FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR信越本線・脇野田駅(わきのだ)旧駅舎

北陸新幹線が開通し、脇野田駅の木造駅舎も跡形もなく解体され、
上越妙高駅と言う名で生まれ変わり、この辺りの風景も一変してしまいました。
(2006年7月撮影)
131_3124.jpg

北陸新幹線が開通する前は時折吹く風が心地よい長閑な空気の漂う駅でした。
業務委託駅で自動券売機が一台設置されているのみでした。(2006年7月撮影)
131_3121.jpg

駅前の商店横から遠目から駅舎を撮ったものです。(2006年7月撮影)
131_3125.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線で、ホーム中央付近に古い待合室がありました。
(2006年7月撮影)
131_3127.jpg

ホームへは構内踏切が結んでおりました。(2006年7月撮影)
131_3128.jpg

ホーム上から駅舎を撮ったものです。(2006年7月撮影)
131_3129.jpg

北新井方面を望む。(2006年7月撮影)
131_3132.jpg

ホーム左側には原っぱが広がってました。この辺の風景も一変してしまった事でしょうね。
(2006年7月撮影)
131_3134.jpg

ピンボケしていたのでやめようかと思いましたが、北陸新幹線の起工式で使われた「鎌、鍬、鍬」です。
現在は上越妙高駅に展示されているようです。(2006年7月撮影)
131_3126.jpg

2015年3月に北陸新幹線が開通し、信越本線の妙高高原から直江津間が「えちごトキめき鉄道」と第三セクター化され、
長閑な雰囲気を持った木造駅舎の小駅が、北陸新幹線との接続駅として生まれ変わりました。
駅周辺の景色もこれから数年内にかなり変わってしまうんでしょうかね。

駅名:脇野田駅(わきのだ)…現・上越妙高駅(じょうえつみょうこう)

当時は業務委託駅でした。
スポンサーサイト




JR東日本(甲信越) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<旧・JR岩泉線・岩手刈屋駅(いわてかりや) | ホーム | JR身延線・芝川駅(しばかわ)現駅舎>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |