FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR常磐線・末続駅(すえつぎ)

手直しされておりますが、ほぼ開業当時の瓦屋根の木造駅舎です。
sue01.jpg

窓口は無人化され、時刻表や今年地元の方やJRの方達で手入れをした模様の写真が掲載されておりました。
sue06.jpg

待合スペースは周囲を木製の長椅子が囲み、その前にプラベンチが設置されております。
sue07.jpg

別棟のトイレです。古いですが手入れが行き届いております。
sue02.jpg

駅舎のホーム側には数多くのプランター達が目を和ませてくれます。
まるで民家の庭にいるかのようです。
sue03.jpg

ホーム構造は相対式二面二線で、それぞれのホームを跨線橋が結んでおります。
広野方面を望む。
sue04.jpg

駅名表です。
sue05.jpg

久之浜方面を望む。
sue09.jpg

ホームからは穏やかな太平洋を眺める事が出来ます。
しかし、この辺りも東日本大震災の津波被害があり、修復作業が施されておりました。
sue08.jpg

滞在時間は30分弱で、あっという間に迎えの531系がやって来ました。
sue10.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
いや~暑かったですねぇ…暑すぎますよ!東京でも38度になったようで、
外での作業は本当に堪えました。くどいようですが、適度な休憩と水分・塩分補給が必須ですね。
今日の暑さは身の危険を感じずにはいられませんでした。
今週も土曜日が仕事ですが、明日仕事をすればあさっては休みなので、もうひと踏ん張りです!

さて、いわきで一泊した翌朝に末続駅を訪問しました。
いわきを離れる前にどうしてもこの駅を訪問したかったのです。
あの震災にも耐え、長閑な雰囲気に佇む開業当時の古い木造駅舎を目に焼き付けておきたかったのです。
とはいえ、震災当時はホームが甚大な被害を受けてしまいましたけどね。
駅舎のホーム側にある多くのプランターが手入れが行き届いており、
まるで家の庭にいるかのような雰囲気を醸し出しておりました。
およそ30分間この駅の雰囲気を満喫し、東京方面へ戻る事にしました。

駅名:末続駅(すえつぎ)

住所:福島県いわき市久之浜町末続

無人駅、公衆電話、トイレあり
スポンサーサイト




JR東日本(東北) | コメント:0 |
<<今日はもう寝ます。 | ホーム | JR常磐線・内郷駅(うちごう)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |