FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

旧・JR岩泉線・岩手和井内駅(いわてわいない)旧駅舎

現在はこじんまりとした建物に改築され、バスの待合所として使われているようです。
以前は集落に溶け込むように古い木造駅舎が佇んでおりました。(2001年7月撮影)
岩手和井内駅

無人化されて久しく、窓口等は板で覆われておりました。(2001年7月撮影)
岩手和井内駅待合室

ホーム構造は片面ホーム一面一線でしたが、構内が広く、
反対側にホームがもう一本あったりしたのかもしれません。中里方面を望む。(2001年7月撮影)
岩手和井内駅ホーム2

先の線路に不自然な曲がりがありましたので、
反対側にホームがあったのでしょうね。押角方面を望む。(2001年7月撮影)
岩手和井内駅ホーム1

JR仕様の駅名表もありましたが、こちらの方が趣がありますので載せました。
(2001年7月撮影)
岩手和井内駅看板1

蔵出しの岩泉線の写真を見ていたんですが、この岩手和井内駅の写真が最後となります。
二升石駅、押角駅、中里駅は駅舎が無かったのでスルーしてしまったようです…
今となってはとても残念でなりません…
岩手和井内駅も近年改築されてしまいましたが、現在は鉄道線は廃止され、バスの待合所として機能しているようです。
改築された駅舎をネットなどで見た事があるんですが、駅前には国道340号線が片側一車線の直線道路として
綺麗に整備されていましたね。

これらの駅を訪問したのが15年も前の事なので、この辺りの風景も変わってしまった所も多数ある事でしょうね。
たしかに岩泉につながる国道340号線は所々本当に狭く、本当に国道なのか?と思うような道でした。
そんな道が少しずつでも整備され、安全かつ利便性が向上してくれるのならば、地元の方にとっては
バスに転換されたとしても不安が解消されるでしょうし、日々の通行でも本当に助かりますよね。

まだまだ改良の余地はあると思いますので、国道340号線が安全で利便性のある国道になってほしいと
遠くから願っております。
話は少し逸れてしまいましたが、手持ちが無くなってしまいましたので岩泉線の紹介を終えたいと思います。

駅名:岩手和井内駅(いわてわいない)※現在廃駅

住所:岩手県宮古市和井内(撮影時・下閉伊郡新里村和井内)

無人駅でした。
スポンサーサイト




JR東日本(東北) | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<JR山田線・大志田駅(おおしだ)※廃駅 | ホーム | 旧・JR岩泉線・浅内駅(あさない)>>

コメント

こんにちは。

いつもありがとうございます。

”いわてわいない”ですか。印象深い駅名だなと思いました。路線はなくなっても、待合室は残って活用されていると書いてあるのを見て、何だか安心しました。

そこに鉄道が通っていた事実を今に伝える生き証人みたいな存在の駅舎待合室が残っている事は、その街の発展の歴史を辿る上で、とても大切な事だと思います。

次回の更新も楽しみにしています!
2016-07-06 Wed 10:21 | URL | ショコまる [ 編集 ]
ショコまるさん>
今日も一日お疲れさまです。
「いわてわいない」って言われてみると、何となく変わっているというか特徴のある響きなので、一度聴いたら忘れにくいかもしれませんね。
残念ながら鉄道線としての使命は終わってしまいましたが、転換されたバスの待合室として機能しているんですから、良かったと思います。
今後とも宜しくお願いします。
2016-07-06 Wed 19:54 | URL | 誠 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |