FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR函館本線・峰延駅(みねのぶ)

峰延駅はこちらです。


以前はもっと大きめの木造駅舎があったのでしょうが、2008年3月訪問時には簡易駅舎になっていました。
駅は無人駅となっていて自動券売機も設置されていませんでした。(2008年3月撮影)
minenobu01.jpg

ホームから駅舎を撮ったものです。(2008年3月撮影)
minenobu02.jpg

ホーム構造は以前は二面三線構造となっていたようですが、
駅舎の向かい側にある島式ホームの片側のみが使用される実質二面二線構造となっております。
光珠内方面を望む。(2008年3月撮影)
minenobu03.jpg

JR北海道仕様の駅名表です。(2008年3月撮影)
minenobu04.jpg

柱にある駅名表はやはり「サッポロビール」仕様です。(2008年3月撮影)
minenobu05.jpg

こんばんは!(ちょっと早いですが…)今日も一日お疲れさまでした。
午前中から相模原の山の中にある日帰り温泉でゆっくり羽を伸ばし、
日頃の疲れを癒してきました。昼食もリーズナブルでお腹いっぱいにする事が出来ました!
日帰り温泉施設「いやしの湯」はなかなか良いですよ!
三時間700円、一日1000円となっています。
時間は10時~21時までで、休館日は火曜となっています。

さて、今日は函館本線・峰延駅を紹介したいと思います。
2008年3月に北海道旅行をした際の撮って出しになりますが、お付き合い頂ければありがたいです。
写真の通り訪問時は簡易駅舎になっていましたが、
かなり昔でしょうが以前は大きめの木造駅舎だったのではと思います。
無人駅で自動券売機もありませんでした。
ホーム構造は駅舎側片面と島式ホームの二面三線構造となっていますが、
島式ホームの片側は使用されておらず、実質二面二線構造となっております。
それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。
駅舎側はすぐ見える場所に国道12号線があり、市街地が形成されていてそれなりに賑わいもあります。
それとは対照的に駅舎の反対側は広大な畑が広がっています。

駅名:峰延駅(みねのぶ)

住所:北海道美唄市峰延町峰樺

無人駅、郵便ポスト、トイレあり

スポンサーサイト



JR北海道 | コメント:0 |
| ホーム |