FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR奥羽本線・大沢駅(おおさわ)

こちらは役目を終えた大沢駅の旧駅舎です。
トイレもありますが役目を終えていると思うので、使わない方がよさそうです。
ohsawa01.jpg

構内の案内図です。大沢の新駅へはここから少し歩かねばなりません。
ohsawa03.jpg

関根の集落から車で25分ほど山道を進むと大沢集落に到着します。
ohsawa02.jpg

昔使われていたスイッチバックのスノーシェルターの中にある通路を歩いていきます。
ohsawa04.jpg

スノーシェルター内にある本線に相対式二面二線のホームが現れます。
福島方面のホームへは構内踏切を渡って行きます。
ohsawa05.jpg

米沢方面行きホームから関根方面を望む。
ohsawa06.jpg

電光掲示板もしっかりとあります。
ohsawa10.jpg

昔からあるこの駅からの福島方面や米沢方面の距離が書かれておりました。
ohsawa11.jpg

JR東日本仕様の駅名表です。
ohsawa07.jpg

米沢方面ホームには締め切りのできる待合室があります。
ohsawa09.jpg

待合室の中はこんな感じですが、野生の猿が締め切りのできる待合室に入ってくるんですね。
おそらく開けっ放しの時に入ってくるのかな?
ohsawa08.jpg

構内踏切を渡ると、福島方面へのホームに向かう通路があります。
ohsawa12.jpg

待合スペースは通路の途中にあります。野生の猿の件はここにも張り紙がありました。
ohsawa13.jpg

関根駅を撮り終えて、関根の集落から山道を25分ぐらいでしょうか車で進むと大沢の集落が現れます。
ここに到着する途中にも、耕作放棄地や廃屋などが数軒ありましたが、そこそこの規模の集落があり、
こんな山奥で生活も大変なのではなんて思ってしまいました。
冬の雪深い時期、車での移動もままならない時は、鉄道のありがたみがより実感できることでしょうね。

元々は旧駅舎の辺りに本線からスイッチバックしてきた列車が、相対式二面二線のホームに到着する方式でしたが、
山形新幹線の開通を機に、スイッチバックは解消され、旧駅舎から少し歩いた本線上にホームが移設されました。
サル出没の張り紙がありましたが、幸い?にもサルと遭遇する事はありませんでした。

それにしても、山深いところに俺も来たもんだなぁと旧駅舎のある高台から景色をしばらく満喫して、この駅を後にしました。

駅名:大沢駅(おおさわ)

住所:山形県米沢市大沢字峠

無人駅
スポンサーサイト




JR東日本(東北) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<JR米坂線・南米沢駅(みなみよねざわ) | ホーム | JR奥羽本線・関根駅(せきね)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |