ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR釧網本線・知床斜里駅(しれとこしゃり)

知床斜里駅はこちらです。


鉄筋平屋建ての駅舎をベースに近年綺麗に化粧直しされています。
知床観光の玄関口となっております。(2017年9月撮影)
shari01.jpg

自動券売機が一台あり、早朝だった事もありみどりの窓口はまだ開いていませんでした。
(2017年9月撮影)
shari02.jpg

観光案内所も併設されていますが、こちらも早朝なので開店前でした。
トイレはこちら側にあります。(2017年9月撮影)
shari03.jpg

ホーム構造は駅舎側片面一面一線と島式ホーム一面二線の二面三線構造となっております。
それぞれのホームを跨線橋が結んでいます。止別方面を望む。(2017年9月撮影)
shari04.jpg

中斜里方面を望む。(2017年9月撮影)
shari05.jpg

釧網本線の途中駅では珍しく、電光式の吊り下げ駅名表があります。
駅名表の下には、ねぷたの飾り物が置かれています。(2017年9月撮影)
shari06.jpg

駅前は小規模ながらロータリーが形成されています。
ルートイングランディア知床斜里の隣にバスターミナルがあります。(2017年9月撮影)
shari07.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
ん~、なんでしょうかね…ほんと多忙を極めています。体が悲鳴を上げてます…
明日も激務になりそうなので、今日も早めに休まなくてはっ!

さて、今日は釧網本線の知床斜里駅を紹介したいと思います。
知床観光の玄関口となる駅で、釧網本線の主要駅の一つであります。
近年駅舎が綺麗にリニューアルされ、観光案内所も併設され、
観光の玄関口としてもふさわしい、機能的な駅舎に生まれ変わりました。

早朝に訪問した事もあり、みどりの窓口をはじめ、売店や観光案内所は営業前でした。
それほど広くない待合スペースには、沢山の方が座れるように椅子が多く設置されていました。
ジュースの自動販売機やコインロッカーなども設置されています。
ホームには網走へ向かう列車が発車待ちをしていました。
一通り駅の写真を撮った後、ホテルに戻り朝食を摂り、知床観光へと出発しました。

駅名:知床斜里駅(しれとこしゃり)

住所:北海道斜里郡斜里町港町

直営駅、みどりの窓口、自動券売機、売店、観光案内所、コインロッカー、ジュースの自動販売機、
郵便ポスト、トイレあり

スポンサーサイト
JR北海道 | コメント:0 |

JR釧網本線・磯分内駅(いそぶんない)

磯分内駅はこちらです。


何だか駅舎を半分化したような感じがします。以前はもっと大きな駅舎だったんじゃないかなと思えます。
(2017年9月撮影)
isobun01.jpg

当然ながら無人駅で、壁際にプラベンチが設置されています。
(2017年9月撮影)
isobun02.jpg

こちら側には倉庫の扉のような物がありますが、他は何もなくガランとしています。
(2017年9月撮影)
isobun03.jpg

駅舎のホーム側にある庇は、ホーム上屋の役割もしています。
平仮名で駅名が表記されているのもアクセントになっています。(2017年9月撮影)
isobun04.jpg

ホームは片面ホーム一面一線ですが、以前は列車の行き違いが出来たような、
草が生い茂っていましたが、駅構内の空き地があります。
南弟子屈方面を望む。(2017年9月撮影)
isobun05.jpg

ホームは舗装されておらず、砂利敷きになっています。標茶方面を望む。
(2017年9月撮影)
isobun06.jpg

JR北海道仕様の駅名表です。(2017年9月撮影)
isobun07.jpg

駅前はこんな感じで、集落が形成されています。少し歩くと国道391号線に交差し、
国道沿いにセイコーマートがあります。雪印メグミルクの工場もあります。(2017年9月撮影)
isobun08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日も昨日ほどではありませんが、30度近くまで気温が上がり暑い一日でした。
朝夕はしのぎやすいので、季節は確実に秋なんだなと実感できます。
暑さももうちょいの辛抱でしょう。

さて、今日は磯分内駅を紹介したいと思います。
午後四時に釧路に到着し、
釧路駅のレンタカー屋から知床斜里のホテルまで駆け抜けなくてはならなかったので、
寄れる駅は国道沿いの寄り易い駅だけとなってしまいましたので、ご容赦ください。
茅沼駅は国道からかなり入った場所にありましたが、立ち寄りたかったのでわがままを聞いてもらいました。

以前は存在感のある木造駅舎だったと思うんですが、無人化された事もあり、
駅舎が半分化されてしまったのは、見てわかりましたね。
駅周辺は雪印メグミルクの工場もありますし、集落も形成されていて、人の往来もそれなりにありましたので、
寂れた感じはありませんでした。列車が少ない事もあり、駅には人がいませんでしたが…

駅舎内の待合スペースは壁際にプラベンチが設置されているだけでトイレは無く、
だだっ広く殺風景な感じがしましたね。
ホーム構造は現在は片面ホーム一面一線ですが、草で覆われた構内を見ると、
以前は列車の行き違いも出来たでしょうし、貨物の側線などもあった事でしょう。
ホーム側の壁に平仮名で駅名が表記されているのが、ちょっとしたアクセントですね。

駅名:磯分内駅(いそぶんない)

住所:北海道川上郡標茶町熊牛原野16線

無人駅、郵便ポストあり

JR北海道 | コメント:0 |

JR釧網本線・茅沼駅(かやぬま)

茅沼駅はこちらです。


ログハウス風のコンパクトな駅舎で、入り口の両側部分にタンチョウヅルのマークが飾られています。
(2017年9月撮影)
kayanuma01.jpg

無人駅でプラベンチが四つのみ設置されています。駅舎内に旧駅舎の写真が飾られていました。
(2017年9月撮影)
kayanuma02.jpg

こちら側にはタンチョウヅルの写真などが飾られていました。奥にあるドアはトイレではありません。
茅沼駅にはトイレが無く、近くの公民館にあるトイレを利用してくださいと説明書きがあります。
(2017年9月撮影)
kayanuma03.jpg

こうして見ると、とても可愛らしい駅だなと思いました。出入り口部分両側にあるミニ花壇が良いですね。
(2017年9月撮影)
kayanuma04.jpg

JR北海道仕様の駅名表の前に何故かベンチが置かれていました。記念撮影用でしょうか?
(2017年9月撮影)
kayanuma05.jpg

ホーム構造は片面ホーム一面一線となっています。塘路方面を望む。(2017年9月撮影)
kayanuma06.jpg

標茶方面を望む。かつては五十石駅がありましたが、2017年3月4日に廃止されてしまいました。
(2017年9月撮影)
kayanuma07.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
何だか台風18号に振り回された三連休になってしまいましたね。
被害を受けてしまった方には、心よりお見舞い申し上げます。

関東地方は就寝中の夜中に雨風が強くなったようで、明け方は強風が残っていたものの、
カラッと晴れ渡っていて、日中は台風一過で真夏のような暑さが戻り、体がとてもしんどかったです。
とはいえ、やはり日陰に行けば心地よい風が吹いていて、
季節は確実に秋に向かっているのを実感させられましたね。

久しぶりに駅舎の紹介を行います。
スケジュールがタイトだったんですが、ちょっと無理をして茅沼駅に立ち寄りました。
駅舎はコンパクトながらログハウス風の洒落た建物に改築されていて、
周囲の風景に溶け込んでいて良い感じでしたね。
茅沼駅と言えば、タンチョウヅルがやって来る駅と言う事で有名な駅で、
そのせいか駅舎出入り口両側にタンチョウヅルの飾り物がありましたね。
無人駅で駅舎内はそれほど広くなく、プラベンチが四つ設置されているのみで、
トイレも無く、トイレは近隣の公民館のトイレを使ってくれと言うお知らせが張られていました。

駅名:茅沼駅(かやぬま)

住所:北海道川上郡標茶町

無人駅、郵便ポストあり

JR北海道 | コメント:0 |

元祖 豚丼「ぱんちょう」

豚丼の「ぱんちょう」はこちらです。


こちらの写真は華(1300円)です。ご覧の通り、凄いボリュームです!
panchou01.jpg

訪れるたびに気になっていたので、今回写真を撮ってみました。
panchou02.jpg

前日にタウシュベツ橋梁に足を運び、翌日帯広を離れる前に豚丼の「ぱんちょう」に足を運びました。
帯広を訪れたら、どうしてもぱんちょうだけは外せません。何度足を運んだ事か。
ボリュームもそうですが、味付けなども飽きが来ないんですよね。
昼時とは言え、金曜日だったので少し並ぶだろうぐらいに思っていたら大間違いで、
長蛇の列が出来ていました…(汗
それでもお客様の回転が早い為、列の割には20分ちょいで店内に入る事が出来ました。

