FC2ブログ

ブログで気分転換を♪

全国各地への駅舎訪問や車中泊、ラーメン屋探索などをブログの記事にしております。

JR高山本線・笹津駅(ささづ)

近年改築された横長で綺麗な木造駅舎です。駅舎右側部分はトイレとなっております。
sasazu01.jpg

駅舎部分をアップで撮ったものです。左側部分は跨線橋への通路となっております。
sasazu02.jpg

無人駅で窓口は無く、自動券売機が一台と小さめのインフォメーションボックスが設置されています。
sasazu03.jpg

駅舎内には長椅子とゴミ箱はありますが、それ以外は何もなく「とにかくただ広い」と言う感じがしました。
sasazu04.jpg

跨線橋への通路部分も駅舎に含まれています。
sasazu05.jpg

ここからは昔からの古い部分に突入します。跨線橋部分の始まりです。
sasazu06.jpg

ホーム構造は島式ホーム一面二線構造となっております。ホーム上屋と待合室があります。
楡原方面を望む。
sasazu07.jpg

東八尾方面を望む。島式ホーム一面二線の駅なのですが、構内がやけに広いと思い、
帰宅後調べてみたら、かなり昔に廃線になりましたが富山地方鉄道がこの駅まで乗り入れていたようです。
sasazu08.jpg

待合室内は結構広く、木製の長椅子とゴミ箱が設置されております。
壁の向こうは物置スペースとなっていました。
sasazu09.jpg

JR西日本仕様の駅名表もありましたが、跨線橋の壁にあったこの駅名表の方が味があり、
とても魅力的でした。
sasazu10.jpg

こんばんは!今日も一日お疲れさまでした。
最近何だか天気がすぐれないと思っていたら、今日は気持ちの良い秋晴れの一日でした!
身体を動かすと少し汗ばみましたね。でも、16時半にもなれば日が暮れて暗くなってしまいます。
季節はもうじき冬になるのです。

さて、今日は笹津駅を紹介したいと思います。
駅周辺はロータリーも整備され、パークアンドライドの駐車場もあります。
駅周辺もこじんまりとした市街地が形成されていました。
駅舎はご覧の通り、近年綺麗に改築され横長の立派な木造駅舎になっています。
が、しかし駅右側部分はトイレ部分ですし、左側は跨線橋へとつながる通路部分なので、
駅舎としては中央部分(それでも十分広いですが)のみと言う事になります。
駅舎内は窓口は無く無人駅となっていて、簡易自動券売機一台とインフォメーションボックスと、
長椅子とゴミ箱が設置されている以外はがらんとしていて、異様に広く感じましたね。

真新しい通路を通って跨線橋に行くと、タイムスリップしたような古い跨線橋が現れます。
やや長めの跨線橋を渡ると島式ホーム一面二線がお出迎えです。
何故跨線橋がこんなに長いのかと調べたら、富山地方鉄道がこの駅まで乗り入れていた影響で、
この広さがあると言うのがわかりました。

駅名:笹津駅(ささづ)

住所:富山県富山市笹津

無人駅、自動券売機一台、トイレあり

スポンサーサイト




JR西日本 | コメント:0 |
<<今日も1日お疲れ様でした! | ホーム | JR高山本線・東八尾駅(ひがしやつお)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |