FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR高山本線・飛騨細江駅(ひだほそえ)

赤いトタン屋根で白塗りの壁が特徴的な木造駅舎です。
駅舎入り口の左に郵便ポストがかけられているのもポイントですね。
h-hosoe01.jpg

杉崎駅と同じような木製の駅名表です。ピンボケ気味ですみません…
h-hosoe02.jpg

駅舎右側にトイレがあります。
h-hosoe03.jpg

窓口部分だけはアクリル板で覆われていますが、他の窓は塞がれていません。
時刻表などは張られてしまっていますが…無人駅です。
h-hosoe04.jpg

待合スペースは壁側に木製の長椅子(固定されているもの)と、
その手前の両側に移動できるタイプの長椅子が設置されております。
h-hosoe05.jpg

駅舎はホームよりやや低い位置にありますので、ホームへは階段を数段上る事になります。
駅舎側が猪谷・富山方面となっております。
h-hosoe06.jpg

ホーム構造は相対式二面二線でそれぞれのホームを屋根のある跨線橋が結んでおります。
角川方面を望む。
h-hosoe07.jpg

高山方面側にある待合室の内部はこんな感じになっております。
やはりここにも除雪機が置いてありました。
h-hosoe09.jpg

両側のホームには少しだけですがホーム上屋が設置されております。
杉崎方面を望む。
h-hosoe08.jpg

JR東海仕様の駅名表です。
h-hosoe10.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日も晴天に恵まれ、行楽日和の一日でした。
折角なので狭山湖や多摩湖の方にドライブに出かけて来ました。

さて、今日は高山本線の飛騨細江駅を紹介したいと思います。
駅は国道41号線沿いにあり、国道からも見える位置にあるのでわかりやすい位置にあります。
訪れたのがすでに17時30分過ぎだった事もあり、既に陽が暮れかかっていて薄暗い状態でした。
所々でフラッシュを使用しながら何とか駅舎を撮る事が出来ましたが、駅舎訪問はここで終了する事にしました。

駅舎はかなりくたびれた感が否めないですが、白壁の古い木造駅舎が健在です!
駅はかなり前に無人化されてしまいましたが、待合スペースなどは綺麗に保たれ、
地元の方々に手入れされているように思いました。
高山方面(2番ホーム)に待合室があり、こちらにも除雪車が置かれていました。
豪雪地帯なのでやはり必需品なのでしょう。
とても雰囲気が良かったので、しばし駅の雰囲気を満喫しました。

雰囲気を満喫した後は、飛騨古川桃源郷温泉・ぬく森の湯 すぱ~ふるで温泉に浸かった後、
道の駅「アルプ飛騨古川」で弁当を食べながら行程を立て、時間にまだゆとりがあったので、
道の駅「細入」に向かい、21時ごろ到着し、ここで車中泊をし、次の日に備えました。

駅名:飛騨細江駅(ひだほそえ)

住所:岐阜県飛騨市古川町袈裟丸

無人駅、トイレあり



スポンサーサイト



JR東海 | コメント:0 |
| ホーム |