FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR高山本線・楡原駅

やや古さは感じますが、どちらかと言うと洋風な感じの木造駅舎です。
nire01.jpg

駐輪場は多めに取られていて、駅前広場も結構な広さがあります。
nire02.jpg

駅舎内には窓口が無く、待合室と駅舎前面右側に男子トイレがあります。
nire03.jpg

駅舎裏側には女子トイレがあります。
nire04.jpg

ホームは高台にあり、やや急な階段を上って向かう事になります。
nire05.jpg

以前は相対式ホームだった名残で、通路がありましたが、コンクリートで固く閉ざされています。
nire09.jpg

年季が入っていて、両側の小窓がなんだかかわいい感じの階段内部です。
nire06.jpg

ホーム構造は元々は相対式二面二線でしたが、片側を廃止し、現在は片面ホーム一面一線となっております。
ホーム上屋も歴史を感じさせてくれて、とても趣があります。猪谷方面を望む。
nire07.jpg

笹津方に古い木造の待合室があります。笹津方面を望む。
nire08.jpg

JR西日本仕様の駅名表です。
猪谷駅からJR西日本の管轄に変わります。
nire10.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
高山本線の駅舎巡りは西富山まで行ってきたのですが、行程の効率の関係で訪問の順序が変わっていますので、
並び順ではない所もありますが、ご了承くださいませ。
さて、今日紹介するのは楡原駅で、早朝に道の駅「細入」を出発してから車で30分弱で楡原駅に到着しました。
先に西富山駅に行ってしまおうかと思ったのですが、国道41号沿いで寄り易かったことっもあり、先に訪問しました。

駅舎自体は新しくはないものの、洋風な感じの木造駅舎です。
駅舎内には待合室とトイレのみで窓口のない無人駅となっていて、
以前は相対式二面二線だった名残が、ホームへと続く通路が片側塞がれ、現在は片面ホームのみとなっています。
ホームへ繋がる階段やホーム上屋、笹津方にある待合室がとても古く歴史を感じさせてくれる物だったので、
しばし写真を撮ったり、ひたすら眺めてみたりして雰囲気を満喫し、次の駅へと向かう事にしました。

駅名:楡原駅(にれはら)

住所:富山県富山市楡原

無人駅、トイレあり

スポンサーサイト



JR西日本 | コメント:0 |
| ホーム |