ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

JR函館本線・仁木駅(にき)

仁木駅はこちらです。


駅舎は平屋建てながらも立派な物ですが、だいぶ傷みも目立ち始めていました。
(2002年8月撮影)
niki01.jpg

窓口などは全て板で覆われていて、無人駅となっています。(2002年8月撮影)
niki08.jpg

待合スペースにはプラベンチやイスが数多く置かれていましたが、トイレがあったと思われる所も板で覆われていて使用できないようになっていました。(2002年8月撮影)
niki07.jpg

ホーム構造は片面ホーム一面一線となっていますが、線路の曲がり具合からして、
以前は相対式二面二線だったと思われます。然別方面を望む。(2002年8月撮影)
niki05.jpg

この改札ラッチも年季が入っていて、趣のあるものでした。(2002年8月撮影)
niki06.jpg

JR北海道仕様の駅名表です。(2002年8月撮影)
niki04.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
週明けも関東地方は暑い一日でした…
とにかくこの暑さに体が慣れるまでは無理は禁物ですね。
こまめに水分補給をしながら、時折休憩を取っていきましょう!

さて、今日は函館本線の仁木駅を紹介したいと思います。
駅舎はご覧の通り平屋建てながらも立派な建物なんですが、
窓口をはじめ、駅舎内にあったと思われるトイレの扉など窓という窓は全て板で覆われてしまっていて、
殺風景極まりない寒々しい雰囲気を醸し出していました。
現在は無人駅ですが、数年前までは駅前の商店で切符の委託販売を行う簡易委託駅でした。
主要駅のような古く立派な駅舎や味のある改札ラッチ等を見ていたら、
昔は活気のある駅だったのだろうなと思いました。

駅名:仁木駅(にき)

住所:北海道余市郡仁木町北町

無人駅、公衆電話あり
スポンサーサイト

JR北海道 | コメント:2 |
<<JR函館本線・銀山駅(ぎんざん) | ホーム | 富岳風穴>>

コメント

>窓口をはじめ、駅舎内にあったと思われるトイレの扉など窓という窓は全て板で覆われてしまっていて

なんだか悲しいですね。
もっと、見栄えのいいものにすればとも。
それに、駅名表がさびでしまっている。
もう少し、誰か、何とかしないのだろうか?
そう思ってしまいました。
いつもお疲れ様です。
健康一番で。。ポチ
2017-05-23 Tue 22:51 | URL | 雫 [ 編集 ]
雫さん>
こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
駅舎は立派なだけに、内部の寒々しさは際立っていた感じがして、寂しい気持ちにさせられましたね…
駅名表の錆は何とかしてもらいたい所ですが、今のJR北海道にきめ細かなメンテナンスが出来るかどうかは不透明ですね。
忙しい中いつもコメントありがとうございます!
またお邪魔させて頂きます!
2017-05-23 Tue 23:05 | URL | 誠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。