FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR 常磐線・新地駅(しんち)

新地駅はこちらです。


鉄筋平屋建てのシンプルな駅舎に生まれ変わりました。
shinchi01.jpg

駅舎入り口まで屋根がついていて、一応雨に濡れないようになっています。
shinchi02.jpg

ロータリーは整備され、後は周辺の建物待ちと言った状態になっています。
shinchi03.jpg

海側へとつながる地下道はまだ通行できないようになっていました。
エレベーターもありましたが停止中になっていました。
shinchi11.jpg

簡易委託駅で自動券売機はありません。Suicaのカードリーダーと乗車証明書発行機が設置されています。
委託職員の方がとても感じの良い方で、「駅を見学される方はどうぞ遠慮なくご覧下さい」と、
駅舎内にいた全員に対して声をかけてくださいました。
shinchi04.jpg

インフォメーションボックスと時刻表はとても見やすくて便利な物になっています。
shinchi05.jpg

ホーム構造は相対式二面二線でそれぞれのホームを跨線橋が結んでいます。
もちろん両方にエレベーターが完備されています。駒ヶ嶺方面を望む。
shinchi06.jpg

坂元方面を望む。
shinchi07.jpg

JR東日本仕様の駅名表で、LEDの電光式になっています。
shinchi08.jpg

将来的にはこういう街になりますと言う事業計画が描かれています。
shinchi09.jpg

住宅は出来つつありますが、まだまだ商業施設や公共施設などはまだまだこれからと言った感じです。
shinchi10.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
週初めですが忙しい一日でした…何といっても年度末の週ですから、とにかく今週がヤマですね!
途中でバテてショートブログになるかもしれませんが、行ける所まで行くつもりでいます。
皆さま体には十分気を付けて年度末を乗り切りましょう!

さて、今日は新地駅を紹介したいと思います。
駅前のロータリーは綺麗に整備されていますが、商業施設や公共施設が出来るであろう場所は、
まだ空き地のままになっていますが、遠巻きに住宅が出来つつありますが、
街が出来上がるのにはまだまだ時間がかかりそうです。
駅舎右側にある海側につながる地下道も、まだ通行できないようになっていました。

鉄筋平屋建ての駅舎はとてもシンプルな造りになっていて、
駅舎内は自動券売機は無く、簡易委託された駅の窓口で切符を購入する事になります。
営業時間外は窓口左横にある乗車証明発行機を利用し、着駅で精算する形になります。
ホームに出て左側に男女別々のトイレがあり、ホーム上屋も上下線それなりの長さがありますので、
雨にぬれずホームで列車を待つことが出来ると思います。
何といっても跨線橋の両側がガラスになっていて見渡せるようになっているので、
列車が来るまでここで景色を眺めていても良いのかなとも思いました。

駅名:新地駅(しんち)

住所:福島県相馬郡新地町谷地小屋舛形

簡易委託駅、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり
スポンサーサイト




JR東日本(東北) | コメント:0 |
<<JR常磐線・浜吉田駅(はまよしだ) | ホーム | JR常磐線・坂元駅(さかもと)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |