FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR高山本線・打保駅(うつぼ)

近年改築された鉄筋コンクリート製で円形屋根の駅舎です。
豪雪地帯なのでこの形状だと雪も滑り落ちていくのかもしれませんね。
utsubo01.jpg

駅は集落よりも低い位置にありますので、この階段を上って集落に向かいます。
車でのアプローチは、回り込むように入ってくれば駅前まで来れます。
utsubo09.jpg

駅舎内は極めて狭く、プラベンチが4脚設置されているのみです。
窓口などは無く、もちろん無人駅です。
utsubo03.jpg

壁には時刻表と運賃表が張られているだけです。建物は立派ですが、トイレなどはありません。
utsubo02.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。扉は二つありますが立ち入る事は出来ません。
utsubo04.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。
駅舎側が富山方面、左側が高山・岐阜方面となっております。坂上方面を望む。
utsubo06.jpg

杉原方面を望む。ポイントを保護するシェルターが設置されていますが、水害で不通になった際に、
このシェルターに立ち往生した列車を2年以上留置した場所でもあります。
utsubo07.jpg

高山・岐阜方面ホーム上屋横に役目を終えたような待合室がありました。
中を覗いてみると、立ち入る事は出来ますし、椅子もありました。
utsubo08.jpg

JR東海仕様の駅名表です。
utsubo05.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
関東地方はどうやら明日は雪が降りそうな予報が出ています。
ジャッキアップ不要なタイヤチェーンを玄関に用意し、
積雪が酷い場合は駐車場で装着してから出勤するようですね。
何度か装着した事もありますが、5分もかからないで付けられるタイプなので明日の状況次第と言う事にします。
ひどい事にならない事を祈りながら、明日の為に早めに休むことにします。

さて、今日は打保駅を紹介したいと思います。
こちらは近年円形屋根の鉄筋コンクリート製の簡易駅舎に建て替えられてしまいました。
駅舎機能としては右側半分以下の待合スペースのみしか使用する事が出来ず、
トイレすらありませんのでご注意ください。
打保駅と言えば、少し前の話になりますが水害で路線が流失して不通になってしまった際、
杉原方にあるポイントのシェルターに立ち往生した列車が復旧するまでの間、留置されていました。

駅名:打保駅(うつぼ)

住所:岐阜県飛騨市宮川町打保

無人駅


スポンサーサイト



JR東海 | コメント:2 |
| ホーム |