FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

寝台特急はやぶさ号

20080507221325
これは熊本駅でこれから東京へ向かうはやぶさ号です。

東京から熊本でしたら飛行機で行けば二時間ちょいでしょうし、新幹線と在来線特急でも約七時間位で到達する事が出来ますが、寝台特急はやぶさ号は約18時間もかけて到着します。

でも、こんなに時間がかかるブルートレインが好きなんですよ。
寝台料金が高い!ロビーカーもなければシャワーもない、食堂車もない…ないない尽くしですが、こいつには俺の大好きな夜景や朝焼け、海岸線等の流れる車窓を提供してくれます!
車窓を見て頭の中を空っぽにしてみたり、自問自答をして自分を見つめ直してみたり、ふと考えにふけてみたりと、車窓は様々なケースを自分に与えてくれます。

自身の引越し等や様々な事がありましたので熊本での滞在時間を減らしてでもコイツに乗りたかった!
本当に今回乗って良かった!

このはやぶさ号も来春には廃止が噂されていて先は短いかもしれません…

だからこそ、走っているうちに乗りたかったんです!

仕事が落ち着いて、周りが見渡せるようになってから、次回はA個室寝台に乗って車窓を満喫したいと思います!

FC2ブログランキング参加しました!
一押しがとても励みになります!

スポンサーサイト




鉄道 | コメント:13 | トラックバック:0 |
<<最後の晩餐(笑 | ホーム | やっぱり、付き合いが長いと愛着が出てくるものです!>>

コメント

素晴らしいリフレッシュの時間を過ごして来れたようで良かったですね♪
これからまた落ち着くまで大変でしょうけど頑張って下さい。
次はA個室寝台ですね♪
2008-05-07 Wed 23:03 | URL | ちか [ 編集 ]
熊本に行っていたのですね。
楽しかったですか?

最近は、みんなせかせかしてて、なんでも短縮の世の中なので、こうしてのんびりと旅を楽しむのも、またイイ物なんでしょうね。
これぞ、贅沢な時間の使い方って感じがしますね。

私も、のんびり車窓を楽しみたくなってきましたよ。
2008-05-08 Thu 23:13 | URL | ともっち [ 編集 ]
ちかさん>
巷で来春廃止が噂されていましたので、今のうちに何とか乗りたかったですし、自身の事で色々とバタバタしていたので良いリフレッシュが出来ました!
新しい環境に慣れるまでは色々と動き回る事は出来ないかも知れませんが、自分が選んだ道なのでとにかく頑張るしかないという気持ちですね!
頑張ったご褒美に、A個室寝台と行きたいものです♪
2008-05-08 Thu 23:59 | URL | 誠 [ 編集 ]
ともっちさん>
寝台列車の旅+熊本に一泊二日の旅行って感じでしたが、短い時間ながらも楽しく過ごす事が出来ました♪
ここの所自身の事で色々と慌ただしかったので、良いリフレッシュが出来ました♪

確かに目的地に早く到着したいって事はよくわかりますけど、のんびりと車窓を眺めながらゆっくりと目的地へ移動する手段があっても良いと思うんですけど、世間的にはこの考え方は時代遅れなのかもしれませんね…
スローライフって言葉は一体どこへ行ってしまったのでしょうか(^_^;)

ひとり旅は人によっては寂しいから嫌だって人もいますが、車窓をのんびり眺めていたら自分を見つめ直す事が出来たりするので、ありだと思いますよ♪

2008-05-09 Fri 00:05 | URL | 誠 [ 編集 ]
こんにちは。

はやぶさか。
さくら、あさかぜ、みずほ、みんな大好きだったなあ。

これは、なんとかして乗らないともったいないな。

…けれども、高速バスなんか登場するなんて、当時は誰も考えていなかったよなあ…。

では。
2008-05-11 Sun 02:09 | URL | ポー兄弟 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-05-11 Sun 17:18 | | [ 編集 ]
ポー兄弟さん>
はじめまして!コメントありがとうございます!
さくら、あさかぜ、みずほ、あかつき、なは、銀河…ブルートレイン大好きですが、これらの列車は時代の波に逆らえず思い出の彼方に出発して行きました(>_<)
ブルートレインも年々縮小されるばかりです…ですから、走っているうちに乗っておきたいと思うんです!

今や夜行と言えば、高速バスってくらい高速バス全盛になりましたからね!確かに安く移動できますが、高速バスでは夜景を楽しむ事はあまりできません…
2008-05-11 Sun 21:32 | URL | 誠 [ 編集 ]
寝台列車・・・やはり存続は難しいでしょうね。鉄道高速化だけでなく、われわれのライフスタイル、生活水準はかなり向上しましたから。

ところで、私は、アマチュア・オーケストラに所属しているのですが、今夏は大分(10泊)で、来春は札幌で演奏会(6泊)やるんですよね。東京から自力でいかなくてはいけないので、でもそんなに休みは取れないので(当方学生ですが、休みは短いほう)なので、航空機でいこうと考えていたら・・・昨今の情勢により、ヴィオラ(ヴァイオリンのちょい大きいやつ)の機内持込みは別途一人分かかるそうです。チェロは別途二人分、コントラバスは別途三、四人分。・・・学生には予想外の痛い出費。ということは、新幹線&鉄道か!?とも思うが、大荷物で乗り換えるのはしんどいし、一座席分では正直狭いです。・・・結論寝台列車の往復しかない。しかも、個室!そう、個室なら楽器も安心だし、乗換えがほぼないし、寝れるし・・・ということで、寝台列車の必要性を感じてしまいました。オーケストラなど楽器をやっている人って案外(特に東京は)多いので、プロ・アマのオーケストラ団体をターゲットにした寝台列車旅行商品は案外ウケるんじゃないかなぁ、と思います。
2008-06-12 Thu 02:24 | URL | ちぃ [ 編集 ]
ちぃさん>
やはり時代の流れなんでしょうね…とにかく早く目的地に移動するって方向にシフトしてますからね…早く目的地に移動する事だけが全てじゃないんですけど、僕を含めてこういう考え方の人間は小数派なんでしょうね…
ですから、走っているうちに一回でも多くブルートレインに乗っておきたい!そう考えています!

オーケストラで使用する楽器などを持って移動するとなると、やはり個室寝台がベストでしょう!ただ、詳しくはわかりませんがあまり大きな物になると載せることも制限されたり別料金がかかるかもしれません(詳しくわからなくてすみません!)。
制限のかからない物を個室寝台に載せられればほとんど盗難の心配もなくなると思いますし、乗り換えなしで行く事も出来ますしとても便利なのには間違いないでしょうね!
移動などでお金がかかったり、まとまった休みなどが必要になったりと色々と大変だと思いますが、このブログを通じて応援させて頂きます。
時間がある時にまた立ち寄ってくださるとありがたいです!これからも宜しくお願いします!
2008-06-16 Mon 00:28 | URL | 誠 [ 編集 ]
返信どうもありがとうございます。
実はヴィオラ、チェロ、コントラバス(もっとも、大人数での移動となるとこのくらいの大きさの楽器は楽器用のトラック輸送になります)に関しては通常の電車では別料金を取られたり、持込を拒否されることはないので、大丈夫だと思います。

また、実は、2003年に長崎→名古屋で「さくら」を利用しました。
そのときはB寝台(下)の開放でしたが(国体で個室および一部B寝台車はすべて満席)、私の区画は私以外いなかったので、4つの空間を独占できました。乗務員さんも荷物を上段においておくことを許可してくれたので、快適空間でありました。眠れるか?とも思いましたが、関門トンネルをすぎたあたりで9:30ごろ寝ました。翌朝4時におきて朝焼けがきれいだったなぁ。
>>>連結シーンもみれてよかったです>>>チェロも別料金持込できたみたいです!(先輩談)
2008-06-23 Mon 15:40 | URL | ちぃ [ 編集 ]
ちぃさん>
再びご訪問ありがとうございます!以前利用した事があったんですね!でしたら、楽器を持ってのブルートレインでの移動の便利さを実感していた訳ですね!
車掌さんも融通の利かない人でしたら、空いているのにもかかわらず、飛び込みのお客さんを一人でも多く拾えるように、まだお客さんが乗って来るかも知れないので置かないでくれとかいう人もいますから、融通の利く方で本当に良かったですね!!
ちぃさんの利用された「さくら号」も記憶の彼方に走り去ってしまいましたし(>_<)

ブルートレインでの移動はとても時間がかかりますが、下関や門司での連結であったり、朝焼けや夜の街明かりであったり夜空であったり、多くの車窓を演出してくれます!
車窓を楽しもうと意気込んでみるものの、程よい揺れが眠気を誘い、気が付いたら寝ちゃってるなんて事が俺も多くあります(^_^;)
数少ないとはいえ、まだ走っている間に一本でも多くのブルートレインに乗りたいものです!

2008-06-23 Mon 22:51 | URL | 誠 [ 編集 ]
遅くなりました。乗車後の報告です。8月10日大分発の富士号は車掌によると満席だそうです。記念乗車の方もいたのでしょうが、印象的だったのは、小さなお子様連れの方、家族の方が多かったことには驚きました。子供がいて騒がしいかなっと思いましたが、そこは子供、睡眠時間が長いのではしゃぎ疲れて寝てしまったようですvv。私も実家に戻るため、名古屋5時16分に備え、22時ごろには就寝し、翌3時におきて、夜が明けるのを楽しみました。私の中で寝台列車の醍醐味のひとつに夜明けを見ることがありますね。


こんな小さいころに寝台を体験できるなんてうらやましい限りです。私は名古屋に住んでいましたから、寝台とはほとんど縁がありませんでした(停車するにしても、時間が早朝や深夜で、新幹線より終電が遅く始発が早い利点はあるものの、へんな時間に寝ておきなければならず、新幹線より体力的にきつくなる)。
2008-08-21 Thu 19:02 | URL | ちぃ [ 編集 ]
ちぃさん>
お久しぶりです!良いですねぇ♪「富士号」にご乗車出来たようでなによりです!っていうのも7月下旬から8月いっぱいはおそらく満席なはずですから!
来年の春に廃止されるのではと言われてますから、それからというと「今のうちに乗らなくては!!」っていう人達で席が埋まっちゃってますからね!
そうなんですよ!結構子供連れで一家揃ってっていう家族が沢山乗られているんですよね!俺も去年のGWに富士号に乗車した時、それは凄く思いましたね!
名古屋ですと、空が白み始めてきた頃ですから早めに寝ないと大変ですよね(^_^;)
俺なら寝ずに名古屋に到着してしまうんじゃないかなと思いました(^_^;)
たしかに、ブルートレインの醍醐味は流れる夜景と夜明けの朝焼けを流れる車窓で見る事が出来る事だと思っていますね!

子供の頃にこういう経験が出来るなんて羨ましい事ですし、この子供達が大人になった頃にどれぐらいのブルートレインが残っているんだろうと思ったら複雑な気持ちになったりしますね。
ん~、名古屋からですとなかなかブルートレインを利用するのは、乗れない事はないですが向かう時の時間はちょうど良いかもしれませんが、帰ってくる時の時間が早すぎたりしますから、一晩横になれるとはいえ利用しづらいですよね(>_<)



2008-08-23 Sat 00:15 | URL | 誠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |