furukawa05.jpg

それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。杉崎方面を望む。
h-furukawa06.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
夜中に雨が降ったようですが、朝8時の時点で雲一つない快晴でした。
今日は家でゆっくりしてようかと思ったのですが、こういう晴れは最近なかなか無かったので、
疲れを押して秩父まで出かけてきましたが、山々は良い感じに色づいていて、
道の駅もそうですが、目星をつけていた飲食店は軒並み大混雑で、残念な一日でしたが、
湿度が低く、靄もかかっておらず視界がクリアだったので、
高台から秩父の街が綺麗に一望出来たのがせめてもの救いでした。

さて、今日は高山本線の飛騨古川駅を紹介したいと思います。
一駅飛びますが、飛騨国府駅は以前紹介していますので、今回は省略させて頂きます。
飛騨国府駅はこちらです。
飛騨の小京都と言うと高山がまず浮かんでくると思いますが、
古川の街並みも趣があり人もそれほど混雑しておらず、
落ち着いて街歩きが出来るのでお気に入りの土地の一つなんです。
市町村合併で周辺の町と合併し、古川町も飛騨市に生まれ変わり、
飛騨市の中心として機能しております。
最近は「君の名は」で有名になり、かなり人がごった返していましたが、
それでも高山よりは落ち着いて街歩きが出来るはずです。
高山止まりの特急列車が多いのですが、古川にも特急列車はやって来ますので、
特急列車で訪れる事も出来ます。
駅舎左隣には飛騨市観光案内所があり、こちらにも待合スペースとトイレなどがあります。

駅周辺には高くてなかなか手が出せませんが飛騨牛を扱う飲食店や旅館などがあり、
落ち着いた雰囲気の中に賑わいと言うか活気が感じられます。

駅名:飛騨古川駅(ひだふるかわ)

住所:岐阜県飛騨市古川町金森町

直営駅、みどりの窓口、自動券売機、ジュースとアイスの自動販売機、公衆電話、
郵便ポスト、トイレあり

スポンサーサイト



JR東海 | コメント:0 |
| ホーム |