FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

北陸本線「動橋(いぶりはし)駅」

以前は特急列車も停車し賑わいのあった事を存在感のある大きな木造駅舎をみて想像できますが、業務委託を解除されとうとう無人駅となってしまいました…寂しい限りです…
2010年2月・北陸 053

「やっぱりなぁ…」と言った感じで、かつて駅員のいた窓口は板で塞がれていました(T_T)
2010年2月・北陸 047

自動券売機と料金表が壁に貼ってあります。
2010年2月・北陸 048

以前通過する列車でここに売店があったのを確認していますが、売店があった部分の壁だけは新しく、撤去されてしまったのが容易に解ります。
自販機の横にある壁の部分ですね。
待合室はとても広く、かつての繁栄を醸し出している半面、無人化された今となっては寂しさだけが漂ってきます…
2010年2月・北陸 055

改札口をホーム側から撮った物です。ここにもかつての繁栄の跡を見て取る事が出来ました…
2010年2月・北陸 056

ホーム構造も、二面三線でホームにある屋根もかなりの長さが確保されていて、ここにも「かつての主要駅」だったという事を見て取る事が出来ました。
2010年2月・北陸 057

JR西日本の電光式駅名表です。この後ろ辺りにかつて売店はありました…駅舎の売店跡の壁が新しいのがわかると思います。
2010年2月・北陸 062

古い跨線橋、二面三線のホーム構造、ホーム上にある木造の屋根、木造駅舎、とてもいい雰囲気を醸し出しています!
2010年2月・北陸 065

帰りのはくたかに乗るちょっと前になる平日の午後3時、ホームはひっそりとしています。
しかし5分もしないうちに、最寄り駅となっている県立加賀高校の生徒が沢山やって来て、賑わいを見せていました。
無人駅になってしまった影響か、教師のような方が一人ホームで生徒に声をかけ、生徒たちの様子を見守っていましたね。生徒たちに対する接し方などを見ていたら、先生ではないかなと思いました。
2010年2月・北陸 066

最近無人化されてしまったという事を知り、足を運んでおきたいなと思っていた所、今回北陸号の惜別乗車で帰りのはくたかに乗る前に立ち寄ろうと決めて「動橋駅」へやってきました。

今でこそ隣駅の加賀温泉駅に観光の拠点が集約されてしまいましたが、かなり昔になりますがこの駅にも特急列車が停車したそうです。

この大きくて存在感のある木造駅舎や今は撤去され跡形もなくなってしまいましたが売店があったり、立派な改札口、ホーム長がかなりある二面三線のホームとホーム上にある長い木造の屋根等、かつての繁栄を見て取る事が出来ます。

駅の周りは駅前に郵便局や数軒の飲食店の他は住宅地となっていて、しかも近くに県立加賀高校がある為登下校時は賑わいを見せると思いますので、とても寂れているということは感じませんでした。

かつてのように特急が停車し、観光がメインだった駅の利用のされ方でしたが、今は地元住民や近くにある高校への登下校に利用されているという日常生活の足がメインという役割に変わってしまったとはいえ、駅がしっかり機能していることには変わりないので、それを確認できただけでもこの動橋駅へ足を運んで本当に良かったと思いました。
スポンサーサイト




JR西日本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<気がつけば… | ホーム | 加賀・山代温泉「総湯」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |