FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR高山本線・千里駅(ちさと)

駅舎の前に小さな庭園のある長閑な雰囲気の瓦屋根の古い木造駅舎です。
こういう感じの車寄せは個人的にとても気に入ってます。
chisato01.jpg

車寄せ部分をアップしてみました。古く年季の入った木製の駅名表がここにもありました。
chisato02.jpg

待合室部分は仕切りがあり、締め切りのできるタイプです。
壁沿いに木製の長椅子が据え付けられているのみです。
chisato03.jpg

駅は無人化され、簡易自動券売機が一台設置されております。
駅舎内に人が立ち入ると自動放送がかかるような仕組みになっていました。
chisato04.jpg

小駅の待合室内にあるようなタイプで無い洋風レトロな照明になっております。
chisato05.jpg

ホーム構造は相対式二面二線でそれぞれのホームを跨線橋が結んでおります。
越中八尾方面を望む。
chisato06.jpg

駅舎側は富山方面ホームとなっております。速星方面を望む。
chisato07.jpg

ホーム側から駅舎を撮ったものです。
chisato08.jpg

高山・猪谷方面ホーム側にも出入り口が設けられており、駐輪場とロータリーが整備されております。
こちら側には工場があり、通勤される方にとっては助かりますね。
chisato10.jpg

JR西日本仕様の駅名表です。
chisato11.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
何だか異様に眠いです。やはり三週連続で土曜出勤で休みが日曜しかないので疲れが抜けきらないのでしょう。
早めに休むことにします。
外は今雨が降っていますが、冷たい雨ではないので暖房を付けなくても寒さを感じません。

さて、今日は高山本線の千里駅を紹介したいと思います。
瓦屋根でやや背の高い平屋建ての駅舎で、駅舎右側には新しく整備されたトイレと駐輪場があります。
駅舎側の周辺は長閑な住宅地帯が広がり、駅舎反対側には工場があり、
こちら側にも出入り口あり、ロータリーがあります。
驚いたのは待合スペースに吊り下げられていた洋風レトロな照明ですね。
天井に蛍光灯が2~3か所設置されているのがほとんどだと思うんですが、このタイプの照明ですからね。

駅周辺の雰囲気や、駅舎の雰囲気などもとても良い感じで、暫く駅舎を見て回ったり、
雰囲気を満喫しました。

駅名:千里駅(ちさと)

住所:富山県富山市婦中町千里

無人駅、自動券売機一台、ジュースの自動販売機、公衆電話、トイレあり
スポンサーサイト




JR西日本 | コメント:0 |
<<JR高山本線・越中八尾駅(えっちゅうやつお) | ホーム | JR高山本線・速星駅(はやほし)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |