ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

JR函館本線・大沼駅(おおぬま)

大沼駅はこちらです。


大沼公園駅とは違い、一部二階建てで横長の駅舎は古いながらも立派な造りになっています。
(2002年8月撮影)
ohnuma02.jpg

遠望で駅を撮ったものです。駅前通りに喫茶店などもありましたが現在は営業していないようで、
グーグルの地図で見ると現在はセブンイレブンが出来たようです。(2002年8月撮影)
ohnuma01.jpg

直営駅でみどりの窓口もありますが、自動券売機は設置されていませんでした。(2002年8月撮影)
ohnuma07.jpg

待合スペースは広めに取られていて、当然ストーブ完備となっていました。(2002年8月撮影)
ohnuma08.jpg

ホーム構造は駅舎側一面と島式ホーム一面二線の二面三線構造となっている上に、
構内には中線が一本あります。それぞれのホームを跨線橋が結んでいます。
仁山方面を望む。(2002年8月撮影)
ohnuma03.jpg

大沼駅は砂原支線が接続していて渡島砂原経由で森へ抜ける路線があります。
大沼公園・池田園方面を望む。(2002年8月撮影)
ohnuma05.jpg

JR北海道仕様の駅名表です。こちらの駅名表には大沼公園の表記がありません。
(2002年8月撮影)
ohnuma06.jpg

島式ホーム側の吊り下げ式駅名表には大沼公園の表記があります。
(2002年8月撮影)
ohnuma04.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
今日から6月が始まりましたね。何だか最近は月日が経つのが本当に早いです…
涼しいのかなと思いきや湿度が高く蒸していて、体力が奪われたりと、
暫くは体がしんどい状態が続きますね…

さて、今日は函館本線・大沼駅を紹介したいと思います。
観光地の大沼公園駅から一キロしか離れていないんですが、
観光地と言うよりも地元集落の玄関口に駅があるんだなと思いましたね。
大沼公園から一キロしか離れていない事もあり、歩いて大沼駅へ向かったは良いが、
かなり回り道をしないと駅に行けなかったので、大沼駅に着いた時はしんどさ倍増でしたね(苦笑

駅舎内は自動券売機はありませんでしたが直営駅で社員も配置されみどりの窓口もあります。
待合スペースの手入れの行き届いたストーブをみたら、寒冷地の駅なんだなと実感させられました。
この大沼駅は砂原支線の接続駅となっていて、渡島砂原経由で森方面へ抜ける事が出来ます。
それにもかかわらず、少し前までいた大沼公園駅の喧騒がウソのような静けさが駅舎内やホームを支配していました。
たった一キロでこんなに違うんだなと考えさせられましたね。

駅名:大沼駅(おおぬま)

住所:北海道亀田郡七飯町大沼町

直営駅、みどりの窓口、公衆電話、郵便ポスト、トイレあり
スポンサーサイト

JR北海道 | コメント:0 |
<<やっと土日連休が取れます! | ホーム | JR函館本線・大沼公園駅(おおぬまこうえん)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。