FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

JR函館本線・仁山駅(にやま)

仁山駅はこちらです。


訪問時に見た時でもかなり傷みの激しかった古い木造駅舎は信号所として開業した時のものです。
(2009年9月撮影)
niyama01.jpg

無人化されて久しく、窓口があったと思われる所は板で覆われています。(2009年9月撮影)
niyama03.jpg

待合スペースには壁際に木製の長椅子があり、何故かプラベンチが四つ真ん中にありました。
(2009年9月撮影)
niyama02.jpg

昔ながらの改札ラッチが残されていました。(2009年9月撮影)
niyama04.jpg

ホームから駅舎を撮ったものですが、ホームから駅舎が少し離れた高台にある事が解りますね。
(2009年9月撮影)
niyama05.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、それぞれのホームを構内踏切で渡った向かう事になります。
大沼方面を望む。(2009年9月撮影)
niyama06.jpg

渡島大野(現・新函館北斗)方面を望む。
仁山の高台からは函館市内を望む事が出来ます。(2009年9月撮影)
niyama07.jpg

JR北海道仕様の駅名表です。
現在は渡島大野ではなく新函館北斗に表記が変わっている事でしょう。(2009年9月撮影)
niyama08.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
天気予報では今日の関東地方は一日のほとんどが雨と言う予報でしたが、
ほぼ晴れていて、かつ日差しがきつく予想外の暑さの一日でした。
とはいえ、今日は午前中が健康診断でしたし、午後は私用で休みを取っていました。

今日は函館本線仁山駅を紹介したいと思います。
山の中腹に駅があり、完全にではないですが函館市内を望む事が出来ます。
駅舎はとても傷みが激しい古い木造駅舎は開業時は信号所でした。
臨時乗降所から、JR分割民営化を機に正式に駅として昇格しました。
ホーム構造は相対式二面二線で、それぞれのホームを構内踏切で行き来する事になります。
駅から徒歩1分もかからない所に、ニヤマ温泉・あじさいの湯があり、
駅舎訪問と同時に露天風呂から函館の街を眺める事を目当てにやって来ました。
訪問時は9月の平日と言う事もあり、ほぼ貸し切り状態で函館の街を眺める事が出来ました!

駅名:仁山駅(にやま)

住所:北海道亀田郡七飯町仁山

無人駅、トイレあり
スポンサーサイト

JR北海道 | コメント:0 |
<<JR函館本線・銭函駅(ぜにばこ) | ホーム | JR函館本線・桔梗駅(ききょう)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。