なかなかありつく事が出来ないので、今回も一番ボリュームのある華(1300円)を注文しました。
一口食べたら流石の美味しさで、無言でガツガツとあっという間に平らげてしまいました。
いつも思うんですが、味わって食えよと…美味しいと箸が止まらんのです。

また帯広を訪れたら、必ず足を運びます。なかなか帯広に足を運べませんが。

豚丼のぱんちょう
メニューは至ってシンプルで四種類です。
松(900円)、竹(1000円)、梅(1100円)、華(1300円)、お味噌汁は別注文となります。

営業時間は11:00~19:00(定休日は月曜、第一、第三火曜日となっております。)


食べ物(ラーメン以外) | コメント:0 |

旧国鉄士幌線・タウシュベツ橋梁

タウシュベツ橋梁はこちらです。


念願叶ってようやくタウシュベツ橋梁に来る事が出来ました。
tausyu02.jpg

訪問したのは8月31日で、少しずつ水かさが増して来てましたが、
下から橋梁を眺める事が出来ました。
tausyu01.jpg

橋の上部を糠平温泉郷方面へ向けて撮ったものです。
現状の姿を見る事が出来るのは今年が最後か?などと言われていますが、
あと数年もつのではと思うと言うか、もってほしいと思いました。
tausyu06.jpg

十勝三股、三国峠方面を望む。こちらは水は目立たず、まだまだ草原が広がっています。
tausyu05.jpg

タウシュベツ橋梁の間近に向かうには、林道を通らなくはなりません。
林道の鍵を十勝西部森林管理署東大雪支署へ行き、諸手続きをしてから借りる必要があります。
※数に限りがあるのでご注意ください。
tausyu04.jpg

いきなりここへ来ても、ゲートを開けられず、少し広くなった場所に車を停め、徒歩で向かうしかありません。
ですが、クマが頻繁に出没する場所なので、熊鈴等があってもお勧めは出来ませんね。
なので、事前に上記管理組合で鍵を借りてから来ましょう。下に住所と地図を載せておきます。
tausyu03.jpg

十勝西部森林管理署東大雪支署はこちらです。
時間は月曜から金曜日までの8時30分~17時までの間となっております。


こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
かなりご無沙汰してしまい申し訳ございませんでした。
夏休みが終わってからも、超がつくほど忙しい状態が続き、
仕事があるだけありがたいと思え!と言われても、自前でこなせない程抱えてしまってはパンクするでしょう…
その辺の調整が今年の春から上手くいかないようで、職場全体も混乱していますね。
何事もバランスだと私は思いますが、ぜいたくな悩みなんでしょうかね…難しいです。
それに加えて、家の事情でブログを留守にしてしまいご心配をおかけしました。
仕事が多忙な事もあり、毎日と言う訳にはいかなくなりましたが、またボチボチブログを再開しようと思いますので、
今後とも宜しくお願い致します。

さて、遅い夏休みにようやく念願かなって旧国鉄士幌線のタウシュベツ橋梁に足を運ぶ事が出来ました。
帯広駅前のレンタカー屋から森林組合に立ち寄って鍵を借り、約1時間半で到着する事が出来ました。
林道のゲートから看板の写真の通り、約3,5キロあたりに車が数台停められるスペースがありますので、
ここに車を停め、森の中を少し歩くとタウシュベツ橋梁を間近で見る事が出来ます。
雄大な自然の中、長い年月風雪や浸水に耐え、抜群の存在感を醸し出している橋梁は一見の価値があります!
平日の午後でしたが、ツアー客も来ましたし、意外と人がいてビックリしましたね。一応熊鈴は持ってましたが(笑

暫くの間、色々な角度から写真を撮ったり、雰囲気を満喫しながらリフレッシュし、
日頃溜まったストレスと言う名の心のトゲを抜いて、帯広へと帰って行きました。
あ、森林組合に鍵を忘れずに返さねばっ!

旅行 | コメント:4 |

ご無沙汰しております。





こんばんは!今日も1日お疲れ様でした。
落ち着きを取り戻した頃に、遅い夏休みを頂き、タウシュベツ橋梁や知床半島、網走へ行って来ました。
もう少し時間を頂ければ復活出来ると思いますので少々お待ち下さい。

挨拶 | コメント:0 |
| ホーム |