FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR内房線・那古船形駅(なこふなかた)

那古船形駅はこちらです。


水色の瓦屋根で白壁の古い木造駅舎です。屋根が何だか歪んでいるようにも見えます。
駅舎右手にあるAUTOKIOSKが駅舎の景観を損ねているように見えるのが残念です。
(2013年1月撮影)
nakofunakata01.jpg

車寄せ部分上部にあるホーロー看板の駅名表がとても良い味を出していました。
(2013年1月撮影)
nakofunakata04.jpg

簡易委託駅で自動券売機はありませんが、左手にSuicaのチャージ機が設置されています。
天井がちょっと変わった感じになっています。(2013年1月撮影)
nakofunakata02.jpg

待合スペースも締め切りが出来ないながらも、かなり広いスペースが取られています。
(2013年1月撮影)
nakofunakata03.jpg

改札を出ると、屋根のない跨線橋までの間に広いスペースが取られています。
(2013年1月撮影)
nakofunakata05.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線です。館山方面を望む。(2013年1月撮影)
nakofunakata06.jpg

富浦方に瓦屋根の待合室が設置されています。富浦方面を望む。(2013年1月撮影)
nakofunakata07.jpg

JR東日本仕様の駅名表です。(2013年1月撮影)
nakofunakata08.jpg

名所案内です。(2013年1月撮影)
nakofunakata09.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日も何だか終始慌ただしくあっという間に終わりました。
この忙しさ、しばらく続きそうです…どこかで気分転換しなくては!

さて、今日は那古船形駅を紹介したいと思います。
順序はバラバラですし、房総方面の駅舎を全駅訪問していないので、
所々ピックアップしての紹介となりますので、ご了承ください。
水色の瓦屋根で白壁の古い木造駅舎は、だいぶ痛みが目立つようになって来ていました。
駅舎右手のちょっと新しめのAUTOKIOSKが、駅舎の景観を損ねてしまっているように見えます。
簡易委託駅で自動券売機はないものの、Suicaのチャージ機が設置されていたのにはちょっと驚きました。
島式ホーム一面二線になっていて、屋根のない跨線橋からの景色は見晴らしが良かったですが、
真冬だったので、風にさらされとても寒かったですね。
島式ホーム上にある瓦屋根の待合室は良い味を出していました。

駅名:那古船形駅(なこふなかた)

住所:千葉県館山市船形

簡易委託駅、ジュースの自動販売機、公衆電話、トイレあり

スポンサーサイト



JR東日本(関東) | コメント:0 |
| ホーム |